お題:孤独な動揺 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:929字

100グラム980円
 午前二十七時、枕もとに置いたスマートフォンのバイブレーションが作動した。一度、二度。メールの場合は一度のはずだから、電話だろうか。二通メールが着信したのかもしれないけれど。
 むかし、ぼくたちの間で流行った遊びがあった。イエスなら一度、ノーなら二度、コールを鳴らす。たとえば、きょうの晩御飯はハンバーグにしようか、と問いかける。バイブレーションが二回。たとえば、今月はもう少しだけ課金をしてもいいだろうか、と問いかける。バイブレーションが一回。
 コールの回数は二回。
 もしこれが、むかし使っていた返事なら、答えはノーになる。
 午前二十七時。夜だ。ぼくは目を開けて、からだを起こす。部屋の電気をつけ、枕もとに置いた眼鏡をかけ、スマートフォンを手に取り、手帳型のカバーを開ける。
 不在着信が残っていた。
 どきりと、しんぞうが動く音が、聞こえた。ぼくは動揺している。深夜の事実は孤独のかたまりだ。そのくせ、スマートフォンなんかで世界と繋がっているものだから、こんなに簡単に動揺してしまう。誰かに落ち着けよと言って欲しいところだけれど、あいにくぼくの部屋にはぼくしかいない。
 コールの回数は二回だった。
 相手は番号しかでていない。
 登録をしていない相手だからではない、登録をしなくても覚えているから。電話がかかってくるたびに、あの名前が画面に表示されてしまったら、ぼくのしんぞうは持たないだろう。動揺で。
 どうしよう。
 どうするべきだろうか。
 スマートフォンに繋いでいた充電コードを抜き、考える。どうするべきか。
 このままここにいてもいいだろうか、この孤独な部屋に。もしこの不在着信の意味するところがイエス、ノーの回答であるなら、このままではいられない。はやめにどこかに移動しておくべきだろう。ぼくが三時間ほど前に送った、怒った? というメッセージの回答が先程の不在着信だったとするなら。彼女の怒りにぼくはいままで、三度ほど殺されたことがある。四度目はごめんだ。そろそろこぼれてしまった脳みそが足りなくなってきたのだから、できれば死にたくない。もしくは脳みそを買い足したい。脳みそがたりないから、彼女を怒らせてしまうのだろうか? 悪循環だ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:怪しいむきだし 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:934字
最近よくむきだす。少し早いかもしれないけども、ドコモのショッピングのサンプル百貨店でミカンを箱買いして、毎日朝昼晩完食夜食ブレックファーストとミカンをむきつづけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しいむきだし 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:542字
「お題は、怪しいむきだし。必須要素はバイブでお願いします」「待って下さい!バイブ!?エロ小説を書けっていうんですか?」 ボクは激怒した。そんなことがあっていいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いピアノ 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:525字
ピアノにエロスを感じる中学生は僕だけだという自負がある。だからまだ、誰にも話していない。放課後、こっそり音楽室へ忍び込み夕焼けに照らされたグランドピアノ。周囲に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:調和した話 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:718字
お仕事の依頼ですよ、という能天気な声の電話に、レイガは即座に通話停止ボタンを押した。続けて電話が着信を知らせるバイブを続けているが、無視して電源を切る。そして、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家の小説家 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1000字
本来の私が、私のことを小説という枠組みの中に登場させるというのは、本来の私の中では結構普通の事だ。よくやる。よくやるっていうかもう即興さんとかはそれしかないんじ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい私 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:456字
「せんぱーい、スマホ、鳴ってますけど」 声かけ空しく、先輩のスマホは細かに机を叩き殴り、終いには向こう側へ落ちて見えなくなってしまった。「せんぱーい、スマホ、う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい能力者 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:704字
ブゥー ブゥー部屋中にバイブ音が響き渡る。「うるさいな~」寝起きの俺は機嫌が悪い。目覚ましかと思ったが違った。「はぁ?メール?」めんどくさくも急ぎの用件かもしれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:破天荒な帰り道 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:498字
僕は今帰宅している。あまり効率が良くないため、仕事中はいつも課長に怒られてばっかり。それにしても、「今日の課長は酷かったなぁ」そうだ、何故か今日は怒りっぽかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:明日の武器 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:567字
日曜日の夕方はなんだか気怠い。体中に鉛の粒子が散らばっているかのように、全身を苛んでいた。「はぁ…」私はため息をつく。コーヒーカップに口をつけてみたものの、明日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:春の正義 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:836字
春だからなのか、求人情報がぐっと増えた。「でも、そこまではさすがに私もなんともできませんでよ」というのも、ドコモさんにジョブを紹介してくれるのが誕生して、それに 〈続きを読む〉

⊂(( 禁 x 酒 ))⊃の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:愛すべき液体 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:846字
愛すべき液体。それはお湯である。 と。彼女はいった。 彼女の趣味が温泉巡りだったからかもしれない。 彼女の主食はカップラーメンだったからかもしれない。 彼女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:天才の大雪 必須要素:首相 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:953字
ぼくらの通う学校には天才がいた。将来は首相になりたいだが魔王になりたいだかといっているらしい天才くんは実際のところ、学校中の誰にも、進路希望の紙にすら、将来の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:3月の葬式 必須要素:靴の中敷 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1078字
恋をしていた。三月の出来事だった。わたしは恋をしていた。三月の出来事だった。わたしの恋は終わりを告げた。 三月下旬。 きょうはあのひとのお葬式だ。 クロゼット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:忘れたい女祭り! 必須要素:スニーカー 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1265字
この町には珍しい祭りがあるが、その詳細については箝口令が敷かれており、参加者の誰もが口を閉ざした。 その祭りはいつ開催されるのですか?(スルー。) その祭りで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:都会の高給取り 必須要素:川端康成 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1158字
地獄に土地を買うことになった。 地獄に土地を買うことになったときぼくはまず、なぜだと思った。「なぜぼくが地獄に土地を買わなければならないのです。」 ぼくはデス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:楽観的なダンジョン 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1115字
ぼくたちの三十八番目の目的地は楽観的で有名なダンジョンだった。登録番号7538315。ダンジョンの製作者は一般的には公開されていないけれど……もちろん然るべき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:凛とした育毛 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1246字
えへへ。どうもこんにちは、こんばんは、きょうは育毛についてお話をしようかと存じます。深い意味はありませんし、もちろん学術的根拠なんてものは枝毛の先ほどにも存在 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:興奮した祖父 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:962字
現代の魔術師は義眼に魔法を込め、義眼を対象に投げつけることによって魔法を発動します。 わたしがそのことを知ったのは、わたしが信号無視をしたトラックにひかれてノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:失敗の扉 必須要素:絵画 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1061字
絵を描くことにした。絵画と呼べるようなたいそうなものにはならないだろう。なにせぼくが絵を描くのははじめてのことだから。 余命を宣告された。ぼくのいのちの残り時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:東京の許し 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:884字
わたしたちはきょうだいだった。きょうだいになった。四年前のはなしだった。わたしはそのとき高校三年生で、とつぜんふたつしたのきょうだいが出来た。母親は初婚だった 〈続きを読む〉