お題:ありきたりな社会 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:706字
[削除]

胸に入った鋼鉄のバラン
バラン。
それは、誰しもが絶対に見たことがあるものです。
市販の弁当に入っている緑色の仕切りみたいなやつ。それがバランです。
私、緑屋緑子は、そのバランを製造している会社に勤めています。
バランの為のバランを作るバランの会社です。なのでそれ以外は絶対に作りません。正直それだけでどうやって経営がまかり通っているのかわかりませんが、人並み以上にお給料を貰っているので文句は言いません。
月給50万。
この会社、本当はなんかの闇の組織でバランを作ってる裏側ではいけないものを作って販売してるのでは?
私達が作ってるこのバランがどこかで大量殺戮兵器に?
実は、そんな噂が会社内にも流れています。
例えば。
「このガンダニュウム合金を使った特製のバラン。その製造ラインを確保したいと思っています!」
こんな意味のわからない企画が前回の会議で通りました。
一人一人に、一つ一つのお弁当に緑の愛を。それが当社のモットーではありますが、ただ捨ててしまうバランにそこまでする必要はないでしょうに。あまりにも目に余る経費。あまりにも重すぎる愛。
私も、先日までそう思っていました。


「み、緑子」
夜道でした。振り返って見ると、そこに先日別れた彼氏がいたのです。
「お、俺とヨリを戻してくれないか?」
「馬鹿な事言わないで下さい。浮気したのはそっちですよね。無理です。絶対に許せません」
「だったら」
彼が胸ポケットから取り出したのは、拳銃だった。
「死ね」
耳を貫く音よりも、胸に走る痛みの方が早かった。
男は私の事を見ることもなく立ち去った。
「あいたたた」
むくりと立ち上がる私。
なんで立ち上がれたのかって?
それはね。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:つらいクレジットカード 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:978字
つらい。 ただただつらい。 この気持ちはつらいとしか表現できない。 私は今、とてもつらい気持ちになっている。つらいからつらいのだ。本当につらい。ソシャゲのイベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
拾い物の天使 ※未完
作者:甘味 お題:捨てられた天使 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:957字
天使を拾った。いや、別に俺の頭がおかしくなったわけではない。仕事からの帰り道の途中で倒れているその子を見つけた時には何かのコスプレかと思ったものだ。少年とも少女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヱリッサ嬢 お題:幸福な不動産 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:861字
物件の貼り紙を出す。 幾度となく繰り返される。 明け渡されては、また住まれ、きっとまた明け渡される。 僕がこの仕事に就いてもう幾年が過ぎただろう。だいぶこの街 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
策謀系 ※未完
作者:朔月 お題:右のダンス 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:1108字
わざとらしく照明の落とされた芝居小屋の中で、そこだけ煌々とした舞台の灯りが目に痛い。右耳は絶えず軽佻浮薄な音楽とそれをかき消すような男共の歓声を拾っている。耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツムラ お題:真実の関係 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:179 人 文字数:951字
「俺のこと好きですか?」といつものようにカラベラが聞く。カラベラの口から出る大抵の事柄はこの好きかどうか問う言葉か食事を強請る言葉のどちらかだ。 ゼロは思う。カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タム~ お題:怪しい排泄 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:305 人 文字数:706字
あるところにとてつもなく立派な屋敷があった。その屋敷は崖の上に立っていて、しかも、本家とトイレとシャワールームが別だった。昔の主人はとうの昔に死に、その後も売却 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ryuui お題:神のぬめぬめ 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:451 人 文字数:1238字
緑深い山の奥、そこは昔から『常世』の入口と言われている。 一度足を踏み入れてしまえば、二度とは現世に戻れぬ彼岸だと。何故そんな恐ろしげな話になるのかと、首を傾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説69日 お題:清い接吻 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:713字
僕は、今とても困っている。シチュエーションを色々と想像しようとしているのだが、どうもイメージが湧かないというか、心の整理がとてもじゃないけど追いつかないのだ。… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:優秀な俺 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:935字
お弁当とかのおかずとおかずの間に入っている、両者が交じり合わない様にしている草みたいなのがある。あれがバランだ。俺が即興小説を始めたばかりのころ、このバランって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:凛とした発言 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1135字
フランス東部、アルプス山脈のふもとにあるバ=ラン県は、峻厳な山麓を望む風光明媚なリゾート地として知られている。しかし、近年の経済的混乱によって、観光収入は減少 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの処刑人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:282字
ぬるり。という表現が相応しいか。皮膚が爛れたような草臥れた顔の男が、縄を引いて歩いている。炎天下。ただでさえひょろ長い男のシルエットが、地面に長く長く黒を落とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟なテロリスト 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:906字
「テロリスト」という言葉を聞いた事があるだろうか。 「テロリスト」とは、どんな奴らか。 多くの場合、民衆の恐怖を煽るのが目的であり、そのためどんな残酷な手段も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
脱毛バトル ※未完
作者:匿名さん お題:女同士の脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:458字
これは戦争だ。 ここ、百合目学園では、年に一度の百合祭という学園祭が行われていた。学園祭と言っても、そこらへんのちゃちな学園祭とは一味違う。なんというか”ガチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の任務 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:575字
2018年6月24日、東京に一人の少年が降り立った。何度も時間旅行を繰り返した彼にしてみると時間旅行による"時間旅行酔い"は慣れたものではあったが、21世紀都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独なロボット 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:582字
満員電車の中、その日一日あったことを思い出す。部下が遅刻、クライアントからの再三の無茶振り、機嫌が少し悪い上司とのランチ、ああ、なんだろう、つまらない。 一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の汁 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:1066字
アタシの母親は、料理上手なヒトだった。母さんが居たときは、毎日毎日食卓にはいくつもの料理が並んでいた。どんなに疲れて帰ってきても、母さんが作った夕飯を前にすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉