お題:やば、同性愛 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:342字

やば、同性愛
やば、同性愛

同性愛は悪いことだと思わない
男が男を好きになること別にいいじゃない
一人の人間を愛することに悪いことはないと思う

こう思っていた私だったが
最近になって考え方が変わる出来事に遭遇した

電車の中でのゲイカップルがいちゃつきである

この画像、最高だね!
だろ、かっこいいだろう

気になってちらっと横目でみると
男は海に遊びにいったらしく
自身の海パン画像をみせていた

ゲイカップルは容認していたけど
あまりに声が大きかったので
私は行き過ぎた愛って悪いものだなぁと思った

考えが変わったのもあり
普段たわいもない話をする友人にそのことを話した

友人はこう答えた

その2人の関係は単なる友達では?
同性愛に関心が行き過ぎてると思う!

私は頭痛をもよおした
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:どす黒い声 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:866字
ひどい頭痛だった。電車に揺られながら、ドアの窓に頭を打ち付ける。乗客は数えるほどしかいなかったから、人目よりも自分の体調を優先した。ごん、ごん、と小さく頭を打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
毎日黒服 ※未完
作者:超高校級の喪女朝野欠月 お題:黒尽くめの御曹司 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:730字
「あの人、いつも黒尽くめの服着てるけど、何かコスプレ?」 近所の若い主婦がヒソヒソと話していた。こういった場合、別にこちらに聞こえないようにしようと言う訳では無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:箱の中の社会 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:964字
ピクシブにはタグの数の制限があるらしい。タグが制限されるようなものを提出していないため、私にはまったく関係ない話だけど、とにかくそういう制限があるらしく、制限と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い窓 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:631字
「あ」 僕は思わず声を漏らす。「ちょっと、何してんのよ」 そう言うのはオーダーカーテンの窓だった。「あなたのせいで汚れてしまったじゃない。拭きなさい」 紅茶を零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の熱帯魚 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:540字
この世界は混沌に満ちている。全ての絵の具をぐちゃぐちゃにして、味噌汁で溶かしたような世界だ。 そんな世界で日々を生きる、一匹の熱帯魚がいた。 彼は混沌の世界を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:失敗の男祭り! 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:272字
何十人といる白衣の男達が頭を抱えていた。 アフリカで流行している病原菌の特効薬がどうしても作れないのだ。 それがなんという病原菌で、どんな効果を持ち、どんな風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柚科 葉槻@自称物書き お題:簡単な強奪 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:335字
「ーー簡単なオシゴトだよ」 男はそう言って私に一枚の写真を渡した。 写真に写っているのは身なりがよく可愛い、ブロンドの少女。「こいつはとあるCEOの元に住んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青木零と宮島治子 お題:戦争と外資系企業 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:550字
難しいことはよくわからないが、戦争が始まるらしい。戦争の発端となった外資系企業と敵国とのやりとりが連日報道されているが、中学に上がったばかりの私には何が何だかさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:フォロワーの扉 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:1149字
風邪をこじらせた。普段風邪をひかないように、ひかないように、なだめすかして、見ないようにして生きていたが、この度おめでたいことに風邪を召した。久々の風邪。普段滅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花井利徳@「まもの」の君に僕は「せんせい」と呼ばれたい お題:失敗の団地 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:1071字
つまらない夢を見て、中途半端な時間に目を覚ました。 時計を見ると、長針と短針は丁度九十度。二つの数字を足すと十五か、なんて、くだらないことを考えた。目の奥が痛 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京の男 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:135字
博はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」博は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて博はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:記録にないいたずら 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:226字
「ないない」必死に探したそれはもう、鞄の中も全部ひっくり返して探した「どういうこと」家に着くまでの道をまた歩いた少し暗かったけど仕方が無い「ないない」それでもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:夜と小説の書き方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:87字
勝はダンスしていた。すると心臓を突き刺すような痛みが現れた。「なんだ、あの戦いの傷か。」疑問がはれて勝は少し安心した。再びダンスにもどった。外は熱帯雨が激しかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京のデザイナー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:110字
東京の自宅で寛は部屋の掃除していた。すると、なにやら見覚えのないハガキが現れた。「なんだ、あの年賀状か。」疑問がはれて寛はふっと安心した。そして再び部屋の掃除に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:愛すべき小説家 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:123字
僕はなんとなくツイッターで小説を投稿していた。すると、なにやら熱狂するツイートが。「!?」僕は部屋のまわりを観察してみた。「ああ、テレビでサッカーやっていたのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの失踪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:91字
鈴は買い物をしていた。すると、なにやら変な声がきこえた。「なんだ、おばさんか。」疑問がはれて鈴はすっきりした。そして再び買い物にもどった。帰り道は小蝿が顔にあた 〈続きを読む〉