お題:遅すぎたカラス 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:461字

年始
郊外を走る高速道路の上で、一匹の黒い影が迷っていた。

高速道路上では無尽蔵の車が渋滞を形成している。
車種も車体の色もさまざまな切れ間ない列が、所狭しと道路を埋めていた。

時は年末年始、三が日を終えて帰省から帰った人々が高速道路を利用する。
人々はいらいらしながら列が進むのを待っていたが、黒い影はより切迫していた。

時期はもう冬、一匹のカラスはすでに冬本番を迎えるに当たり、木の実を一つ割ろうとしていた。
頭を使って車に割ってもらおうと道路に落としたカラスだったが、思わぬ事態に遭遇してしまう。

車が多すぎたのだ。

渋滞があるなどと、年が変わったことすら知らないカラスにとっては、予想だにしない出来事だった。

車が多すぎて回収に行けない。
隙間なく並ぶ車はひたすらカラスの邪魔をしていた。

目の前で通り過ぎる鈍足の車達の合間を縫って木の実のもとへ向かうが、先を急ぐ人々によってことごとく邪魔される。

カラスにできる唯一のことは、何度も車にひかれるたびに粉々になっていく木の実を見つめ続けることだけだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の女の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:781字
東京の人はみんな冷たいと、家を出る時に言われた。半年ほど過ごしてみて、その言葉は間違いではなかったと思うと同時に、冷たいけれど、温かみのある冷たさもあるのだと分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:932字
病気の広がりというのはわかりやすいものだ。 自分がある被験者になってるのもあり、水たまり1つ1つに数滴の血を混ぜるだけで、虫や動物、人間がそれに触れる。 そし 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1282字
私は毎日、近所の安アパートに通っている。部屋はワンルームで、古びた外見の建物だ。通っているといってもそこに住んでいる訳ではない。そういうと何か、不倫や内縁の妻と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:遅すぎたカラス 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:461字
郊外を走る高速道路の上で、一匹の黒い影が迷っていた。高速道路上では無尽蔵の車が渋滞を形成している。車種も車体の色もさまざまな切れ間ない列が、所狭しと道路を埋めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
行き違い ※未完
作者:トゥーディー お題:ナウい裏切り 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1573字
「お前と僕ってさ、親友だよな?」目の前の男、木下健吾はスマホから顔を上げることなくそうつぶやく。こいつとの出会いはさかのぼること幼稚園の頃。家が近かったおれたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:群馬の彼女 必須要素: 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1536字
「うがんば、でこ、ばばば」目の前の男から急に話しかけられた我々撮影隊は恐怖していた…!男の服装は腰みのに動物の頭蓋骨を加工した首飾り、そしてその右手には黒曜石の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:どこかの小説 必須要素:文学フリマ 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1504字
子供のころから、僕は本が好きだった。ページをめくれば、かっこいいヒーローの活躍。いろいろな人間模様、恋や悩みは絶望や、もちろんそれ以上の希望だって文字から僕は感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:たった一つの熱帯魚 必須要素:織田信長 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1171字
年齢二十歳、大学生。体格は中肉中背、顔はかっこよくはないが整っている方だ。そんな平凡を絵に描いたような僕のひそかな趣味が、このペットショップめぐりだ。別段隠して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:ラストは雑踏 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1146字
ある冬の町で、僕は少し不思議なものに出会った。その日はとても冷え込んで、曇天から雪が降りしきり防寒具の手放せない一日だった。朝、仕事に行くために家を出た僕は行路 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:つまらない地獄 必須要素:冷え性 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1735字
陽の差し込まない地下の世界鬼火に照らされた赤い大地で、無数の亡者達がはびこっていた。ここは地獄、死後の世界だ。僕は周りの景色を見渡しながら歩いていた。周りの数十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い扉 ※未完
作者:トゥーディー お題:君の職業 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1060字
ここは町の住宅街の中、奥まった街路を進んだ先にある小さな建物だ。クリーム色したレンガ造りの外壁に、茶色の屋根が乗っている家屋。扉はまぶしい赤色で、やけに目立つ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:今年のむきだし 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1945字
見上げると青い空。さらに見回すと空の果てにはうっすらとだが雲が見える。半袖では吹いた風に少しの肌寒さを感じてしまう。あまりに心地いいはずの天気なのに、なぜ僕はこ 〈続きを読む〉