お題:振り向けばそこにダンジョン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:654字

ダンジョン
感情を形にする力があったら、人間は他人のクオリアを理解できるだろうか?
哲学的な問いを投げかけても答えを誤魔化しただけで、あって意味はない。そもそもクオリアという単語の用途自体怪しいものだ。

剣を弾く。耳障りな金属の音が響く。
蹌踉めく相手の懐に飛び込み剣先を滑らせる。
ずぶり、ずぶり、と肉を引きちぎり剣は滑り込む。生暖かい血液が吹き出す。鼻腔は既に効きやしない。
どさり、と倒れた男を見下ろしてようやく息を忘れていたことに気づいた。

僕は剣士に憧れた。
そして、洗礼の儀式として冒険者のパーティーに参加した。
大人の証としてモンスターを討伐する洗礼の儀式で、まさか人間をはじめに討伐することになるなんて夢にも思わなかった。
少しパーティーメンバーの女性にちょっかいかけただけなのに……。
剣の血を拭き取り、金品を漁る。先程寝首を襲った二人の分も合わせるとかなりの収穫である。
やはり、日頃の行いがいいのだろう。

暫くして出発の支度をしていると、可笑しな音が響いてきた。
群で動く小動物の気配。そして、金属の音。
なるほど、血の匂いに誘われてモンスターがやってきたのか。おそらく鼠人間と言われるモンスターだろう。
いざ、走ろうと背を向けると気配がすぐ後ろに感じた。
ふと、振り返るとそこには先程殺したはずの冒険者の死体だった。裸に剥かれた女性の死体。首が皮一つで繋がったままなのに、恐ろしいほどの躍動感でしがみついてきた。
力任せに倒される。
振りほどこうとしても、動けずに、彼は死ぬことになる。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の女の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:781字
東京の人はみんな冷たいと、家を出る時に言われた。半年ほど過ごしてみて、その言葉は間違いではなかったと思うと同時に、冷たいけれど、温かみのある冷たさもあるのだと分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:932字
病気の広がりというのはわかりやすいものだ。 自分がある被験者になってるのもあり、水たまり1つ1つに数滴の血を混ぜるだけで、虫や動物、人間がそれに触れる。 そし 〈続きを読む〉

akishinohonobuの即興 小説


ユーザーアイコン
ハンバーグ ※未完
作者:akishinohonobu お題:出来損ないの弁当 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:776字
喉が渇いた。垂れてくる汗を拭いながら、少年はベンチに腰掛けた。手に持っているコンビニの袋から500mlのペットボトルを開ける。パシャ、と小気味の良い音がなお喉の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:振り向けばそこにダンジョン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:654字
感情を形にする力があったら、人間は他人のクオリアを理解できるだろうか?哲学的な問いを投げかけても答えを誤魔化しただけで、あって意味はない。そもそもクオリアという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:とびだせ悪 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:623字
真面目な人生は損だった。齢二十年目にしてようやく気づいた事実は、俺の根幹に深く染み渡った。辛い生き方に嫌気がさしても、元来の人の良さが出てしまう。嫌なことを嫌で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:ナウい小説新人賞 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:578字
小説というのは形を変えて進化してきた。言葉の繋がりが織りなす芸術の爆発。ビックバン。加速度的に成長する人知の結晶は、今やもはや誰の目にも明らかに暴走していた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:未熟なダンジョン 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:680字
「では、文化祭の出し物はダンジョンということになりました!」黒板にデカデカと書かれたアホみたいな内容に俺たちは言葉がなかった。「ダンジョンってなんだよ!」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:とてつもないユートピア 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:851字
限界なんてない。 男に生まれたからには据え膳食わぬば、の精神で挑戦してみて、3日で数十人ほど抱いた。朝も昼もない性欲にまみれた生活は、自身の限界を軽く超えた経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:昔のわずらい 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:468字
大人になんてなりたくなかった。大人はいいことがたくさんある、って言われた。金の自由、行動範囲の拡張、人間関係の拡大など。どこまでも自由に動ける様になる。まぁ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:つらい唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:677字
人間そっくりのロボットが出て来てから、人類は仕事を失った。誇張した、大半を失った。「だから、僕は仕事をしない」「ご主人さまはまたその様な妄言を」午後のテラスで紅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:知らぬ間の夕方 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:545字
社畜!!あまりにも社畜。世の中くそったれ! 全人類に呪いあれ! 経営陣全員小指を複雑骨折しろ! つか、辞職しろボケ!などと考えながら、怒りの力を振り絞って作業を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:突然のコンサルタント 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:642字
砂漠の中で一粒のダイアを探すごとき所業。人生とはそんな不毛の塊であるのではないだろうか。「なるほど、捉え方としては面白いと思われます」「でしょう?」俺は机に突っ 〈続きを読む〉