お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:324字

去年の夜風
去年の夜風

店長ー!扉しまらないっすよ
え!?面倒くせえ、もうそのままにしとけ

昨年の秋、裏側の扉が壊れた
お客さんに見えない部分なので放置した

でも、今となってそれがあだとなったのだ

ポロポロ

くっそ、ここの回転寿司屋どうなってるんだ
軍艦のいくらがこぼれる

ラッシャイ!

お客さん、うちのこぼれイクラいかがですか?
新鮮で美味しいでしょう?

ポロポロ
ああ、まただ!とる前は大丈夫なのに

あんた「軍艦こぼれイクラ」って嫌がらせかい!
先代は良かったのにな!
くっそ、こんな店二度とこない!!

客がまたひとり去っていった

店長は頭を悩ませていた
あの日あの時あの場所で直しておけば

去年の夜風は父ちゃんだったのかなぁ...
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:清い故郷 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1084字
実家に帰省した際、お寿司を頼む機会があった。「dデリバリーってあんたのあのブログによく出てくるけど、あれは何?注文とか配達とかしてくれるの?」と、両親に聞かれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:灰色の強奪 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:161字
これは奴らへの報復だ。殺せ。奴らがしたように。奪え。奴らがしたように。燃やせ。奴らがしたように。侵せ。奴らがしたように。犯せ。奴らがしたように。奴らを灰にしろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ料理 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:394字
今日は久しぶりに家族と寿司屋に出かけた。特にお祝い事ではないが、弟が寿司食べたい!と先週から騒いでいたので、それを見かねたお父さんが、先週オープンしたばかりの寿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:黄金の祝福 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:216字
「君はこれが次世代の船だというのかね?」「ええ、この船は黄金に匹敵します」 それは鉄でできた巨大な船だった。引き換えにこの国の黄金が吹っ飛んだのだが。「何度も言 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
瓶の中身 ※未完
作者:けー お題:くさい血 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:516字
軍艦の中では、異臭が立ち込めていた。ここは太平洋のど真ん中で、僕らは演習中だった。その異臭に最初に気が付いたのは、休憩中の高橋三等兵で彼は周囲に異変を知らせた後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:気高い私 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:1043字
「なるほど、つまり私は最初から、貴様たちの掌の上で弄ばれていたと言う訳か、良く解った」「別におちょくってた訳じゃあねえのよ、ソニア隊長。俺たちはあんたが隊長だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の雪 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:193字
軍艦には純白の雪がうっすらと積もっていた。真っ白な灰のように、燃え尽きてしまったように、ただそこには”無”があるようだった。駆逐艦響、長い役目を終え、今ここに眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
軍艦論争 ※未完
作者:やすひと。 お題:憧れの部屋 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:464字
私たちは趣味が合っていた。おそらく根深い業にまみれた私たちのオタク魂がこんなにも若い年齢で廻りあえることはそうそう無いと思うくらい。プラモデルを作り部屋に飾る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅喜劇 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:759字
こんなに素敵な日は今までに経験したことがないわ!ピンク色のヒラヒラを身につけた金髪のお嬢さんは、涙を流しながらそう叫んだ。一体彼女に何があったのか。私に知る由は 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:わたしの嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:90字
来は肉を焼いていた。すると、なにやら変な鳴き声がきこえた。「なんだ、近くの鳥たちか。」疑問がはれて来はすっきりした。そして再び肉にもどった。火力をあげて夜を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:早すぎた夕日 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:81字
轟は散歩をしていた。すると、なにやら虫が現れた。「なんだ、新種の虫か。」疑問がはれて守はすっきりした。そして再び散歩にもどった。夏の夕方はやはり明るい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:疲れた宗教 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:97字
自宅で守は掃除していた。すると、なにやらチャイムがなった。「なんだ、あの宗教のおばさんか。」疑問がはれて守はすっきりした。そして再び掃除にもどった。台所の小バエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:肌寒い車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:80字
肌寒い車と僕会社の先輩に駅までもらっている車は驚くほど広いが冷気が十分行き届いているサザンオールスターズの曲を聴きながら毎日の出来事を会話する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:穢された巨人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:107字
寛は犬の散歩していた。すると、なにやら手を振って歩み寄る人が現れた。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。」疑問がはれて寛はすっきりした。そして再び犬の散歩に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:遅い妄想 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:102字
自宅で賢は妄想をしていた。すると、なにやらのぞき込む顔が現れた。「なんだ、お母さんか。」疑問がはれて賢はほっとして肩の力を抜いた。そして再び妄想にもどった。窓の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:汚れた星 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:139字
友達は天体観測部に入部した「...どう?」のぞき込むように聞いてみた「うん、まあ楽しいよ、先輩優しいし」友達は同じテニス部の同期「レギュラーだった君がそんなわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:男同士の育毛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:118字
理は着替えをしていた。すると、なにやら金物が落ちる音が現れた。「!?」理は呼吸をととのえた。「なんだ、さっきのおつりか。」疑問がはれて理は胸のつまりがとれた。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:誰かの風 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:95字
覚は仕事をしていた。すると、なにやらもやもやした症状を覚えた。「...なんだ!あの件か。」数分後、思い出せて覚は気が楽になった。そして再び仕事にもどった。今日は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:許されざる絶望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:131字
仁はいつもと変わらず寝坊をしていた。すると、なにやら見知らぬ車が現れた。「おかしいなぁ」仁はまわりをみていた。「なんだ、あの親戚の叔父さんか。」不安がとれて仁は 〈続きを読む〉