お題:蓋然性のある罰 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:317字

蓋然性のある罰
蓋然性のある罰

いいか、1,2,3で電流スイッチをおす
するとヘッドホンに電流が流れ君の耳はどちらか
いかれることになる

最高の拷問方法だろう?

不適な笑みを浮かべて説明する執行者
僕は両手両足縛られてなすすべもない

早速はじめようか

1,2..3!!

くうーぜん、ぜつごのー、ザラ..ザラ..
笑いの神に愛され、ザラ..ザラ、男、ザラザラ.

どこかできいたことのある声が流れた
これはお笑い芸人のあの人じゃない?

ヘッドホンに流れた電流は中で変換され
僕の耳にはラジオが流れていた

いえーーーーーい!!!!

ラジオの声と僕の心が共鳴した

僕は苦悶の表情を浮かべ、
ヘッドホンを地面に叩き落とし椅子の足で破壊した
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:記録にない彼 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:448字
目を覚ますと見知らぬ天井が広がっていた。そんな非日常的な状況ではあるが、女の気分はそれどころではない壮絶さであった。泥の様に眠っていたのだろう、何時かは知らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
are
作者:匿名さん お題:小さなサラリーマン 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:289字
俺は気持ちがすごく小さなサラリーマンだ。 自分はとても気持ちが小さい。「どうしてこんな俺になってしまったのだろうか。」 今でもそう考える。だがそんなとき、転機 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ファンミ@G+難民 お題:たった一つの多数派 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:245字
なんだかつかれた。17時42分発の急行を見送って、電光表示を見る。点滅する文字が消えて、私の乗る列車が上の段に。17時55分発、普通。いつもより3本遅いだけ。学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:難しい殺人犯 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:892字
ある人の本を読んでからというもの、偶然性の高い殺人みたいなことに対して若干の興味を得た。だから例えば、階段の上にビー玉を置いておくだけという様な事だ。それによっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女同士の軽犯罪 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:945字
地方一体の過疎化が、大量の空き家を生産するみたいなもので、そのうらぶれたヨットハーバーにはいくつか、ただ浮いたままの状態になっている船があった。珍しいことではあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた四肢切断 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:565字
…どこだ、ここ。目が覚めた時にはそこに私のいつもの部屋の風景はなかった。代わりにあったのは、殺風景な灰色セメント壁の四角い部屋と、私を縛り付けるこの台それから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美形の伝道師るね お題:せつないうどん 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:371字
「あっ、あああ……」 悲壮な声の方へ視線を遣れば、同居人がダイニングキッチンに立ち尽くしていた。無言で見守る。目が合った。「聞いてほしい……」 目を潤ませる同居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふにゃこ(とポアンポアンさん) お題:男同士のエデン 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:588字
電車の中で通学中に聞くBLCDほど、背徳的なものはない。 ヘッドホンを両手で押さえ、美幸はなるべく顔に出さないようにイケボの喘ぎ声に酔いしれていた。 ポップス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:志川 晴晶 お題:生かされた村 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:471字
沢村一佐のヘッドホンの中には村が二つあった。右側に一つ、左側にもう一つ。彼がそれに気づいたのは音楽を発するスピーカーの奥から声が聞こえたからだ。声は度々、沢村に 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:プロの敗北 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:514字
昔昔、ある食料の豊かな山に虎と狼と羊が住んでいました。羊はいつもお腹を空かせていました。というのも食べたいものを他の二匹に取られてしまうからです。そこで羊は、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:素人の昼下がり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:122字
ああ道がわからないもうじき夜になるただでさえ迷っているのに夜がさらに迫って辺りは真っ暗になったああ神は私を味方しないそして間も無く青年は逝った彼は素人だったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:清い足 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:238字
がさがさ仕事おわらないよ~おっ!?なんだい助けてあげようか?ありがとう、これお願いばたんまだ仕事をやってたのか助けようか?ありがとう、これお願いねかきかきまわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:狡猾な湖 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:283字
湖には宝が沈んでいたあるとき勇者が宝をとりに湖にむかったするとそこに看板があったこの湖で帰ってきたものはいない勇者は怖くなり引き返そうとしたが村人になっていいわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:天国のババァ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:181字
天国のババァは異文化交流が好きだったとにかく自分と違うものを求めていた外国人がいる場所に行っては物足りなさを感じていたのだ「もう天国じゃだめだ、そうだ地獄へ行こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:早すぎた朝日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:552字
「はぁあはぁ」守は全力で林の方に駆け込んでいった「うーうー...」おっての唸る声が小さくなるまで奥へ奥へ何も聞こえなくなったかと思うとまた聞こえてきた「うーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:綺麗な沈黙 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:147字
シリアス君は私にいった世界は危険だ、気をつけたまえユーモラス君は私にいった世界は最高だ、もっと楽しめシリアス君はユーモラス君にいったもっと危機感もてよユーモラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:2つの牢屋 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:93字
アダム「牢屋には必ず入っている動物それはなんでしょうか?」イブ「えっと...」アダム「ヒントは牢屋が2つだとその動物でいっぱいになりますよ」イブ「あっ!そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:冷たい霧雨 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:186字
冷たい、冷たいな寒々とした雨が体に突き刺さる今宵彰は傘を折り畳み一人言を唱えるああ、冷たいな冷たいこの不快から逃れようとホカホカおでんが待ち構えるコンビニへいら 〈続きを読む〉