お題:団地妻の扉 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1014字
[削除]

鳴らない電話 ※未完
 まだ夏の日差しが残っている頃だった。夜には気温が下がるが、昼には衣服に汗の臭いが混じる。僕は長い夜を過ごした後、少しばかり酩酊した頭を日差しの中に横たえて、布団の中にまだ体をうずめていた。倦怠が唯一うっすらとでも実体を持つ季節。僕は布団の中で手を動かしては、自らを慰め続けていた。その手を伸ばし、強い日差しに透かすようにしてみると、つんと、鼻をさす匂いが漂ってくる。僕はそれを犬のように嗅ぎながら、電話を待っていた。彼女からの電話を待っていた。時間が過ぎていくのをとどめようとすることで早めようとしていた僕は、ただ一声を聞きたかったのだ。裸のまま外へ駆け出していきたいと僕は思う。その一声を聞いてから、裸のままで日差しを浴びてみたいと僕は思う。なぜそれが許されないのか。楽園時代には羞恥心がなかった。そうだとすれば、その楽園はむせ返るような栗の花の匂いがしただろうに。僕の頭が真っ白になる。僕は左手を使って、つまり、普段よりはずっと不慣れなやり方で、けれどもしっかりと、夢の内に果てた。持続する意識と、秘められた断絶。持続を装いながら、誰もが夏の日差しの中では意識を失っている。連続の内に静けさがあり、静けさの反動に興奮があった。誰もが体を震わせる時期。夏の終わりに子を宿せば、生まれてくるのは初夏になる。子供は生まれたとき冬の冷たさを知らず、秋のさみしさも知らない。春の豊饒の名残を味わい、夏の狂乱にどっぷりとつかる。夏、命は交尾して、繁殖する。十か月もの時を胎内で過ごすのは人間ぐらいなものだ。だけど、少なくとも、人間の論理の内では、子供を産むのは初夏が良い。僕たちはそのことを知っているのだ。
 僕の待っている電話は鳴らない。僕は鳴らない電話を待ち続けている。僕は電話を待っているのか、それとも、鳴らないことに耐えているのか。耐えるということは甘美でもある。罪を犯せば、もっと甘美だ。だがそれは罰せられる恐怖が常に魂を苛んでいるからである。罰せられてしまえば、その恐怖も終わりだ。終わってしまった恐怖は、もはや甘美ではない。続いている恐怖は甘美だ。その味を、僕たちは少しでも長く味わいたいと思う。犯罪者が逃走するのはその甘美を引き延ばすためだ。犯罪者が現場に戻るのは、その甘美が永遠に追放されることを防ぐためだ。僕たちは恐怖を忌避しながら、恐怖を求めてさまよう。罪を憎悪しながら、罪の刻印をわが身に刻み付けることを願う。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:愛すべき税理士 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:460字
正直僕は彼についてよく知っているわけではないが、彼は多くの人に愛されている。どこから話せばいいだろうか。一言で言うならば、まず人当たりが良い。とても穏やかな性格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:僕の嫌いな出会い 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:595字
僕は嫌いなあいつと、五年前に出会った。初めて会った時から、なんとなくだけど嫌いだった。どうして嫌いなのか、自分でもよくわからない。誰にでも優しくて、一人でなんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:つまらない机 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:262字
少年が使っている勉強机。 何の変哲もない机だ。 しかし、少年が寝静まると、このありふれた勉強机はあらゆる夢を見せる舞台に変貌する。 おもちゃ箱から、おもちゃた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:僕の床 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:264字
貧民街への入り口は目だたない所にあった。大都会の大通り、絶え間なく通り過ぎる人込みにかすんだ真っ黒に裂けた裏路地がそうであった。そこを通り抜けるとと豊かな世界 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカのうどん 必須要素:BMW 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:3407字
「今日はうどんにしようか」 僕の呟きに答える声はない。返ってきたのはコツコツと蹄がフローリングの床にぶつかる音だけだ。キッチンから振り返れば、白くボリュームのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい雨 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1332字
ぽつぽつと語り出した彼の目に、不思議な色が見えたこと。どうして見逃してしまったんだろうか。「ぼくはきみと出会った。ただそれだけのことですよ。これは偶然にして必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昔のお茶 必須要素:アンドロイド 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:2050字
このお茶、君は覚えているかな? うん、そう。確かこれだったよね。 あの時の君はあまり喋らなかったから、意志疎通もままならなくて大変だったんだよ? 「こらこら、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の土 必須要素:力士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:533字
私はその日の放課後も図書館にいた。本棚から適当に一冊手に取り、奥の窓辺の椅子に腰掛けた。指先で弄ぶようにしてぱらぱらと本のページをめくる。胸の高鳴りを感じながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された昼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
「実はね、今は夜なのよ」「はあ?」 日の光が眩しく射している十二時過ぎ。誰に聞いても十中八九「昼」と答えるだろう典型的な昼に、彼女はそう言った。嘘を言っているよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い感覚 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:532字
これは昨夜見た夢の話だ。 20XX年、地球は未来からのタイムトラベラーと戦争をしていた。 スーパーマーケットの中で。 まあ、これは夢だからツッコミ禁止な! そ 〈続きを読む〉