お題:振り向けばそこにダンジョン 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:654字

ダンジョン
感情を形にする力があったら、人間は他人のクオリアを理解できるだろうか?
哲学的な問いを投げかけても答えを誤魔化しただけで、あって意味はない。そもそもクオリアという単語の用途自体怪しいものだ。

剣を弾く。耳障りな金属の音が響く。
蹌踉めく相手の懐に飛び込み剣先を滑らせる。
ずぶり、ずぶり、と肉を引きちぎり剣は滑り込む。生暖かい血液が吹き出す。鼻腔は既に効きやしない。
どさり、と倒れた男を見下ろしてようやく息を忘れていたことに気づいた。

僕は剣士に憧れた。
そして、洗礼の儀式として冒険者のパーティーに参加した。
大人の証としてモンスターを討伐する洗礼の儀式で、まさか人間をはじめに討伐することになるなんて夢にも思わなかった。
少しパーティーメンバーの女性にちょっかいかけただけなのに……。
剣の血を拭き取り、金品を漁る。先程寝首を襲った二人の分も合わせるとかなりの収穫である。
やはり、日頃の行いがいいのだろう。

暫くして出発の支度をしていると、可笑しな音が響いてきた。
群で動く小動物の気配。そして、金属の音。
なるほど、血の匂いに誘われてモンスターがやってきたのか。おそらく鼠人間と言われるモンスターだろう。
いざ、走ろうと背を向けると気配がすぐ後ろに感じた。
ふと、振り返るとそこには先程殺したはずの冒険者の死体だった。裸に剥かれた女性の死体。首が皮一つで繋がったままなのに、恐ろしいほどの躍動感でしがみついてきた。
力任せに倒される。
振りほどこうとしても、動けずに、彼は死ぬことになる。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:パンプキーナ・イトカ/欄橋 お題:魅惑の武器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:846字
誰しもが、己が魂を燃やすことに憧れを覚える。この世界ではそれが″生き様″であるからだ。だからこそ、人は消費することに全てを注ぐ。人は命を消費して生を得る。その法 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:わたしの嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:90字
来は肉を焼いていた。すると、なにやら変な鳴き声がきこえた。「なんだ、近くの鳥たちか。」疑問がはれて来はすっきりした。そして再び肉にもどった。火力をあげて夜を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:遅い豪雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:824字
梅雨のためにずいぶん前から準備をしてきた。屋根瓦は防水に変えたし、家の外壁は防水に変えたし、あらゆるドア、窓からすべて防水に変えた。つまり防水に変えたのだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:聖女ミスリア巡礼紀行 お題:許せない弁当 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:785字
笑われた。 クラスの友達に、女子に、果てはひそかに憧れていた間島さんにまで、俺は今日笑われてしまったのだ。 みんな口元を隠すなり顔をそらすなりしてたが、その気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろみ@雑多 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:592字
多ければ多いほどいいわけでもないというのはなにものにも適応される。指が片手に三十本ついていたなら、婚約指輪は三倍になるだろうし、料理をしたなら怪我をすることだろ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:環蜜虫 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:674字
「友達が失踪しました。助けてください」ヨウタ 投稿日:20xx年 3月30日 00:00 ID:e381a4e3818ee381afe3818ae381bee3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:190字
おれの右手ときたら全く抑えが効かない。 いつも気づいたら何かを手にしている。雑踏を抜けたら手に持っている。 りんご、財布その他諸々。 音もなく華麗にスる汚い盗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白脳世界 ※未完
作者:匿名さん お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:409字
そう…ここは足を運んだものが決して戻らないと名高い合宿所である。一種の心霊スポットのようなものだ。怖いもの見たさに足を運ぶものは多い。もちろん自分も、そういった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろみ@雑多 お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:644字
きしきしと床が鳴く旅館の廊下を歩きながら、チエとわたしは濡れた髪を拭いている。文芸部で、まさか電車に揺られて山道を歩くとは想像していなかった。この旅館は学生時代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環蜜虫 お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:458字
――電車がホームに到着した。見渡す限りの林。電車が去った後の景色を振り返ると、ほど近くに小さな山々が連なっていた。無人駅の改札を出ると、昭和の風景が渋々と言った 〈続きを読む〉

akishinohonobuの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:出来損ないの大地 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:918字
人類はその生存領域を消失した。 度重なる戦争は、生物を○すことに特化していく。その連鎖は止まることがなくなった。進化は人類の制御を離れ、ついに星そのものを○す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:元気な映画 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:547字
死にたい、と考えて行動に移すことにする。実際に死ぬには何をしなければならないのか?全部捨てて死ぬこともできる。でも、未練がゼロというわけではない自分には出来ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:失敗のサラリーマン 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:622字
企業立ち上げて三年で倒産した。借金は桁の数が多すぎて吐き気がする。もはや、奴隷のような生活しか残っていないという事実。なんとか就職した会社。営業の仕事は肌に合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:522字
子供達は蜂起した。彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。「今年もクリスマスがやって来た」長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:激しい勇者 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:658字
「こんにちは!私の勇者様!」「なんで此処がわかった北の魔女さん?」彼女はにっこりと満面の笑みを浮かべる。「愛です」グラタンヌ大陸の中央に位置する王都ジャバジャバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:くさい冬 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:571字
刺激がなくただ腐るように過ごす。私は現状の自分をそんな風に思っていた。食べられもせず、炬燵に放置された蜜柑みたいに。孤独は毒となって蝕む。会社での愛想笑いが日常 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:魅惑のところてん 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:609字
「ところてんってなんだっけ?」友人は突然そんなことを言い出した。脈絡はなく、本当に明日暇? くらいの気軽さだった。「ところてんがどうしたんだよ?」「いや、ツイッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:思い出の帰り道 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:639字
父は厳格な人物だった。そして、加減の知らない人でもあった。何をするにしても父の意見を聞くのが、私の家でのルールであり、法であり、秩序だった。私が小学生の時に友人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:素晴らしいドア 必須要素:400字以内 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:521字
境界線を引く。ペンを一つ。スッと滑らせて一線引き終えると自分の仕事に満足感に満たされた。絵を描き始めたのは彼女が大学生になってからだった。絵心はないと笑われた昔 〈続きを読む〉