お題:ありきたりな社会 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:706字
[削除]

胸に入った鋼鉄のバラン
バラン。
それは、誰しもが絶対に見たことがあるものです。
市販の弁当に入っている緑色の仕切りみたいなやつ。それがバランです。
私、緑屋緑子は、そのバランを製造している会社に勤めています。
バランの為のバランを作るバランの会社です。なのでそれ以外は絶対に作りません。正直それだけでどうやって経営がまかり通っているのかわかりませんが、人並み以上にお給料を貰っているので文句は言いません。
月給50万。
この会社、本当はなんかの闇の組織でバランを作ってる裏側ではいけないものを作って販売してるのでは?
私達が作ってるこのバランがどこかで大量殺戮兵器に?
実は、そんな噂が会社内にも流れています。
例えば。
「このガンダニュウム合金を使った特製のバラン。その製造ラインを確保したいと思っています!」
こんな意味のわからない企画が前回の会議で通りました。
一人一人に、一つ一つのお弁当に緑の愛を。それが当社のモットーではありますが、ただ捨ててしまうバランにそこまでする必要はないでしょうに。あまりにも目に余る経費。あまりにも重すぎる愛。
私も、先日までそう思っていました。


「み、緑子」
夜道でした。振り返って見ると、そこに先日別れた彼氏がいたのです。
「お、俺とヨリを戻してくれないか?」
「馬鹿な事言わないで下さい。浮気したのはそっちですよね。無理です。絶対に許せません」
「だったら」
彼が胸ポケットから取り出したのは、拳銃だった。
「死ね」
耳を貫く音よりも、胸に走る痛みの方が早かった。
男は私の事を見ることもなく立ち去った。
「あいたたた」
むくりと立ち上がる私。
なんで立ち上がれたのかって?
それはね。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
拾い物の天使 ※未完
作者:甘味 お題:捨てられた天使 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:957字
天使を拾った。いや、別に俺の頭がおかしくなったわけではない。仕事からの帰り道の途中で倒れているその子を見つけた時には何かのコスプレかと思ったものだ。少年とも少女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヱリッサ嬢 お題:幸福な不動産 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:861字
物件の貼り紙を出す。 幾度となく繰り返される。 明け渡されては、また住まれ、きっとまた明け渡される。 僕がこの仕事に就いてもう幾年が過ぎただろう。だいぶこの街 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
策謀系 ※未完
作者:朔月 お題:右のダンス 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:1108字
わざとらしく照明の落とされた芝居小屋の中で、そこだけ煌々とした舞台の灯りが目に痛い。右耳は絶えず軽佻浮薄な音楽とそれをかき消すような男共の歓声を拾っている。耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツムラ お題:真実の関係 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:165 人 文字数:951字
「俺のこと好きですか?」といつものようにカラベラが聞く。カラベラの口から出る大抵の事柄はこの好きかどうか問う言葉か食事を強請る言葉のどちらかだ。 ゼロは思う。カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タム~ お題:怪しい排泄 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:297 人 文字数:706字
あるところにとてつもなく立派な屋敷があった。その屋敷は崖の上に立っていて、しかも、本家とトイレとシャワールームが別だった。昔の主人はとうの昔に死に、その後も売却 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ryuui お題:神のぬめぬめ 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:426 人 文字数:1238字
緑深い山の奥、そこは昔から『常世』の入口と言われている。 一度足を踏み入れてしまえば、二度とは現世に戻れぬ彼岸だと。何故そんな恐ろしげな話になるのかと、首を傾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:凛とした発言 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1135字
フランス東部、アルプス山脈のふもとにあるバ=ラン県は、峻厳な山麓を望む風光明媚なリゾート地として知られている。しかし、近年の経済的混乱によって、観光収入は減少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:僕の克服 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:2360字
世界魔術師協会ライプツィヒ支部では、職員出席の会合や講義が長引いた折、弁当が配られることがある。 弁当といってもそれは、プラスチックの使い捨て容器にパンとバタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:東京海辺 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:426字
その日東京湾は大荒れだった。携帯の予報を見ると、これからさらに大きく荒れるらしい。「ちょうど良かった」 私はチャック付きの袋に入った携帯をしまうと、雨の中振り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
騎士ごっこ ※未完
作者:海の庵 お題:情熱的な俺 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:322字
バランディック家当主はかく語りき。「俺には知識も教養もない。粗野な俺がお前らを束ねることができるかとても不安だ」言葉とは裏腹にその調子は自信に満ち溢れていた。聴 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉