ユーザーアイコン
お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:590字

閉ざされたシュレディンガーの外へ ※未完
「死んだ後、誰にも見つけてもらえない人、昔からたくさん居ましてね」

 死後三日目、および地縛霊になってから三日目、自分の死体がそろそろ悪臭を放ちはじめた頃、施錠されたままのアパートのドアを難なく潜り抜けて、その人物はやってきた。『添乗員』という文字がでかでかと記された巫山戯た襷を掛けている。彼、あるいは彼女(よくわからない)は、立ち尽くしている私の肩をぽんぽんと叩き、次いで背、腰、左右の太ももと、励ますように触れて言った。
「もう歩けますよ。おつかれさまです」
 そう言われたとたん、足に感覚が戻った。死んでから感覚なんて言うのもおかしな話だが、とにかく私の両足はもう私の思うとおりに動いた。床からそっと両足を離し、何度か足踏みをする。音は鳴らないが、すくなくとも床に触れている感じはする。幽霊は足がないなんて迷信だったんだな、と他人事のようにしみじみ思う。
 落ち着いたところで誰何した。その謎めいた『添乗員』は、改めて、左肩から右の腰へと、巫山戯た襷を撫でてみせながら仰々しく礼をした。
「看取られることのなかったすべての人に、旅券を届ける仕事をしております。ついでにあなたの体の番人も。さあどうぞ」
 そう言って、添乗員は美しい革張りの手帳を差し出した。
「有効期限は無期。あなたの気が済むまで、この星を、どこへでも旅することができる旅券です。あなたが旅をしている間
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:509字
綺麗な花が咲いていた。花の名前は知らない。黄色の、小さな花だ。庭の隅にひっそりと、けれど誰かに気兼ねをしている風でもない。「水をあげた方がいいのかしら」「さあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茶@出涸らし お題:どこかの屍 制限時間:4時間 読者:227 人 文字数:3143字
大量に積み重ねられたソレを見て白髪に水色のメッシュが入った清掃員姿の男は深く溜息をついた。「さすがにこれは俺一人じゃ無理じゃないかな…」人の姿をしていたらしいは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かたぎり お題:どこかの屍 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:298字
バッシュバタッ暗闇の中に羽バッシュ、バッシュおお、清次郎強いな暗闇のはるか上で眺めるのは研究者平木ここは遺伝アルゴリズムの地下実験室だバッシュ、バッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風呂助 お題:どこかの屍 必須要素:コショウ 制限時間:4時間 読者:213 人 文字数:5361字
現代のように公共事業が、社会基盤として順調に整う前は自分達の住む共同体の環境は、自らで行うのが普通だったがその表と裏があるのは、いつだって同じなんだよ。 ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉