お題:冬の家 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:519字
[削除]

childlish
 舞い降りる雪が世界を白く染め上げる。私ーー彩月原 杏花ーーは、窓から視線をはずすと、ココアを再び飲み始めた。先ほど外から帰ってきたばかりなので、まだ体が暖まっていない。
 暖房をつけるのを忘れたせいで、部屋も寒い。冬景色は好きだが、気温が低いのは嫌いだ。
 なんとなく暇で、テレビを点ける。ソファーに座るだけでは寒いので、もふもふの毛布を膝掛けがわりにする。

(やっぱりこたつも買うべきだったかなぁ? でも、置き場に困っちゃうか)

 そうこうしているうちに部屋が暖かくなってきた。この季節は、天気が悪いので、友達と遊ぶこともあまりない。そのせいか、家がいつもより静かに感じる。独り暮らしを始めて何年か経つのに、まだこの静寂には慣れない。
 テレビでは、イルミネーションの紹介をしている。綺麗だとは思うが、見に行こうとは思わない。我ながらワガママだ。今さらなおす気もないが。
 少し自分勝手になってしまうこの時季。それならいっそ、自分用に創られた冬の家で、思う存分暴君になってみよう。
 




 きっと、素晴らしい思い出が、できるから。


                                       -fin-
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:緩やかな草 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2109字
目を開けると空。青々とした色彩が眼球を色鮮やかに刺激した。これほどまでに美しい目覚めは初めての体験だった。何せ野宿などした事がない私としては青空での目覚めは未経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:勇敢な私 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1708字
この世で苦手なものが二つある。オカルトとか残虐描写だ。私は幼稚園の頃、アニメの怖い場面を見てしまった事がある。暗い廊下で脅かされた事もある。怪談を聞いて夜眠れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:勇敢な私 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1220字
<人物>B男(13)学生A子(12)B男の同級生小太りの女子生徒(12)不良(14)<本文>○スクール教室 賑やかな休憩時間。 A子が多くの男子学生に囲まれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃谷 華 お題:記憶の瞳 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1613字
君は、いつだってそうだ。 俯きながら、それでもしっかりとこちらを睨みつけた少年が、私に言う。見覚えの無い、10歳ぐらいの少年。つやつやの少し赤みがかったこげ茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:阿修羅山 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2150字
年老いた男が奇怪なものを見る顔をした。だが、それは仕方がない事だ。「あんた正気かい」「そう言われても無理はないですね……」申し訳なさそうにそう言ったのは、いかに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:軽いにわか雨 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2137字
祖父が二週間前に亡くなった。葬式は親族間で慎ましく行われ、滞りなく埋葬まで済ませた。僕は学校から帰った後は体を動かすのが趣味だ。とにかく走ると忘れられる。怒られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:ありきたりな豪雨 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:401字
<人物>田村美子(40)バーの店主藤堂春樹(45)バーの客<本文>○バー「サファイア」店内客がいない店内。田村美子(40)がカウンターで酒を飲んでいる。藤堂春樹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2068字
目を開けると闇があった。薄暗い闇が空間を支配しているのを僕は感じた。明かりはない。明かりが見えない。闇だけだ。絶望的な孤独がこの世のどんな毒よりも蝕んだ。ただし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:黄色い挫折 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:378字
<人物>英雄(18)大学生豆代(16)英雄の彼女<本文>○公園家族連れが多い公園。英雄と豆代、ベンチに座っている。英雄、豆代から渡された弁当を広げる。弁当の中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:やわらかい殺人 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1367字
散らかった部屋の中に入ると、粘土状の死体があった。死体は人の形をしていたが、薄い橙色をした粘液の塊となっていた。ぬめった人の形がちゃぶ台から離れた位置で不自然に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの処刑人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:282字
ぬるり。という表現が相応しいか。皮膚が爛れたような草臥れた顔の男が、縄を引いて歩いている。炎天下。ただでさえひょろ長い男のシルエットが、地面に長く長く黒を落とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟なテロリスト 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:906字
「テロリスト」という言葉を聞いた事があるだろうか。 「テロリスト」とは、どんな奴らか。 多くの場合、民衆の恐怖を煽るのが目的であり、そのためどんな残酷な手段も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
脱毛バトル ※未完
作者:匿名さん お題:女同士の脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:458字
これは戦争だ。 ここ、百合目学園では、年に一度の百合祭という学園祭が行われていた。学園祭と言っても、そこらへんのちゃちな学園祭とは一味違う。なんというか”ガチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の任務 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:575字
2018年6月24日、東京に一人の少年が降り立った。何度も時間旅行を繰り返した彼にしてみると時間旅行による"時間旅行酔い"は慣れたものではあったが、21世紀都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独なロボット 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:582字
満員電車の中、その日一日あったことを思い出す。部下が遅刻、クライアントからの再三の無茶振り、機嫌が少し悪い上司とのランチ、ああ、なんだろう、つまらない。 一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の汁 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:1066字
アタシの母親は、料理上手なヒトだった。母さんが居たときは、毎日毎日食卓にはいくつもの料理が並んでいた。どんなに疲れて帰ってきても、母さんが作った夕飯を前にすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉