お題:シンプルな青春 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1146字

青春の生き方
 青春といえば、日常であるか非日常であるかに別れるだろう。
 1人で生活するものや、グループ生活、カップル、サークル活動などなど。
 僕はといえば、
「……はぁ」
 誰もこない都市伝説研究会の新規メンバーを待ち続けるという日常。いや、非日常ともいえる。
 これはいわゆる誰もメンバーが増えない都市伝説になってるのではと最近は思うようになった。友だちはいるのに誘ってもあんまりいい顔をされないなぜだろう。
「うーん」
 サークル室のレイアウトの問題だろうか。
 六芒星やら、黒魔術に関わる触媒などなど、いろいろ家にあったものを発掘して持ってきて不気味さがあるからか?
 これを片付けるとなると手間はかかるし、都市伝説のかけらもなくなってしまうしなぁ……。
 いっそのこと違うサークルに入るのも青春かもしれない。
 ありもしない現実を追うのではなく、あって当然のシンプルな青春を送ることこそ大事なのかもしれない。
「メールしてみよ」
 料理研究部の友だちにメールを送るとすぐに帰ってきた。
『あなたが来てくれるとすっごく嬉しい。料理上手で家庭科でみんな憧れてたわ。ぜひ腕前を先輩方に披露して! ……』
 どんだけ長文書いてるんだというくらいに僕のことを褒めちぎる。他の部にも誘われてたはいるけれど、都市伝説を追いかけて磨いた技を一番扱えるのは料理しかない。
 仮にも僕も長女として世の中に羽ばたかないといけない青春も訪れる。
 いわゆる許嫁という古い習慣ではあるが、相手にへんだと思われるのもよくない。
「はぁ……」
 となれば、もうこの都市伝説を追ってきた半年は水の泡として忘れ去るしかない。あとは女性らしく品のあることを先輩たちから盗んでいこう。
 僕は僕だけの青春……と考えて高校に入学したが、あまい考えだった。
 残念だ。非常に残念だ。
 ならばと、サークルを解体する書類を作成し、部屋を片付けなければ。
 料理部に入部後、僕はいろいろなお菓子作りで街で受賞した。そして有名なパティシエからのお誘いまでくることになった。先輩方の薦めや、先生方の期待で僕はそのお誘いを受け卒業後、弟子になった。
 人生何があるかわからないなと思う反面、これで良かったのかなと思う。
 青春を満喫できたのかなと過去を振り返ることがなくなることはない。
 許嫁との関係はよく、仕事をするのも嫌な顔をしないいい人。僕にはおしいというくらいなものだ。
 なら、深く気にするのは失礼なことかもしれない。
 産まれてくる赤ん坊にも悪影響がでたら困る。
 僕のように青春という枠組みに困惑しないように育って欲しいし。

 ただネットでオカルトについて調べることだけは今でもやめられないのは、僕らしさなのかもしれない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
最後の矢 ※未完
作者:しょういち お題:シンプルな青春 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:530字
「よぉーっし!」背後から部員から声が聞こえた。三射連続当たりだ。高校生活最後の弓道全国大会地区予選、第一回目。三人一組で、一人四射で挑む。三人とも第一射目は当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな青春 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:704字
山というか裾野というかを走った。あまり時間が残されていないと思う。記憶を奪うという山の領域に置いて行かれて結構経っている。どうやったらここから何も失わず脱出で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:信用のない黒板 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:826字
嘘八百になった黒板を誰が管理してるのだろうかというと僕である。 ネタは教師の不倫や、学生同士のカップル、都市伝説などだ。真実の部分も多少あったりするが、大体は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:昨日食べた瞳 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:893字
今まで食べたものを記憶するということは不可能である。普通に考えて物心がつく前に食べたものを思い出せというのは酷というものだ。 まぁ……だからといって、記憶に無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未56 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:子供の就職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:657字
実際問題ーー使えない大人を排除することはいい法案だと思う。 国民投票……主に子供の票により、大人の生命が決まる。そこには悪も、正義もない。ただ純粋にこの人が役 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:昼の私 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1076字
明日の私へ 元気でいますでしょうか。 私は今新しい仕事場でお昼をとっています。周りには誰もいません。いつもと同じ公園で一人飯です。一応先輩社員に声をかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:清い光景 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1090字
四肢を取り除かれた肉は元の動物がわからないほどで、たとえこれが人間であると言われてもわからないものだ。それぐらい肉というのは食材としてわかっていない。 今日出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純白の風 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:891字
通学中何気なく見える純白の布切れは、これから始まる暇な授業を過ごす上で重要な記憶になる。坂道ということもあって自然に上を向けるからセクハラにはならない。いくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:すごい体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:964字
「父親が誰か気になるだって? それはたぶん知っちゃいけないことだよ」 彼は優しく頭を撫でてくる。「僕だって両親の顔は知らない。君のように片親だけでも知れてるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:傷だらけの弔い 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1032字
仲間が倒れた時、僕は側にいなかった。 もし、僕が側にいれば彼女は死ななかった。そう団長に意見すると、僕は殴られて部屋に軟禁されることになった。「……」 団長い 〈続きを読む〉