お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:356字

突撃!俺んちの朝ごはん
俺には年の離れた弟がいる。
今日は弟と家に二人きりだ。
大人として、いや兄として、今日こそは格好いいところを見せたい。

まずはアラーム通りの6時に起床で朝食作り。献立はシンプルにご飯と味噌汁、そして焼き魚だ。
と思っていたが、
起きてみるとまさかの8時21分。スヌーズとアラーム停止を押し違えていた。
慌ててベッドから飛び出すと弟はもうダイニングのテーブルで待っていた。
寝癖だらけの俺に冷ややかな目線。
いや、まだまだだ。こんなのは些細なミスだ。
まだ巻き返せるはず。
いける。
30分後、テーブルにはおかゆのようなご飯と明らかに量が少ない味噌汁、爆発して跡形もない焼き魚の残骸が並んだ。
弟にぽんと肩を叩かれる。
「だいじょうぶ、次があるって」
俺は涙を浮かべてうなずいた。

俺20歳、弟7歳の出来事だ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
大人の兄 ※未完
作者:Kazuya Ayase お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:569字
暗闇がすぐそこまで迫っていた。 周囲を木々に囲まれた山道に二つの小さな影。 「お兄ちゃん……ここどこ……?」 片方の少年が不安そうな声をあげる。その声は心なし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:薄汚い男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:436字
「今、幕が上がる。」そう、君が呟いた。次の瞬間、目の前には薄汚い男たちが一斉に中央の塔に向かって走る。わけが分からないまま、その光景を眺める。薄汚い男たちは、汗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:孤独な笑い声 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:941字
声が聞こえてきた。小さな子どもの声だ。鳴いている。いや、泣いている。いや、哭いている。雑踏の中で掻き消えそうな。でも確かにその叫びは祈りはひしひしと私に突き刺さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:イギリス式の花 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:860字
美化委員会が学園の手腕を握るのはおそらくイギリス仕様にした学園のデザインによるもの。 文化祭でいったことのある妹の学校はドラマや、アニメなどに出てくるよくある 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な冬 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:311字
世間は大掃除も終えて、後はいよいよ新年を待つだけとなった。しかし、その青年は夜も更けているというのに、未だ何かをやり残したような顔でいる。「もう年が明けちゃうよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した列車 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:482字
俺の彼女だった愛佳は、電車が好きだった。いつも一緒にデートプランを考えていたが、最後は決まって夕方であるこの時間でこの丘を通過する電車を見ることになっていた。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ダイナミックな団欒 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:502字
段々と陽が沈んでいく。秋なら、私たち女性陣は眩しくて仕方なかっただろうけれど、年も明け春の気配が迫った今日は、もう日差しは席までは届いては来ない。 意外そうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた孤島 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
おなかが空いていたからと言って、あれはなかった。絶対、腹を下すってと誰かが止めていたらこうはならなかった。今朝は下痢を繰り返し、どんより不調だ。「おまえ、昨日 〈続きを読む〉

響木の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:響木 お題:大人の兄 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:356字
俺には年の離れた弟がいる。今日は弟と家に二人きりだ。大人として、いや兄として、今日こそは格好いいところを見せたい。まずはアラーム通りの6時に起床で朝食作り。献立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狩人ごっこ ※未完
作者:響木 お題:ドイツ式の狼 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:295字
遠吠えが聞こえた。ここらが潮時か。読みかけの聖書を閉じ駅への道を急いだ。おれがこの山奥の町にわざわざやってきたのは、ある奇妙な噂を聞いてのことだ。N県T市には鬼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:フハハハハ!それは会話 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:254字
…………。……………………。……………………………………………。「……あのさ」「……な、何」「えと……す、好きなたべものはなんですか?」「…………」「……、あ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:見知らぬ嘘 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:176字
Amazonのカスタマーレビューも、あなたへのおすすめ動画も、楽して稼げるバイトの広告も、ぜぇんぶ、大嘘。ブラウザを開けばいつでも、見知らぬ嘘のオンパレード。ネ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:響木 お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:224字
授業終了まであと27分。窓の外、大通りには桜が舞っている。その歩道の片隅に猫を見つけた。種類は確か、ロシアンブルー。その青い瞳と目があった。瞬間、寒気にもにた高 〈続きを読む〉