お題:何かの王 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:824字

果汁零パーセント
 わたしはメロンパンの王だ。すべての国、すべての世界線、すべてのとき、すべての時空、ありとあらゆるメロンパンを統べ、ありとあらゆるメロンパンを管理し、ありとあらゆるメロンパンの頂点に立っている。
 クロワッサンの王が、いった。
「メロンパンさん、飲みすぎですよ。」
 カレーパンの女王がいった。
「いくら注意したってむだだよ、クロちゃん。メロンちゃんがクロちゃんのいうこと、聞くはずないもん。飲むなっていえば飲むし、飲めといわれたら飲まない。メロンちゃんはツンデレだから。」
「ツンデレ、ですか。」
「そう。ツンデレ。」
「おいそこ、わたしはツンデレではないぞ。」
「はいはい、酔っぱらいはいつだって、じぶんは酔っぱらっていないっていうもんだよ。ツンデレが、じぶんはツンデレです、なんていったら興ざめ。メロンちゃんはそこのところ、ちゃんと分かっているね。すごい。零点。」
 そういってカレーパンは、小さな手で持っていたグラスを呷った。たしか中身はホワイトレディではなかっただろうか。小ぶりなグラスとはいえ、けっこう中身が残っていたはずだが。
「ざんねんですね、メロンパンさん。零点ですって。」
 わたしの隣の席でちびちび熱燗を呑んでいるクロワッサンが穏やかに笑う。これが漫画だったら、ふふふ、と柔らかい書き文字が付け足されていることだろう。せっかくの飲み会の席だというのにこいつは、かっちりとスーツを着たままで、自慢の眼鏡には曇りひとつない。
 きょうは我々パンの王侯貴族たちがあつまる酒席だった。わたしとクロワッサン、カレーパンは、幼いころおなじ学舎に通っていたため、比較てき気の置けない相手同士だといえる。当時はもうひとり仲間がいたものだが……いや、しんみりするのはやめよう。わたしは思い出を振り払うように、クロ霧島を飲みほした。よ、いい飲みっぷり、とどこかから声が聞こえる。ほら、飲みすぎですって。ちかくでクロワッサンがそういうのが聞こえた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの王 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:317 人 文字数:603字
「何か得意なことってあるの?」唐突に聞かれて、テレビの画面から幼馴染へと視線を移す。こいつはいつもこうだ、面接官よろしく答えに困るようなことを人がテレビ見てよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:頭の中がメルヘンちゃん お題:何かの王 制限時間:30分 読者:286 人 文字数:600字
支配を夢見た男がいた。この街の頂点に君臨し、住民を従わせ、また支持されることに憧れた。男は素直で無垢だった。純粋で、騙されやすく、情熱と希望に満ちあふれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:薄汚いぺろぺろ 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:1157字
昨日だったか、ファミマがTポイントをやめて、独自のポイント制度にするみたいなニュースを見た。そんでそのニュースを見て、私はげろった。ショックで。「おろおおおお」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚いぺろぺろ 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:1613字
彼の名前は田中太郎。会社員。一人暮らし。 四畳半のそう広くはない部屋だが、都心に部屋を借りて暮らしている。 辺りは既に暗く、日は落ちている。壁へ掛けられた背広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの女 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:803字
「私の小説がこの社1よ!このメロンパンが!」「あなたも今メロンパン食べてるじゃない?」現在、小説家の2人が言い争ってる。その内容はーー「喧嘩はダメですぅ〜メロン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:灰猫桃/桃羅@三浦桃佳 お題:記録にない軽犯罪 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1391字
その日、僕はその手を黒に染めた。……いや、モノ的には緑だろうか?いや、うん、どっちでもいいね。「ね、ねぇ、やめておこうよ」「なんだよ、お前が言い出したんだろ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:丘野なむ お題:絵描きの空想 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:551字
それは、齧りかけのメロンパンのような空想。僕は昔からお話を考えることが好きだった。一人っ子だった僕は誰に言われるでもなく一人遊びをどんどん考えたし、空想に浸るこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし闇 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:278字
今日初めて外へ出ると、夕日に照らされてオレンジ色になった街が、まぶしく感じた。夕飯の買い物をした帰りの主婦や、下校途中の学生がどこか遠く感じた。くたびれた財布を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東雲 奏汰@創作と音楽と。 お題:夏の牢屋 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:678字
ここの監獄は、夏になると地獄のような蒸し暑さが増す。彼は自室に籠り壁に背中を付けて寄り掛かったまま、何をするでも無くぼうっと宙を見つめていた。「あっ、ハンス兄~ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 13carnate お題:8月の友人 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:955字
この国の八月は大嫌いだ。レイガはフローリングの床にうつ伏せになり、日差しが降り注ぐ窓を虚ろな目で眺めていた。隣人はこの国の良いところは四季があるところだと言って 〈続きを読む〉

⊂(( 禁 x 酒 ))⊃の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:神の愉快犯 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1146字
からあげを作ることにした。きっかけは些細なことで、ビールを飲んでみたい、そう彼がいったからだった。ビール。ビールに合わせるものといったら烏賊かからあげと相場は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:軽い戦争 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1054字
北海道でも沖縄でも東京でも、星空を見上げることはできる。 十年来の親友はいった。星空は宇宙に繋がっているのだと。 彼は宇宙飛行士を目指していた。宇宙からみた地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:ラストは御曹司 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1265字
魔法少女になりました。 本名は伏せさせていただきますが、年齢は二十八歳、身長は百七十八、体重は去年の健康診断のときの書類を探して確認したらわかるかも知れないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:苦しみの光景 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1244字
ところてん突きのなかに小人をいれた。 三日前、テレビの裏でみつけた小人だった。 小人はじぶんをところてん突きのなかにいれたわたしを見上げて、きょとんと目を丸く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:飢えた姫君 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1210字
ダイナマイトがあれば城だって爆破できるのだな。 わたしは生家でもある三つの時計塔がそびえる……そびえていた、城を眺めてそんなことを考えていた。つい三日ほど前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:シンプルな味 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1110字
お昼ごはんにトマトソースパスタを作ることにした。 テレビでは昼のメロドラマ(再放送)が放送されている。どうやらオフィスでの出会いをきっかけにした不倫もののドラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:赤い馬鹿 必須要素:ギャング 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:954字
ギャング映画を観たんですよ。ツタヤで借りてきたんです。ギャング映画。ギャング。アメリカの犯罪組織、強盗団とか暴力団とかそんな感じです。イタリア風にいったらマフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:12月の娘 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1157字
ジンジャーブレッドマンクッキーを焼こうと思った。ちょうど十二月だから。クッキー生地にジンジャー、シナモン、アニス、ナツメグを入れて、人形のかたちで切りぬく。腕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:箱の中のお尻 必須要素:ドア 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1226字
箱の中にお尻がありました。箱の中に閉じ込められた少女は、お尻に一目惚れをしました。 四方を真っ白な壁に囲まれた箱の中には、ドアも窓もありませんでした。床はリノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:打算的な民話 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:949字
ある街に、パチ○コ玉がいました。間違えました。鉄砲玉がいました。 鉄砲玉は生まれたときから鉄砲玉でした。彼女には……そう、その鉄砲玉はおんなのこだったのですが 〈続きを読む〉