お題:シンプルな青春 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1146字

青春の生き方
 青春といえば、日常であるか非日常であるかに別れるだろう。
 1人で生活するものや、グループ生活、カップル、サークル活動などなど。
 僕はといえば、
「……はぁ」
 誰もこない都市伝説研究会の新規メンバーを待ち続けるという日常。いや、非日常ともいえる。
 これはいわゆる誰もメンバーが増えない都市伝説になってるのではと最近は思うようになった。友だちはいるのに誘ってもあんまりいい顔をされないなぜだろう。
「うーん」
 サークル室のレイアウトの問題だろうか。
 六芒星やら、黒魔術に関わる触媒などなど、いろいろ家にあったものを発掘して持ってきて不気味さがあるからか?
 これを片付けるとなると手間はかかるし、都市伝説のかけらもなくなってしまうしなぁ……。
 いっそのこと違うサークルに入るのも青春かもしれない。
 ありもしない現実を追うのではなく、あって当然のシンプルな青春を送ることこそ大事なのかもしれない。
「メールしてみよ」
 料理研究部の友だちにメールを送るとすぐに帰ってきた。
『あなたが来てくれるとすっごく嬉しい。料理上手で家庭科でみんな憧れてたわ。ぜひ腕前を先輩方に披露して! ……』
 どんだけ長文書いてるんだというくらいに僕のことを褒めちぎる。他の部にも誘われてたはいるけれど、都市伝説を追いかけて磨いた技を一番扱えるのは料理しかない。
 仮にも僕も長女として世の中に羽ばたかないといけない青春も訪れる。
 いわゆる許嫁という古い習慣ではあるが、相手にへんだと思われるのもよくない。
「はぁ……」
 となれば、もうこの都市伝説を追ってきた半年は水の泡として忘れ去るしかない。あとは女性らしく品のあることを先輩たちから盗んでいこう。
 僕は僕だけの青春……と考えて高校に入学したが、あまい考えだった。
 残念だ。非常に残念だ。
 ならばと、サークルを解体する書類を作成し、部屋を片付けなければ。
 料理部に入部後、僕はいろいろなお菓子作りで街で受賞した。そして有名なパティシエからのお誘いまでくることになった。先輩方の薦めや、先生方の期待で僕はそのお誘いを受け卒業後、弟子になった。
 人生何があるかわからないなと思う反面、これで良かったのかなと思う。
 青春を満喫できたのかなと過去を振り返ることがなくなることはない。
 許嫁との関係はよく、仕事をするのも嫌な顔をしないいい人。僕にはおしいというくらいなものだ。
 なら、深く気にするのは失礼なことかもしれない。
 産まれてくる赤ん坊にも悪影響がでたら困る。
 僕のように青春という枠組みに困惑しないように育って欲しいし。

 ただネットでオカルトについて調べることだけは今でもやめられないのは、僕らしさなのかもしれない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
最後の矢 ※未完
作者:しょういち お題:シンプルな青春 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:530字
「よぉーっし!」背後から部員から声が聞こえた。三射連続当たりだ。高校生活最後の弓道全国大会地区予選、第一回目。三人一組で、一人四射で挑む。三人とも第一射目は当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな青春 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:704字
山というか裾野というかを走った。あまり時間が残されていないと思う。記憶を奪うという山の領域に置いて行かれて結構経っている。どうやったらここから何も失わず脱出で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの処刑人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:282字
ぬるり。という表現が相応しいか。皮膚が爛れたような草臥れた顔の男が、縄を引いて歩いている。炎天下。ただでさえひょろ長い男のシルエットが、地面に長く長く黒を落とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:煙草とふわふわ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:904字
ぷかぷかと、鍋の中にはソーセージが2本浮かんでいた。昨日の晩にポトフを煮込んで、いたのは自分だったが、まさかこんな中途半端にやられるとは。はあ、と溜息をついて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
脱毛バトル ※未完
作者:匿名さん お題:女同士の脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:458字
これは戦争だ。 ここ、百合目学園では、年に一度の百合祭という学園祭が行われていた。学園祭と言っても、そこらへんのちゃちな学園祭とは一味違う。なんというか”ガチ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の任務 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:575字
2018年6月24日、東京に一人の少年が降り立った。何度も時間旅行を繰り返した彼にしてみると時間旅行による"時間旅行酔い"は慣れたものではあったが、21世紀都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独なロボット 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:582字
満員電車の中、その日一日あったことを思い出す。部下が遅刻、クライアントからの再三の無茶振り、機嫌が少し悪い上司とのランチ、ああ、なんだろう、つまらない。 一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京の男 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:135字
博はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」博は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて博はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日のゲストは雑草 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:891字
娘が雑草と話す。「今日ね、お父さんが帰ってこないんだ」 まるで生命がそこにあるように語る娘の姿は痛々しかった。それが少女が少女であるためにそうなってると理解し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:ありきたりな猫 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:741字
人を正しくするために必要なのは、人間という動物を理解することにある。なにがどうであれば、人間なのかを議論する必要がある。 二足歩行すれば人間か、言葉を話せれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:楽観的な音楽 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
気分を変えるために場所を変えるのは実のところめんどくさい。その場で気分爽快になるのが一番であり、移動に時間をかけるのは凄くアホらしい。頭だって有効期限がある。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犬の広告 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1025字
あるネットショッピングに犬ばかり広告がでるようになった。 こういうのは日頃から使ってる検索ワードで引っかかるらしいのだが家に犬はいない。誰かがパソコンを使って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:禁断の狸 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:824字
「今日は会えるかな?」「どうだろう。たぬきが好きな餌は罠にしかけたから、上手くいけば……」 彼は手元の携帯端末を覗き、「センサー的にはなにかを捕まえったぽい」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たべ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:フニャフニャのうどん 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:621字
食べ物を粗末に扱わないのは基本中の基本であるが、熱いものが熱く出てくるのはどうかと思う。 熱々の出来上がりが一番美味しいのはわかる。ジャンクフードは冷めると美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゆめ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:安全な朝日 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:888字
「おはよう」「……君はだれ?」 目の前にいるのは、知らない少女。 そして見知らぬ土地。空気でさえ触れたことのない冷たさを持ってた。「夢の中でずっと会ってるのにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人の苗 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:愛と憎しみの愛人 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:761字
人肌が恋しくて、人の苗を購入した。 選んだものは栽培用といって、土に植える塊だ。 にょきにょきと人が土から育ってく。 しゃべることもできるため、会話用、相談用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:燃える料理 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:860字
「これ……なに入ってるの?」 彼女に渡された弁当箱には見たこともない色をした食べ物じゃないなにかが見えた。明らかに人間が口にしていいようなものじゃない。実験した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:出来損ないの巨人 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:645字
生まれてすぐ死んでしまう生物ーーそれが巨人。悪臭ばかりが人間の認識として残る。 巨人はかつて地球上で生活しており、その証拠として遺跡、化石が多数残ってる。 D 〈続きを読む〉