お題:シンプルな青春 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1146字

青春の生き方
 青春といえば、日常であるか非日常であるかに別れるだろう。
 1人で生活するものや、グループ生活、カップル、サークル活動などなど。
 僕はといえば、
「……はぁ」
 誰もこない都市伝説研究会の新規メンバーを待ち続けるという日常。いや、非日常ともいえる。
 これはいわゆる誰もメンバーが増えない都市伝説になってるのではと最近は思うようになった。友だちはいるのに誘ってもあんまりいい顔をされないなぜだろう。
「うーん」
 サークル室のレイアウトの問題だろうか。
 六芒星やら、黒魔術に関わる触媒などなど、いろいろ家にあったものを発掘して持ってきて不気味さがあるからか?
 これを片付けるとなると手間はかかるし、都市伝説のかけらもなくなってしまうしなぁ……。
 いっそのこと違うサークルに入るのも青春かもしれない。
 ありもしない現実を追うのではなく、あって当然のシンプルな青春を送ることこそ大事なのかもしれない。
「メールしてみよ」
 料理研究部の友だちにメールを送るとすぐに帰ってきた。
『あなたが来てくれるとすっごく嬉しい。料理上手で家庭科でみんな憧れてたわ。ぜひ腕前を先輩方に披露して! ……』
 どんだけ長文書いてるんだというくらいに僕のことを褒めちぎる。他の部にも誘われてたはいるけれど、都市伝説を追いかけて磨いた技を一番扱えるのは料理しかない。
 仮にも僕も長女として世の中に羽ばたかないといけない青春も訪れる。
 いわゆる許嫁という古い習慣ではあるが、相手にへんだと思われるのもよくない。
「はぁ……」
 となれば、もうこの都市伝説を追ってきた半年は水の泡として忘れ去るしかない。あとは女性らしく品のあることを先輩たちから盗んでいこう。
 僕は僕だけの青春……と考えて高校に入学したが、あまい考えだった。
 残念だ。非常に残念だ。
 ならばと、サークルを解体する書類を作成し、部屋を片付けなければ。
 料理部に入部後、僕はいろいろなお菓子作りで街で受賞した。そして有名なパティシエからのお誘いまでくることになった。先輩方の薦めや、先生方の期待で僕はそのお誘いを受け卒業後、弟子になった。
 人生何があるかわからないなと思う反面、これで良かったのかなと思う。
 青春を満喫できたのかなと過去を振り返ることがなくなることはない。
 許嫁との関係はよく、仕事をするのも嫌な顔をしないいい人。僕にはおしいというくらいなものだ。
 なら、深く気にするのは失礼なことかもしれない。
 産まれてくる赤ん坊にも悪影響がでたら困る。
 僕のように青春という枠組みに困惑しないように育って欲しいし。

 ただネットでオカルトについて調べることだけは今でもやめられないのは、僕らしさなのかもしれない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の女の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:781字
東京の人はみんな冷たいと、家を出る時に言われた。半年ほど過ごしてみて、その言葉は間違いではなかったと思うと同時に、冷たいけれど、温かみのある冷たさもあるのだと分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ道団長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:932字
病気の広がりというのはわかりやすいものだ。 自分がある被験者になってるのもあり、水たまり1つ1つに数滴の血を混ぜるだけで、虫や動物、人間がそれに触れる。 そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:憧れのパイロット 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1130字
人間には支配欲というものがある。 もちろん、私にもある。あの娘が欲しい。これは絶対に消えることのない感情。 私の欲望は日に日に強くなる一方で、あの娘の回りにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:シンプルな青春 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1146字
青春といえば、日常であるか非日常であるかに別れるだろう。 1人で生活するものや、グループ生活、カップル、サークル活動などなど。 僕はといえば、「……はぁ」 誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ドイツ式の狼 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1105字
鬼ごっこというのは古来より存在してる遊びである。 だが、私が今見せられてるのは生きるか死ぬかの鬼ごっこ。 逃げ場のない闘技場の中をオオカミに食べられないように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:君の父 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1160字
君の父は世界を救ったと隣人に話され、学校で貴族のように扱われる。「私は別に本人じゃないよ?」「それでも今あるのはあなたのおかげでもあるのよ」 クラスメイトたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:昨日食べた錬金術 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:757字
食べ物を美味しいと感じたのはいつが最後だったろうか? 口に食べ物を入れた感触があったのはいつだった?「……」 自分はもう人間じゃないという自覚はあるが、食べる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:かっこいい僕 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1066字
兄という存在は立派でなければいけないと父は言っていた。 だが、僕は男ではないからそんなことはできないと言った。 それでも生まれた弟のために、兄になりなさいとさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:永遠の妄想 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1150字
明日世界が滅びればいいのにと妄想に浸っても、現実はそうならない。「……」 窓から見える風景はいつもの赤い空。昔は青かったらしいけれど、爆弾とか化学兵器の影響で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
動く心臓 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:楽しかったふわふわ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1089字
少年は生きたいかと聞かれて、死にたいと答えた。「そう……じゃあ私のために生きなさい。せめて……ね」 朽ち果てかけた心臓は、魔術回路で動く少女によって再稼働させ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
地上 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:当たり前の春 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:762字
春がくるということは、とても長い冬が終わったということだ。 この世界に四季があったのは遥か昔のこと。 今ではアイスエイジといえる極寒の冬が年の9ヶ月を占め、3 〈続きを読む〉