お題:振り向けばそこにダンジョン 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:654字

ダンジョン
感情を形にする力があったら、人間は他人のクオリアを理解できるだろうか?
哲学的な問いを投げかけても答えを誤魔化しただけで、あって意味はない。そもそもクオリアという単語の用途自体怪しいものだ。

剣を弾く。耳障りな金属の音が響く。
蹌踉めく相手の懐に飛び込み剣先を滑らせる。
ずぶり、ずぶり、と肉を引きちぎり剣は滑り込む。生暖かい血液が吹き出す。鼻腔は既に効きやしない。
どさり、と倒れた男を見下ろしてようやく息を忘れていたことに気づいた。

僕は剣士に憧れた。
そして、洗礼の儀式として冒険者のパーティーに参加した。
大人の証としてモンスターを討伐する洗礼の儀式で、まさか人間をはじめに討伐することになるなんて夢にも思わなかった。
少しパーティーメンバーの女性にちょっかいかけただけなのに……。
剣の血を拭き取り、金品を漁る。先程寝首を襲った二人の分も合わせるとかなりの収穫である。
やはり、日頃の行いがいいのだろう。

暫くして出発の支度をしていると、可笑しな音が響いてきた。
群で動く小動物の気配。そして、金属の音。
なるほど、血の匂いに誘われてモンスターがやってきたのか。おそらく鼠人間と言われるモンスターだろう。
いざ、走ろうと背を向けると気配がすぐ後ろに感じた。
ふと、振り返るとそこには先程殺したはずの冒険者の死体だった。裸に剥かれた女性の死体。首が皮一つで繋がったままなのに、恐ろしいほどの躍動感でしがみついてきた。
力任せに倒される。
振りほどこうとしても、動けずに、彼は死ぬことになる。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
噛み合う歯車 ※未完
作者:朱根標 お題:不思議な信仰 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:531字
僕の彼女は独特だ。彼女の朝は、イワシの頭の模型に祈りを捧げることから始まる。初めて見たときは勿論驚いて、いや家がそういう宗教なのだろうか、と問うてみたら。「イワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:孤独な笑い声 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:941字
声が聞こえてきた。小さな子どもの声だ。鳴いている。いや、泣いている。いや、哭いている。雑踏の中で掻き消えそうな。でも確かにその叫びは祈りはひしひしと私に突き刺さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ダイナミックな団欒 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:502字
段々と陽が沈んでいく。秋なら、私たち女性陣は眩しくて仕方なかっただろうけれど、年も明け春の気配が迫った今日は、もう日差しは席までは届いては来ない。 意外そうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた孤島 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
おなかが空いていたからと言って、あれはなかった。絶対、腹を下すってと誰かが止めていたらこうはならなかった。今朝は下痢を繰り返し、どんより不調だ。「おまえ、昨日 〈続きを読む〉

akishinohonobuの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:優秀な作家デビュー 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:594字
華々しいデビューになったと自分でも思う。 20歳で小説を書き上げてから四苦八苦して四作目。なんとか形になったと思ったので、投稿してみた。小説というものをあまり読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:出来損ないの大地 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:918字
人類はその生存領域を消失した。 度重なる戦争は、生物を○すことに特化していく。その連鎖は止まることがなくなった。進化は人類の制御を離れ、ついに星そのものを○す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:元気な映画 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:547字
死にたい、と考えて行動に移すことにする。実際に死ぬには何をしなければならないのか?全部捨てて死ぬこともできる。でも、未練がゼロというわけではない自分には出来ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:失敗のサラリーマン 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:622字
企業立ち上げて三年で倒産した。借金は桁の数が多すぎて吐き気がする。もはや、奴隷のような生活しか残っていないという事実。なんとか就職した会社。営業の仕事は肌に合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:522字
子供達は蜂起した。彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。「今年もクリスマスがやって来た」長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:激しい勇者 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:658字
「こんにちは!私の勇者様!」「なんで此処がわかった北の魔女さん?」彼女はにっこりと満面の笑みを浮かべる。「愛です」グラタンヌ大陸の中央に位置する王都ジャバジャバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:くさい冬 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:571字
刺激がなくただ腐るように過ごす。私は現状の自分をそんな風に思っていた。食べられもせず、炬燵に放置された蜜柑みたいに。孤独は毒となって蝕む。会社での愛想笑いが日常 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:魅惑のところてん 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:609字
「ところてんってなんだっけ?」友人は突然そんなことを言い出した。脈絡はなく、本当に明日暇? くらいの気軽さだった。「ところてんがどうしたんだよ?」「いや、ツイッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:思い出の帰り道 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:639字
父は厳格な人物だった。そして、加減の知らない人でもあった。何をするにしても父の意見を聞くのが、私の家でのルールであり、法であり、秩序だった。私が小学生の時に友人 〈続きを読む〉