お題:幸福な策略 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:618字
[削除]

幸福な策略 ※未完
 待ち合わせのカフェには、30分も早く着いた。
 先に彼が来ていないことを確認してから、席に座り、ホットミルクを注文する。ホットミルクは心を落ち着けてくれるから好きだ。今みたいに緊張しているときには、なおさら飲みたくなる。
 そう、緊張している。
 それも無理もないと自分で思う。この日の為に1年間かけてきたのだ。
 カバンからお気に入りのピンクの手帳を取り出して見る。今日の日付のところに書き込んだハートマーク。ちょうど1年前に書き込んだ日に、彼とこうして待ち合わせできていること自体、努力の賜物と言って良いように思う。

 彼と出会ったのは1年前、大学2年生になって始めたバイト先のレストランでだった。
 バイトを始めたばかりの私に、指導係としてついたのが彼だった。
 彼の第一印象はそれほど良くなかった。少しずぼらなのか、髪に残った寝癖が気になったし、顔もタイプではなかった。でも、仕事を教わったり、雑談をしたりするうちに彼の優しさに惹かれていって、気付けば1日中彼のことを考えるようになっていた。話すうちに、同い年で同じ大学に在学していることも分かってより親近感を覚えるようになった。

となると、デートに誘うとか、告白するとか、世の中の女の子はそうするらしいのだけれど、私はそうはできなかった。
なにしろ自信がない。
顔も普通で、性格も明るくはない。こんな私を好きになってくれるはずがないと考えて、私は策略を立てることにした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ズレ(郵便受け) お題:幸福な策略 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:787字
屋上にて、ふと思いついた。「そうだ、幸せになろう」「は?」ずごご、と音を立てて紙パックのジュースを飲み干す友人が、気の抜けた声を上げていた。「いや、だからさあ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:傷だらけの悲しみ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:3701字
戦闘の傷跡 ――旅を始めるときは、こんな結末になるなんて思わなかった。「世界を見て回って、いろいろなものに触れて、大きくなって帰ってくるよ」 最後まで心配してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:危ないフォロワー 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3010字
SNSサービス、ツイッターやmixi。最近ではインスタグラムなどが有名だろうか。手軽に自身の考えや出来事を不特定大多数の人に見せることができるツールとして様々 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なし ※未完
作者:鰐人 お題:早すぎた失望 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1540字
「君はどこに行くのかね?」 フェリーがゆったりと揺れるのを感じる。ここは二等船室。いわゆるタコ部屋だ。僕は一番隅に陣取っている。暇つぶしに持ってきた文庫本は、思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2067字
なつきは占いが好きで、その日あったいいことも悪いことも全部運命によって決められていることだと信じていた。だからテスト前は「勉強なんてしなくても良い点取れるかど 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
運命の門 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1106字
庭園の小さな裏門は、昔から「運命の門」と呼ばれていた。曽祖父の曽祖父か、祖父の祖父かがそう名前をつけたのだと、祖父が言っていたのを思い出す。祖父がまだ小さかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
住人 ※未完
作者:あかす〜/小ライス お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:866字
窓は開けていないのに、鉄製の風鈴が鳴る。エアコンの風を受けたせいだと気づくのには、それほど時間はかからなかった。目を向けた先には、埃でまだらに汚れたカーテンと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:黒尽くめの屍 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3298字
男が三人、路地裏を走っていた。その三人はどうしても逃げなければならない。暗殺に失敗すれば当然殺される。暗殺、という言葉はそのために存在しているのだ。弱者が強者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:天才の机 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1690字
雨がシトシト、雨樋を叩く。明るい灰色の雲に覆われた今日であるが、死んだじいちゃんの一周忌だった。じいちゃんはばあちゃんを若くして亡くし、1年前の今日まで介護機と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:ひねくれた整形 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:3039字
母が整形してキュアブロッサムみたいになりたいと言い出した。「……」「……」 築40年を超える木造の二階建て。一階にある小さなキッチンには沢山の思い出が詰まって 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉