お題:恐ろしい町 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:632字
[削除]

恐ろしい町
鳥の人は言った。
「この町を出なさい」
私はその言葉を聞いて、それしか道はないことを思い知った。
納得づくで針を手に取る。慌てないように穴の位置を確認する。
私は針を穴に突き刺すと、最後の呼吸を飲み込んで、鳥の人に笑顔を向けた。
最後くらい笑顔で立ち去るべきだと思っていたからだ。
鳥の人は一つ頷くと踵を返して南東の方角へ消えて行った。

針から穴へと熱い波動が注がれていき、私は気を失った。


次に目覚めた時そこは杜だった。
古い木の匂いと土の匂いでむせ返る。鳥の人に言われたように、先の町の空気は私にとってはケガレが強すぎたようだ。こんな浅い杜の空気だけでむせてしまうほどには、ケガレに慣れてしまっていたのだなと改めて納得する。鳥の人の意見は正しかった。


以前は土地土地は均されていたという。今では想像のつかないことだが、針も穴も転移の技術もなく、ケガレは均され、人々は怯えたり威嚇しあったりせずに暮らしていたのだという。
そんなわけあるか、と私は思う。
ケガレが無いからといって人々が威嚇し合わなくなるとは私には到底考えられない。
ケガレの有無に関わらず、人は怯え威嚇し狩るものだと私は思う。
これを今は危険思想といい、私は常に逃げている。
ケガレの多い土地では特に危険思想と告発され、当局に知れればまず自由は無くなるだろう。

恐ろしいのは土地なのか人なのか当局なのか。それとも私が恐ろしいのか。
誰にも決定できないということだけが明確になっている。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:真塚なつき お題:恐ろしい町 制限時間:30分 読者:450 人 文字数:973字
冷水のピシャリとはねる音さえ遠くまで響きそうなほど、静かな朝だった。 蛇口を閉め、タオルで顔を拭きながら首を傾げた。どうもいつもと様子が違う。 珍しく朝早く起 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーな始まり 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:801字
セクシーもセクシーすぎると大変なことになると思う。例えば、ある種の物事は極めてしまうと、とても後悔するという事があると思う。で、セクシーもそういうものなんじゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:ロシア式の職業 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:363字
ロシアンルーレットで職業を決めるのがこの国のやりかただ、そしてそれは毎月変わる。民は仕事が毎月変わるのを楽しみにしている。社会主義の失敗ーー頑張っても報われない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kyun お題:男同士の罰 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1147字
半畳も満たない広さの小部屋に、男二人で閉じ込められた。教育係がこそこそと隠し持っていたお菓子を勝手に盗み食いした罰らしい。いつ開放されるかわからぬまま、閉じ込め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:猫戸らび お題:有名な内側 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:414字
いつもは気をつけていたのに、どうして今日に限ってこんな事になるのだろうか。僕は途方にくれた。慌てて検索エンジンへ駆け込む。あらゆる対処方法を教えてくれるが、本当 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:穏やかな大雪 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:637字
燦燦と木漏れ日が僕の身体を貫き、ただただ固められた地に光を差し込めんとしていた。微かに香る日光の香りはいつになく優しさと狂気を滲ませている。そこに微かだが思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:最弱の国 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:978字
僕の暮らしていた国は、平和だった。とてつもなく平和だった。もう驚く程平和だった。ありえないほど平和だった。えげつないほどに平和だった。もう死ぬほどだ、その平和で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:愛と憎しみの医者 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:528字
麻雀アプリがメンテナンスで出来ないんですけどーうぇーい。後期初日から若干しんどい。去年落とした必修科目取ろうとしたら、同じ時間にやってる今年の必修科目優先しろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とびだせ克服 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:948字
羽生河四ノ関係の話をしたい。今なろうで、生まれて初めて連載をしている。異世界ものの話で、それは、まったく気骨のない、信念のない奴の話だ。和委志千雅という名前の奴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タム~ お題:恐ろしい母性 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:224 人 文字数:486字
これは、俺の姉ちゃんの友達の親友のお父さんの弟の義理の姉のお話。その人の名前は、キョウコといって、とっても美人で、勉強も運動もできて、もちろん家事も万能、本当に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1026字
「ここがその、へぇ……」 三十代後半と見えるその男は、立派に蓄えたあごひげを撫でながら、とある施設の前に立っていた。 施設の名前は『あなただけの美術館』とだけ書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暴かれた電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:777字
『正面から見ろ。目を逸らすな。世界一美しい宝石を前にしても、この世のものとは思えないような美しい娼婦を前にしても目を奪われるてはいけない』 石碑に浮かんだ文字な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:663字
「オレだよオレ」そんなノックの音で俺は目を覚ました。時計を見る。まだ早朝の四時だった。俺は少し訝しく思いながらも、扉に近づいていく。オレだよオレ、と言う声は不思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テスト用 ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:12字
最近声が聞こえます。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草と冤罪 必須要素:女使用不可 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:630字
悪趣味な画像非常に嬉しかったです。遅らばせながら卒業おめでとう。君が僕を裏切った事は永久に忘れないよ。手紙にはそうとだけ書かれていて、他になにもなかった。差出人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テスト用 ※未完
作者:匿名さん お題:鈍い旅行 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い旅行 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:34字
鈍い旅行に行った。パスタがおいしかった。とてもいいなと思います。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 必須要素:山田 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:813字
作家になりたかった。小さいころからの夢であったが、今まで文章なんて書く事はなかった。きっかけがないことを理由に書く事から避けていただけだけど。書かなくても時間は 〈続きを読む〉