お題:うわ・・・私の年収、洞窟 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1754字
[削除]

権威の対価
 かれこれ二時間近く教授と私はこの洞窟の中をさ迷い歩いている。教授は分かれ道が見つかるたびにしばらく放心したように立ち止まり、私が
「教授?どうしました?」
と声を掛けると
「ああ。こっちだったこっち。ウムウム。」
などと空元気のような声を上げて私が引きとめようとするよりも先に進んでいってしまう。大丈夫だろうか、と私が思い始めたのは教授が三度目の
「ウムウム。」
という悲痛な空元気の声を上げた頃からだった。それがもう今度で二十三度目だ。心無しか初めの頃と比べて放心している時間が十倍くらいになったような気がするのは私だけだろうか。そろそろ哀愁すら漂わせて聞こえる教授のウムウムに対して
「もういいですから、教授。もう。本当にイイデスカラ。」
と喉元まで出掛かった声をかろうじて私は飲み込む。こんなどうしようも無い手遅れになるよりも前に、せめて三度目のウムウムの時にどうして教授を思いとどまらせようとしなかったのか。ここで私の立場というものを簡単に説明しておかなければならないだろう。
 東北の高地に西京大学という考古学に関してだけは昔から有名な大学がある。教授はその中でも特に考古学の権威として学会では有名で、しかも学長を努めている。私はその西京大学の教授の研究室に今年助手として就職したのである。もともと私は考古学が好きで教授の執筆した学術書も何冊か読み、それに憧れて西京大学に来たのだが、蓋を開けてみれば教授は頼りない、というより危なっかしい人だった。私に直接被害が及ばない範囲で見ている分には楽しい人だけど。
 それで私は教授の元で研究の手伝いをしながら考古学を勉強する日々を送っていたのだけど、ある日、大学からそう離れていないところにある開かずの洞窟(地元の人達が大昔の亡霊が住み着いているとかいって近寄らないから)がどうやら千三百年前の平安時代の遺跡と関係がありそうだという話が大学内で持ち上がって、いてもたってもいられなくなった教授が率先して
「では早速調査に向かいましょう。」
と言い出したのが発端なのだ。ちなみに教授はこれでも六十歳を過ぎていて外見は白髪混じりの人の良いお爺さん、私とは三十歳以上年が離れている。
 それで何が問題なのかという話だけど、実はその時どこでどう話を聞きつけたのか某有名雑誌社の記者がやってきて、それなら自分もぜひとも教授の調査に同行したい、権威ある教授の世紀の発見の現場に自分も立会い、記事にして世に知らしめたいと言い出したのである。ちなみにその某有名雑誌社とは以前某ゴッド○ンドの記事を書いて発行部数を伸ばしたところである。
 つまり、今この洞窟には私と教授、その記者の三人がいて、記者は教授のことをほとんど盲目的と言っていいくらい尊敬している。少なくとも現時点では。そして私はこの大学に助手として就職してまだ三ヶ月程度のいわばペーペーだ。これが私と教授の二人きりならお構いなしに
「教授、間違っています。もう戻りましょう。」
と言って引き返せるのだが記者の手前そう私も下手なことは言いづらい。その記者もちらりと見るとさすがに疑心暗鬼の色をかすかに表情に滲ませてはそんな事はあるはずがない、と自分に言い聞かせているようだったが、ふと、前を行く教授がポツリと
「いっそ彼。ここでやっちゃおうか。」
そうすればみんな無かったことになるし、と言った。私は教授がとうとうおかしくなってしまったのだと思った。これはもしかしたらもう、私が逆に教授の頭を殴りつけてこの記者とすぐにも引き返さなければならない事態なのかもしれない。走馬灯のように私の頭の中を、これまでの西京大学での助手としての日々が思い出された。たった三ヶ月だけど。いや、私まだ一年目だけど年収に換算して百万にも満たない低待遇なのにこんな危険な目にばかりあわされて割りに合わない。
 ふと足元を見ると血痕が点々としているのに気づいた。それを見たときとうとう教授が記者をやってしまったのかと私は思った。私は覚悟を決めると教授の背後で鞄を大きく振りかぶり・・・。
 
 気が付いたら私は洞窟の外にいた。私は教授と記者に運び出されたようだった。そしてあの血痕は洞窟の中で眩暈を起こした私の鼻血によるものらしかった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:2659字 評価:1人
「年末実家に帰省するためのお金が確保できない!」そういってテーブルをたたいた。何の罪もないテーブルをである。ひどい奴だと思う。なんの文句も言わずしゅくしゅくと日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1862字 評価:1人
「コーヒーにミルクは?」「ミルクだけでいい」 あいにく、牛乳を切らしていて、ありったけのコーヒーフレッシュを空のカップに詰め込んで出した。警部は一度ソーサーに容 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばった お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1857字 評価:1人
皆さんは、金を貸す側と借りる側、どちらが「強い」か、ご存じだろうか。一見すると貸す側が優位なようにも思われる。フィクションでは、いつだって、貸す側が嫌な奴で強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3153字 評価:2人
「消費者金融みたいなもんだって、言ってた……」 最近、下村のヤツはどこか余裕が出てきたように感じる。 大学に入りたての頃のあいつは、やたらにおどおどしていて、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2857字 評価:0人
子供のころ、幼稚園かな、多分。なんでか知らないけどもマーチングバンド体験をした。お遊戯会の出し物だったのかもしれないけども、まあ、とにかく当時そういうことをした 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:らび お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1830字 評価:0人
妻は死んだ息子に声をかける。気持ちのいい風が吹く丘に建てた墓石に、ではなく、家族三人の笑顔を収めたポートレイトに、でもなく、拡張現実の中に佇む息子に。「クレイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2439字 評価:2人
私を肥え太らせて肉から皮からすべて利用しようという男は毎日のようにやってきた。体調はどうかと聞き、体の表面を撫でてもうそろそろかなとつぶやき、ああ私も仲間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:773字 評価:0人
俺は諜報員。今回の指令はN国への潜入調査だ。 N国は外部との接触が極めて少なく、謎の多い国である。その為、よからぬ噂が流れるのも必然だろう。俺が送り込まれた理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3054字 評価:1人
赤茶色の鉄格子にはところどころ錆が浮いていて、それがはまった窓が居並ぶ様子は、まるで牢獄のようだった。 隣は鬱蒼とした竹やぶで、曇天の下、風がざわざわとその葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紫煙の そふつ お題:僕と境界 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:330 人 文字数:959字
都内で起こっているテロ事件の数々。犯人はどれも移民や難民という話だが、周囲にそういう人間がいないので未だに実感が湧かない。 僕が住んでいる横浜、白楽には外国人 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:499字
それは突然だ。夜、電話が鳴った私[はーい、ゆうかです]相手[、、、ずー&@yいまrwr?!#^!!!]カチャン私[なにこれ!?]これは、ノイズがひどくて聞き取れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い関係 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:746字
学校の七不思議の一つこれはある事件から怒った、、、じゃない、起こった悠輝[!?死、死体!?]それは突然の出来事だっただがしかしそれはただの殺人事件と思われた。〜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と消費者金融 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:495字
お金というのは気付いたらいなくなっている。 置き手紙を残して消えたうちの母親みたいなものでいちど愛想を尽かすと帰ってくることはない。 だから自分の愛ってやつを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
平和とえい ※未完
作者:匿名さん お題:平和と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:432字
えいっ!そう言って彼が投げたゴミ箱に私は頭をぶつけた。いや、ぶつけられたと言うべきだろう。これでもう何回目のことだろうか?今日だけでもう数えるのも嫌になるくらい 〈続きを読む〉