お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:356字

突撃!俺んちの朝ごはん
俺には年の離れた弟がいる。
今日は弟と家に二人きりだ。
大人として、いや兄として、今日こそは格好いいところを見せたい。

まずはアラーム通りの6時に起床で朝食作り。献立はシンプルにご飯と味噌汁、そして焼き魚だ。
と思っていたが、
起きてみるとまさかの8時21分。スヌーズとアラーム停止を押し違えていた。
慌ててベッドから飛び出すと弟はもうダイニングのテーブルで待っていた。
寝癖だらけの俺に冷ややかな目線。
いや、まだまだだ。こんなのは些細なミスだ。
まだ巻き返せるはず。
いける。
30分後、テーブルにはおかゆのようなご飯と明らかに量が少ない味噌汁、爆発して跡形もない焼き魚の残骸が並んだ。
弟にぽんと肩を叩かれる。
「だいじょうぶ、次があるって」
俺は涙を浮かべてうなずいた。

俺20歳、弟7歳の出来事だ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
大人の兄 ※未完
作者:Kazuya Ayase お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:259 人 文字数:569字
暗闇がすぐそこまで迫っていた。 周囲を木々に囲まれた山道に二つの小さな影。 「お兄ちゃん……ここどこ……?」 片方の少年が不安そうな声をあげる。その声は心なし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:パンプキーナ・イトカ/欄橋 お題:魅惑の武器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:846字
誰しもが、己が魂を燃やすことに憧れを覚える。この世界ではそれが″生き様″であるからだ。だからこそ、人は消費することに全てを注ぐ。人は命を消費して生を得る。その法 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:わたしの嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:90字
来は肉を焼いていた。すると、なにやら変な鳴き声がきこえた。「なんだ、近くの鳥たちか。」疑問がはれて来はすっきりした。そして再び肉にもどった。火力をあげて夜を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:遅い豪雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:824字
梅雨のためにずいぶん前から準備をしてきた。屋根瓦は防水に変えたし、家の外壁は防水に変えたし、あらゆるドア、窓からすべて防水に変えた。つまり防水に変えたのだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:聖女ミスリア巡礼紀行 お題:許せない弁当 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:785字
笑われた。 クラスの友達に、女子に、果てはひそかに憧れていた間島さんにまで、俺は今日笑われてしまったのだ。 みんな口元を隠すなり顔をそらすなりしてたが、その気 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:しろみ@雑多 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:592字
多ければ多いほどいいわけでもないというのはなにものにも適応される。指が片手に三十本ついていたなら、婚約指輪は三倍になるだろうし、料理をしたなら怪我をすることだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環蜜虫 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:674字
「友達が失踪しました。助けてください」ヨウタ 投稿日:20xx年 3月30日 00:00 ID:e381a4e3818ee381afe3818ae381bee3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:190字
おれの右手ときたら全く抑えが効かない。 いつも気づいたら何かを手にしている。雑踏を抜けたら手に持っている。 りんご、財布その他諸々。 音もなく華麗にスる汚い盗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白脳世界 ※未完
作者:匿名さん お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:409字
そう…ここは足を運んだものが決して戻らないと名高い合宿所である。一種の心霊スポットのようなものだ。怖いもの見たさに足を運ぶものは多い。もちろん自分も、そういった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろみ@雑多 お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:644字
きしきしと床が鳴く旅館の廊下を歩きながら、チエとわたしは濡れた髪を拭いている。文芸部で、まさか電車に揺られて山道を歩くとは想像していなかった。この旅館は学生時代 〈続きを読む〉

響木の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:響木 お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:356字
俺には年の離れた弟がいる。今日は弟と家に二人きりだ。大人として、いや兄として、今日こそは格好いいところを見せたい。まずはアラーム通りの6時に起床で朝食作り。献立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狩人ごっこ ※未完
作者:響木 お題:ドイツ式の狼 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:295字
遠吠えが聞こえた。ここらが潮時か。読みかけの聖書を閉じ駅への道を急いだ。おれがこの山奥の町にわざわざやってきたのは、ある奇妙な噂を聞いてのことだ。N県T市には鬼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:フハハハハ!それは会話 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:254字
…………。……………………。……………………………………………。「……あのさ」「……な、何」「えと……す、好きなたべものはなんですか?」「…………」「……、あ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:見知らぬ嘘 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:176字
Amazonのカスタマーレビューも、あなたへのおすすめ動画も、楽して稼げるバイトの広告も、ぜぇんぶ、大嘘。ブラウザを開けばいつでも、見知らぬ嘘のオンパレード。ネ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:224字
授業終了まであと27分。窓の外、大通りには桜が舞っている。その歩道の片隅に猫を見つけた。種類は確か、ロシアンブルー。その青い瞳と目があった。瞬間、寒気にもにた高 〈続きを読む〉