お題:ありきたりな社会 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:706字
[削除]

胸に入った鋼鉄のバラン
バラン。
それは、誰しもが絶対に見たことがあるものです。
市販の弁当に入っている緑色の仕切りみたいなやつ。それがバランです。
私、緑屋緑子は、そのバランを製造している会社に勤めています。
バランの為のバランを作るバランの会社です。なのでそれ以外は絶対に作りません。正直それだけでどうやって経営がまかり通っているのかわかりませんが、人並み以上にお給料を貰っているので文句は言いません。
月給50万。
この会社、本当はなんかの闇の組織でバランを作ってる裏側ではいけないものを作って販売してるのでは?
私達が作ってるこのバランがどこかで大量殺戮兵器に?
実は、そんな噂が会社内にも流れています。
例えば。
「このガンダニュウム合金を使った特製のバラン。その製造ラインを確保したいと思っています!」
こんな意味のわからない企画が前回の会議で通りました。
一人一人に、一つ一つのお弁当に緑の愛を。それが当社のモットーではありますが、ただ捨ててしまうバランにそこまでする必要はないでしょうに。あまりにも目に余る経費。あまりにも重すぎる愛。
私も、先日までそう思っていました。


「み、緑子」
夜道でした。振り返って見ると、そこに先日別れた彼氏がいたのです。
「お、俺とヨリを戻してくれないか?」
「馬鹿な事言わないで下さい。浮気したのはそっちですよね。無理です。絶対に許せません」
「だったら」
彼が胸ポケットから取り出したのは、拳銃だった。
「死ね」
耳を貫く音よりも、胸に走る痛みの方が早かった。
男は私の事を見ることもなく立ち去った。
「あいたたた」
むくりと立ち上がる私。
なんで立ち上がれたのかって?
それはね。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:幼い孤独 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:918字
小さい頃から、食べ物を残すことは悪だと教えられてきた。私の母は栄養士だった。世界には食べ物が無くて餓えている人がたくさんいて、私は毎日食事にありつけるだけでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:つらいクレジットカード 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:978字
つらい。 ただただつらい。 この気持ちはつらいとしか表現できない。 私は今、とてもつらい気持ちになっている。つらいからつらいのだ。本当につらい。ソシャゲのイベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
拾い物の天使 ※未完
作者:甘味 お題:捨てられた天使 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:957字
天使を拾った。いや、別に俺の頭がおかしくなったわけではない。仕事からの帰り道の途中で倒れているその子を見つけた時には何かのコスプレかと思ったものだ。少年とも少女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヱリッサ嬢 お題:幸福な不動産 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:861字
物件の貼り紙を出す。 幾度となく繰り返される。 明け渡されては、また住まれ、きっとまた明け渡される。 僕がこの仕事に就いてもう幾年が過ぎただろう。だいぶこの街 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
策謀系 ※未完
作者:朔月 お題:右のダンス 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:160 人 文字数:1108字
わざとらしく照明の落とされた芝居小屋の中で、そこだけ煌々とした舞台の灯りが目に痛い。右耳は絶えず軽佻浮薄な音楽とそれをかき消すような男共の歓声を拾っている。耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツムラ お題:真実の関係 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:187 人 文字数:951字
「俺のこと好きですか?」といつものようにカラベラが聞く。カラベラの口から出る大抵の事柄はこの好きかどうか問う言葉か食事を強請る言葉のどちらかだ。 ゼロは思う。カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タム~ お題:怪しい排泄 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:313 人 文字数:706字
あるところにとてつもなく立派な屋敷があった。その屋敷は崖の上に立っていて、しかも、本家とトイレとシャワールームが別だった。昔の主人はとうの昔に死に、その後も売却 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ryuui お題:神のぬめぬめ 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:467 人 文字数:1238字
緑深い山の奥、そこは昔から『常世』の入口と言われている。 一度足を踏み入れてしまえば、二度とは現世に戻れぬ彼岸だと。何故そんな恐ろしげな話になるのかと、首を傾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:男の国 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:466字
俺は男の国へ転送された。この国では罪人はよその星の国へ転送されるのだ。いやだ。つらい。マジで男しかいない。ホモだったらいいのかもしれないがホモの罪人はこんな国へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:清い接吻 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:713字
僕は、今とても困っている。シチュエーションを色々と想像しようとしているのだが、どうもイメージが湧かないというか、心の整理がとてもじゃないけど追いつかないのだ。… 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:499字
それは突然だ。夜、電話が鳴った私[はーい、ゆうかです]相手[、、、ずー&@yいまrwr?!#^!!!]カチャン私[なにこれ!?]これは、ノイズがひどくて聞き取れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い関係 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:746字
学校の七不思議の一つこれはある事件から怒った、、、じゃない、起こった悠輝[!?死、死体!?]それは突然の出来事だっただがしかしそれはただの殺人事件と思われた。〜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と消費者金融 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:495字
お金というのは気付いたらいなくなっている。 置き手紙を残して消えたうちの母親みたいなものでいちど愛想を尽かすと帰ってくることはない。 だから自分の愛ってやつを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
平和とえい ※未完
作者:匿名さん お題:平和と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:432字
えいっ!そう言って彼が投げたゴミ箱に私は頭をぶつけた。いや、ぶつけられたと言うべきだろう。これでもう何回目のことだろうか?今日だけでもう数えるのも嫌になるくらい 〈続きを読む〉