お題:幸福な策略 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:618字
[削除]

幸福な策略 ※未完
 待ち合わせのカフェには、30分も早く着いた。
 先に彼が来ていないことを確認してから、席に座り、ホットミルクを注文する。ホットミルクは心を落ち着けてくれるから好きだ。今みたいに緊張しているときには、なおさら飲みたくなる。
 そう、緊張している。
 それも無理もないと自分で思う。この日の為に1年間かけてきたのだ。
 カバンからお気に入りのピンクの手帳を取り出して見る。今日の日付のところに書き込んだハートマーク。ちょうど1年前に書き込んだ日に、彼とこうして待ち合わせできていること自体、努力の賜物と言って良いように思う。

 彼と出会ったのは1年前、大学2年生になって始めたバイト先のレストランでだった。
 バイトを始めたばかりの私に、指導係としてついたのが彼だった。
 彼の第一印象はそれほど良くなかった。少しずぼらなのか、髪に残った寝癖が気になったし、顔もタイプではなかった。でも、仕事を教わったり、雑談をしたりするうちに彼の優しさに惹かれていって、気付けば1日中彼のことを考えるようになっていた。話すうちに、同い年で同じ大学に在学していることも分かってより親近感を覚えるようになった。

となると、デートに誘うとか、告白するとか、世の中の女の子はそうするらしいのだけれど、私はそうはできなかった。
なにしろ自信がない。
顔も普通で、性格も明るくはない。こんな私を好きになってくれるはずがないと考えて、私は策略を立てることにした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ズレ(郵便受け) お題:幸福な策略 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:787字
屋上にて、ふと思いついた。「そうだ、幸せになろう」「は?」ずごご、と音を立てて紙パックのジュースを飲み干す友人が、気の抜けた声を上げていた。「いや、だからさあ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:戦争と男祭り! 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:456字
昔々、ある国に殿様がおってな。 その殿様は、ある悩みを抱えておったそうな。「のう、百姓どもを皆、兵にできぬのか?」「それはなりませぬ。そのような事をなされれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:賢い小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1384字
(今日は佐藤悠二さんの誕生日です)久々に開いたPCのディスプレイに表示されて、息を飲む。 何年か前に、悠二は死んだ。 酒も飲まずに夜を持て余していて、吸いたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:誰かは食堂 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:369字
昼の時間、学食が混雑する光景は、何処でも見られることだろう。 席の奪い合いが激化するのは、必然の事である。 一番――恐らく、誰しもが考えるのが、より早く食堂へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:日本霧 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:912字
真っ白な霧に覆われた道路を一両の車が走る。僅か先しか見渡せないほどに霧は濃く、まるで異世界に迷い込んでしまったかのような気分さえ車内の彼らに感じさせた。「ここ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:hoge お題:死にぞこないの錬金術 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:922字
陰鬱な黒い山脈を背に、その小屋は、ぽつんと立っていた。 私がこんな場所に来たのは、迷ったわけではなく、依頼を受けた為だ。 内容は、この小屋に住む錬金術師から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おかゆはガチャに課金しない お題:昼間の演技 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:739字
青い器に盛られたスープは透明感のある赤褐色で、まだ湯気を立てている。冷たく冷えた指先を器に押し当てて暖を取りながら、付けっ放しのテレビを眺め、レンジの中で未だ回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:黒い即興小説 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:465字
(公表された内容) ■■■■■、■■■■■■、■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:経験のない体験 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:654字
紺碧の海を臨む小さな村に、檜皮色の小さな教会が建っている。 その教会には、木彫りの聖母像があり、彫像は村の名物となっていた。 彫像は村の人々に大切にされてきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:遠い彼方 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:579字
宇宙人との接触。それは人類の見果てぬ夢だ。 我々は、過去何度も外宇宙へ探査船を送り、調査を続けてきた。 だが、未だにその夢は成就できずにいた。 もう何度目の打 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く始まり 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:441字
とある日に、はじめてコミケとやらに暇つぶしがてらに寄ってみた。とくに目的もなかったし、現地で仲間がいる訳でもなし早々に帰ろうと思っとったんだけど、輝く始まるって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな終身刑 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:587字
「船長、北に怪しい船があります。」若い船員が私を呼ぶ。私は船員から双眼鏡を受け取り、示された方角を確認した。「旋回する。あの船に近づいてはいけない。」私は直ちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の夜 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:480字
空が茜色に染まっていた。もうすぐ、日が落ちる。 僕は、冷え込みが激しくなってきた季節の空を恨めしく見上げて、マフラーに顔をうずめる。それでも露出した顔が、針に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのあるおっさん 必須要素:抜け毛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:381字
週に3回、18時からの4時間が私に割り当てられた仕事の時間だ。利用者数の多い都市部駅中のコンビニに暇な時間はない。大勢の他人が各々様々な品物を抱え列をなして私の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
送別会 ※未完
作者:匿名さん お題:生かされた宴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:410字
俺の送別会が昨晩、駅前の居酒屋で開催された。来週からは、全く土地勘のない地方で、全く経験のない仕事をすることになっている。今回の人事異動は完全に左遷人事だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:611字
「また、会えるよね?」 1人の少女は悲しいそうな表情で問いかける。「うん。サマーバケーションとか長い休みの日だけになるけどね」 腹をくくった様な表情でもう1人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:純粋な電車 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:772字
昔のことで、記憶が朧気だけれどたしか夢でみたんだ。あれはたしかこんな話だったとおもう。夢のなかでは割と普通に忌みきらわれている電車があって、それはただただ絶望し 〈続きを読む〉