ユーザーアイコン
お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:590字

閉ざされたシュレディンガーの外へ ※未完
「死んだ後、誰にも見つけてもらえない人、昔からたくさん居ましてね」

 死後三日目、および地縛霊になってから三日目、自分の死体がそろそろ悪臭を放ちはじめた頃、施錠されたままのアパートのドアを難なく潜り抜けて、その人物はやってきた。『添乗員』という文字がでかでかと記された巫山戯た襷を掛けている。彼、あるいは彼女(よくわからない)は、立ち尽くしている私の肩をぽんぽんと叩き、次いで背、腰、左右の太ももと、励ますように触れて言った。
「もう歩けますよ。おつかれさまです」
 そう言われたとたん、足に感覚が戻った。死んでから感覚なんて言うのもおかしな話だが、とにかく私の両足はもう私の思うとおりに動いた。床からそっと両足を離し、何度か足踏みをする。音は鳴らないが、すくなくとも床に触れている感じはする。幽霊は足がないなんて迷信だったんだな、と他人事のようにしみじみ思う。
 落ち着いたところで誰何した。その謎めいた『添乗員』は、改めて、左肩から右の腰へと、巫山戯た襷を撫でてみせながら仰々しく礼をした。
「看取られることのなかったすべての人に、旅券を届ける仕事をしております。ついでにあなたの体の番人も。さあどうぞ」
 そう言って、添乗員は美しい革張りの手帳を差し出した。
「有効期限は無期。あなたの気が済むまで、この星を、どこへでも旅することができる旅券です。あなたが旅をしている間
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:509字
綺麗な花が咲いていた。花の名前は知らない。黄色の、小さな花だ。庭の隅にひっそりと、けれど誰かに気兼ねをしている風でもない。「水をあげた方がいいのかしら」「さあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茶@出涸らし お題:どこかの屍 制限時間:4時間 読者:219 人 文字数:3143字
大量に積み重ねられたソレを見て白髪に水色のメッシュが入った清掃員姿の男は深く溜息をついた。「さすがにこれは俺一人じゃ無理じゃないかな…」人の姿をしていたらしいは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かたぎり お題:どこかの屍 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:298字
バッシュバタッ暗闇の中に羽バッシュ、バッシュおお、清次郎強いな暗闇のはるか上で眺めるのは研究者平木ここは遺伝アルゴリズムの地下実験室だバッシュ、バッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風呂助 お題:どこかの屍 必須要素:コショウ 制限時間:4時間 読者:208 人 文字数:5361字
現代のように公共事業が、社会基盤として順調に整う前は自分達の住む共同体の環境は、自らで行うのが普通だったがその表と裏があるのは、いつだって同じなんだよ。 ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉