お題:知らぬ間の足 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1162字

人が怖い、人より怖い
 中学二年生の松田トシキは、ある夏林間学校で山奥のロッジに泊まった。
 クラスメイト達と雑魚寝をしていたのだが、深夜尿意を覚え、目が覚めてしまう。
 不便なことに、ロッジの中にはトイレがない。山道を降りたところに炊事場があって、そこに仮設トイレがあるだけだ。
 トシキは隣で寝ている友達のツトムを起こそうと思ったが、ピクリとも動かずに寝ている彼を起こすのは忍びないと思い、一人で外に出た。
 別に炊事場まで下りなくとも、とトシキは夜闇の中考える。どこかの藪に向かって立小便をしてもバレまい、と思いついた。そうして山道の横道に入り、木の陰で用を足す。
 し終った頃に、ふと木の向こうに何者かの気配があることに気が付いた。
 こっそりと覗き見、トシキは青ざめる。
 そこにいたのは、頭にライトを二本刺した鬼気迫る形相の女だったのだ。女の手には、木槌と五寸釘、そして藁人形が握られている。
 丑の刻参りだ。
 トシキはかつてホラーマンガで読んだ知識を思い返す。
 丑の刻参りは、決して見られてはいけない。見られると、かけた呪いが自分に返ってしまうから。だから、目撃者を殺さねばならないのだ。
 気付かれたら殺される。トシキは急いでその場を離れようとする。
 その時、足元で大きな音が鳴った。
 枝を踏み砕いてしまったのだ。
 丑の刻参りの女が、鬼の形相でこちらを見た。
 目が合う。
 一瞬の静寂の後、トシキは悲鳴と共に逃げ出した。
 一方の女は、一瞬呆気にとられたものの、すぐに我に返って「待て!」とトシキの後を追う。

 這う這うの体で、トシキはロッジに帰りつく。すぐさま自分の布団に入り、ガタガタ震えた。
 まさか、ここまで追っては来ないはず……。
 が、その期待を無情にも砕く音がした。ロッジの玄関が開いたのだ。
 しまった、鍵をかけておけばよかった。
「寝ていた者は、足が暖かい。起きていた者は……」
 女の低い声が響く。他の者は起き出さない。みんな寝入っている。
「違う……」
 女は玄関に近い方から順に、布団の中に手を入れている。
「違う……」
 トシキがいる布団は、玄関から数えて四番目だ。
 すぐに順番が来る。女の衣擦れの音が迫る。今に、トシキの隣、ツトムの布団に手を……。
「違……!?」
 きゃあ!? と女は大きな悲鳴を上げた。
 さすがにその声で他のクラスメイトが起き出す。女は慌ててロッジを出て行った。
 何だ、何だとクラスメイトたちが騒ぐ中、トシキは生きた心地がしなかった。
 蒼い顔をしていると、同じく蒼い顔のツトムが話しかけてきた。
「なあ、俺の隣にずっと、青白い顔の女が寝てたんだ。それが、さっき何かが布団の中に手を入れて来て、それにさわって逃げ出したんだ……」
 幽霊と鈍い画家hし合ったのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとしたぬるぬる 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1033字
「え、雑草を料理したい?」 うん、梅平ゆみみはうなずいた。「ゆみみの好きなね、岩下くんが、雑草が好きなんだって!」 わたしは一瞬悩んだ。 岩下という男については 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1332字
「ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」 ゆみみの問いにわたしは「え? わたしに聞いてんの?」とつい聞き返してしまった。「そうだよ。ねぇ、岩下くんって何が好きな 〈続きを読む〉