お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:130字
[削除]

すし
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。

私は売れなかった。そして捨てられた。
やがて海に流れ着き…
去年吹いていた者より、何倍も冷たく、痛い夜風が私に吹きつけるのだった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:324字
去年の夜風店長ー!扉しまらないっすよえ!?面倒くせえ、もうそのままにしとけ昨年の秋、裏側の扉が壊れたお客さんに見えない部分なので放置したでも、今となってそれがあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:清い故郷 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1084字
実家に帰省した際、お寿司を頼む機会があった。「dデリバリーってあんたのあのブログによく出てくるけど、あれは何?注文とか配達とかしてくれるの?」と、両親に聞かれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:灰色の強奪 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:161字
これは奴らへの報復だ。殺せ。奴らがしたように。奪え。奴らがしたように。燃やせ。奴らがしたように。侵せ。奴らがしたように。犯せ。奴らがしたように。奴らを灰にしろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:黄金の祝福 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:216字
「君はこれが次世代の船だというのかね?」「ええ、この船は黄金に匹敵します」 それは鉄でできた巨大な船だった。引き換えにこの国の黄金が吹っ飛んだのだが。「何度も言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
瓶の中身 ※未完
作者:けー お題:くさい血 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:516字
軍艦の中では、異臭が立ち込めていた。ここは太平洋のど真ん中で、僕らは演習中だった。その異臭に最初に気が付いたのは、休憩中の高橋三等兵で彼は周囲に異変を知らせた後 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:気高い私 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:1043字
「なるほど、つまり私は最初から、貴様たちの掌の上で弄ばれていたと言う訳か、良く解った」「別におちょくってた訳じゃあねえのよ、ソニア隊長。俺たちはあんたが隊長だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
軍艦論争 ※未完
作者:やすひと。 お題:憧れの部屋 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:464字
私たちは趣味が合っていた。おそらく根深い業にまみれた私たちのオタク魂がこんなにも若い年齢で廻りあえることはそうそう無いと思うくらい。プラモデルを作り部屋に飾る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
伝令 ※未完
作者:よだか市蔵 お題:走る彼 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:285字
(どうか、どうか無事でいて) 女は神に祈る。それが神の住まう天上の世界へと届くかどうか。この弾雨に血飛沫、怒号、悲鳴。それらに遮られてしまうのではないか。それで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:フェート・ワドゥラー お題:不屈の小説新人賞 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:590字
「軍艦は忠実に従ってこそか架空のものも許されるか?」私の作品の論評はこの話題で持ち切りであった「忠実派が圧倒的に多いみたいだがな・・・・」あなたは軍艦と聞いて何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の弁当 ※未完
作者:akishinohonobu お題:神の弁当 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:1185字
うちの食卓はさみしい。 両親が共働きしていて、兄弟はいない。両親の仕事は不適で時間帯が限られていないことが多い。いつ終わるかもしれない仕事を待っていると気を遣 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
未来予想図 ※未完
作者:匿名さん お題:絵描きのガールズ 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1001字
全員「今日は私達お絵かきガールズが、中国によるにっぽんの潰し方を描いちゃいまーす」画伯A「じゃあ最初の絵は私からぁ。まずはぁ、アメリカがにっぽんを見捨てちゃいま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早い靴 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:820字
「うー遅刻遅刻!」 食パンを齧りながら、慌てた様子で街角を走り抜けていく少女。 その少女が交差点に差し掛かったときだ。 ちょうど少女と同じように登校中で、タイミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白脳世界 ※未完
作者:匿名さん お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:409字
そう…ここは足を運んだものが決して戻らないと名高い合宿所である。一種の心霊スポットのようなものだ。怖いもの見たさに足を運ぶものは多い。もちろん自分も、そういった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の汁 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:717字
傘を差すほどでもない、静かな霧雨なのだろう。今日のお客は皆しっとりと濡れている。そんな中、彼女は1滴も濡らさずにやってきた。小雨でもきちんと傘を差す女は、いい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の就職 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:749字
運転手のいなくなったトラックには運よくカーナビがあって、どこを通ってきたか残されていた。外国語は全くわからないなりに適当に操作してもと来た道を辿る。少し走ると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:1785字
私はため息をついた。だいたいの検討だが、これからもずっと私の話は全く聞き入れてもらえないだろう。全くもって楽観的な予測をする気になれない。私を捕えた厳つい警官 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:嘘のアパート 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:832字
いつもの学校の帰り道、私はいつもの通学路を歩いていた。現在は午後の4時半。学校に残っている人もいるだろうが、私は部活もやっていないので帰宅している。友達を待つこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい私 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:456字
「せんぱーい、スマホ、鳴ってますけど」 声かけ空しく、先輩のスマホは細かに机を叩き殴り、終いには向こう側へ落ちて見えなくなってしまった。「せんぱーい、スマホ、う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の狙撃手 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:277字
どうにも現実を見ることができない。手に届く範囲にあるわけがないのに、どうにか手に入れようと必死になって、これさえ手に入れれば、幸せになれるはずと。届いた憧れには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:280字
ウィィィィン…………。 静かな空間に切断機の音が響く。やがてその音は濁り、びちゃびちゃと水分の多いものが飛び散る音が混じる。そしてその音も止まりまた静かな空間 〈続きを読む〉