お題:遅すぎたカラス 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:461字

年始
郊外を走る高速道路の上で、一匹の黒い影が迷っていた。

高速道路上では無尽蔵の車が渋滞を形成している。
車種も車体の色もさまざまな切れ間ない列が、所狭しと道路を埋めていた。

時は年末年始、三が日を終えて帰省から帰った人々が高速道路を利用する。
人々はいらいらしながら列が進むのを待っていたが、黒い影はより切迫していた。

時期はもう冬、一匹のカラスはすでに冬本番を迎えるに当たり、木の実を一つ割ろうとしていた。
頭を使って車に割ってもらおうと道路に落としたカラスだったが、思わぬ事態に遭遇してしまう。

車が多すぎたのだ。

渋滞があるなどと、年が変わったことすら知らないカラスにとっては、予想だにしない出来事だった。

車が多すぎて回収に行けない。
隙間なく並ぶ車はひたすらカラスの邪魔をしていた。

目の前で通り過ぎる鈍足の車達の合間を縫って木の実のもとへ向かうが、先を急ぐ人々によってことごとく邪魔される。

カラスにできる唯一のことは、何度も車にひかれるたびに粉々になっていく木の実を見つめ続けることだけだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:赤い話 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:621字
俺には子供のころからの異名がある。 その名も≪算数のタカシ≫。まあ、由来は単純だ。 俺は子供のころから算数が得意だった。 そろばんを習っていたわけでも、特別何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:未来の慰め 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1068字
僕は子供のころから世の中が嫌いだった。 程度の低い、けれども確かな悪意が蔓延する世界。それを苦にせず、有ろうことか他人に強いる人間。見聞きする世界は、ひどくゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1238字 評価:1人
子供を産むって言うのは、当たり前ですけど大変なことです。 二人の人間が愛し合ったり愛し合わなかったりして、新たな命を育む。 生命の神秘といえば聞こえがいいです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:大人の宿命 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:939字
月日は残酷に過ぎていくものだ。光陰矢のごとく。私の人生もまるで弓から放たれた矢のようにまっすぐ飛んで行った。生まれた瞬間を思い出そうとすると、頭の中にモヤがかか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:もしかしてダンジョン 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1015字
トンネルを抜けるとそこは……冷たい闇に満たされた洞窟だった。「いやいや、トンネルの中じゃないのか、ここ」そうひとり呟く。列車の中から見える風景は、むき出しの岩肌 〈続きを読む〉