お題:うわ・・・私の年収、洞窟 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1754字
[削除]

権威の対価
 かれこれ二時間近く教授と私はこの洞窟の中をさ迷い歩いている。教授は分かれ道が見つかるたびにしばらく放心したように立ち止まり、私が
「教授?どうしました?」
と声を掛けると
「ああ。こっちだったこっち。ウムウム。」
などと空元気のような声を上げて私が引きとめようとするよりも先に進んでいってしまう。大丈夫だろうか、と私が思い始めたのは教授が三度目の
「ウムウム。」
という悲痛な空元気の声を上げた頃からだった。それがもう今度で二十三度目だ。心無しか初めの頃と比べて放心している時間が十倍くらいになったような気がするのは私だけだろうか。そろそろ哀愁すら漂わせて聞こえる教授のウムウムに対して
「もういいですから、教授。もう。本当にイイデスカラ。」
と喉元まで出掛かった声をかろうじて私は飲み込む。こんなどうしようも無い手遅れになるよりも前に、せめて三度目のウムウムの時にどうして教授を思いとどまらせようとしなかったのか。ここで私の立場というものを簡単に説明しておかなければならないだろう。
 東北の高地に西京大学という考古学に関してだけは昔から有名な大学がある。教授はその中でも特に考古学の権威として学会では有名で、しかも学長を努めている。私はその西京大学の教授の研究室に今年助手として就職したのである。もともと私は考古学が好きで教授の執筆した学術書も何冊か読み、それに憧れて西京大学に来たのだが、蓋を開けてみれば教授は頼りない、というより危なっかしい人だった。私に直接被害が及ばない範囲で見ている分には楽しい人だけど。
 それで私は教授の元で研究の手伝いをしながら考古学を勉強する日々を送っていたのだけど、ある日、大学からそう離れていないところにある開かずの洞窟(地元の人達が大昔の亡霊が住み着いているとかいって近寄らないから)がどうやら千三百年前の平安時代の遺跡と関係がありそうだという話が大学内で持ち上がって、いてもたってもいられなくなった教授が率先して
「では早速調査に向かいましょう。」
と言い出したのが発端なのだ。ちなみに教授はこれでも六十歳を過ぎていて外見は白髪混じりの人の良いお爺さん、私とは三十歳以上年が離れている。
 それで何が問題なのかという話だけど、実はその時どこでどう話を聞きつけたのか某有名雑誌社の記者がやってきて、それなら自分もぜひとも教授の調査に同行したい、権威ある教授の世紀の発見の現場に自分も立会い、記事にして世に知らしめたいと言い出したのである。ちなみにその某有名雑誌社とは以前某ゴッド○ンドの記事を書いて発行部数を伸ばしたところである。
 つまり、今この洞窟には私と教授、その記者の三人がいて、記者は教授のことをほとんど盲目的と言っていいくらい尊敬している。少なくとも現時点では。そして私はこの大学に助手として就職してまだ三ヶ月程度のいわばペーペーだ。これが私と教授の二人きりならお構いなしに
「教授、間違っています。もう戻りましょう。」
と言って引き返せるのだが記者の手前そう私も下手なことは言いづらい。その記者もちらりと見るとさすがに疑心暗鬼の色をかすかに表情に滲ませてはそんな事はあるはずがない、と自分に言い聞かせているようだったが、ふと、前を行く教授がポツリと
「いっそ彼。ここでやっちゃおうか。」
そうすればみんな無かったことになるし、と言った。私は教授がとうとうおかしくなってしまったのだと思った。これはもしかしたらもう、私が逆に教授の頭を殴りつけてこの記者とすぐにも引き返さなければならない事態なのかもしれない。走馬灯のように私の頭の中を、これまでの西京大学での助手としての日々が思い出された。たった三ヶ月だけど。いや、私まだ一年目だけど年収に換算して百万にも満たない低待遇なのにこんな危険な目にばかりあわされて割りに合わない。
 ふと足元を見ると血痕が点々としているのに気づいた。それを見たときとうとう教授が記者をやってしまったのかと私は思った。私は覚悟を決めると教授の背後で鞄を大きく振りかぶり・・・。
 
 気が付いたら私は洞窟の外にいた。私は教授と記者に運び出されたようだった。そしてあの血痕は洞窟の中で眩暈を起こした私の鼻血によるものらしかった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:紫煙の そふつ お題:僕と境界 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:297 人 文字数:959字
都内で起こっているテロ事件の数々。犯人はどれも移民や難民という話だが、周囲にそういう人間がいないので未だに実感が湧かない。 僕が住んでいる横浜、白楽には外国人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なみいちてる お題:馬鹿なババァ 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:199 人 文字数:2565字
私は現場に入ると帽子を脱いで軽く黙祷を捧げる。 既に遺体は運びだされており、今はフローリングに広がる血痕と、遺体の倒れていた位置を示すビニールテープ、そして幾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:るちん お題:理想的な嵐 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:189 人 文字数:1432字
「こりゃダメだ」仲間の一人がテントの外を覗いた後、深いため息をつきながら言った。楽しいキャンプのはずだったのにこんなことになるなんて。私の弾んでいた気持ちもどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酢上裕也 お題:団地妻のマンション 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:2031字
私は団地妻だった。と言うと、”ふうん”と思うのかもしれないし、事実、もしも私が他人に”私は団地妻なの”と言われても”ふうん”という回答になるだろうと思う。だけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:許せない略奪 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:222字
授業中お腹が痛いのを我慢していたぼくはトイレに向かっていた。途中で床に血痕があるのとに気づいてギョッとしたが、それどころじゃないぼくはトイレに急いだ。入り口に差 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:適当人間―駄文作家 お題:突然の風 必須要素:血痕 制限時間:4時間 読者:49 人 文字数:4097字
その日は、なんとか流星群が見えるとか見えないとかで学校の話題は持ちきりだった。当時小学生だった俺たちは、自分たちの興味があるものが絶対で、周りのことなんて考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ごみか お題:ダイナミックな凶器 必須要素:血痕 制限時間:2時間 読者:93 人 文字数:2999字
願えば人が死ぬ。 そういう力を持って生まれてしまったのだと語る彼女は、どこか遠くを見るように瞳を揺らし、薄く笑っていた。深い茶の髪が風に揺れる。それをふわりを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:間違った職業 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:841字
なんとなく、本当になんとなしにタウンワークを眺めていると、自分ちの最寄駅の名前が出てきて、思わずクリックしてしまっていた。詳細に飛んでみると、そこには、『血痕を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵洲英知 お題:わたしの嫌いな家 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:642字
「お嬢様」 わたしと一対一で話すときに「お嬢様」と呼ぶのは新入りのメイドだけ。古参のメイドたちにはそう呼ばせてはいない。わたしが「お嬢様」と呼ばれるのが嫌いだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:12月の作品 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:222字
ぽたぽたと雪に赤い跡がついていく。じゅうじゅうと融けて穴が開く。冷えて固まったところを掘り出して口に入れる。甘くてしょっぱくておいしい。四木崎君は意外と優しい。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉