お題:幸福な策略 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:618字
[削除]

幸福な策略 ※未完
 待ち合わせのカフェには、30分も早く着いた。
 先に彼が来ていないことを確認してから、席に座り、ホットミルクを注文する。ホットミルクは心を落ち着けてくれるから好きだ。今みたいに緊張しているときには、なおさら飲みたくなる。
 そう、緊張している。
 それも無理もないと自分で思う。この日の為に1年間かけてきたのだ。
 カバンからお気に入りのピンクの手帳を取り出して見る。今日の日付のところに書き込んだハートマーク。ちょうど1年前に書き込んだ日に、彼とこうして待ち合わせできていること自体、努力の賜物と言って良いように思う。

 彼と出会ったのは1年前、大学2年生になって始めたバイト先のレストランでだった。
 バイトを始めたばかりの私に、指導係としてついたのが彼だった。
 彼の第一印象はそれほど良くなかった。少しずぼらなのか、髪に残った寝癖が気になったし、顔もタイプではなかった。でも、仕事を教わったり、雑談をしたりするうちに彼の優しさに惹かれていって、気付けば1日中彼のことを考えるようになっていた。話すうちに、同い年で同じ大学に在学していることも分かってより親近感を覚えるようになった。

となると、デートに誘うとか、告白するとか、世の中の女の子はそうするらしいのだけれど、私はそうはできなかった。
なにしろ自信がない。
顔も普通で、性格も明るくはない。こんな私を好きになってくれるはずがないと考えて、私は策略を立てることにした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ズレ(郵便受け) お題:幸福な策略 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:787字
屋上にて、ふと思いついた。「そうだ、幸せになろう」「は?」ずごご、と音を立てて紙パックのジュースを飲み干す友人が、気の抜けた声を上げていた。「いや、だからさあ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2068字
目を開けると闇があった。薄暗い闇が空間を支配しているのを僕は感じた。明かりはない。明かりが見えない。闇だけだ。絶望的な孤独がこの世のどんな毒よりも蝕んだ。ただし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:黄色い挫折 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:378字
<人物>英雄(18)大学生豆代(16)英雄の彼女<本文>○公園家族連れが多い公園。英雄と豆代、ベンチに座っている。英雄、豆代から渡された弁当を広げる。弁当の中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:やわらかい殺人 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1367字
散らかった部屋の中に入ると、粘土状の死体があった。死体は人の形をしていたが、薄い橙色をした粘液の塊となっていた。ぬめった人の形がちゃぶ台から離れた位置で不自然に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:鳥のもこもこ 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1864字
若い女が一人。籠の中を眺めている。「もこもこ〜、もこもこ〜ごはんだよ〜。もこもこ〜、もこもこ〜ご飯だよ」奇妙な鼻歌を歌いながら籠のなかを恵理は見ていた。セキセイ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:今日の失望 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1887字
長時間机に向かっていると体が訛る。といっても学生やリーマンの話ではない。文章を作る時の話だ。僕は沖。しがない作家だ。恋愛、SF、ホラーとジャンルは問わないがいろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にしのりんご お題:記憶の発言 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:795字
多分ここが地獄なんだろう。僕の神様は罰しないから、代わりにとは思うけれど、よくよく考えれば面白半分なのか。……なんて言ったけれど、実際のところ僕以外の人間の感覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:紅茶と光景 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1802字
郵便ポストを見て仰天する体験なんて後にも先にも今回だけだろう。上品な便箋。上品な封筒。こんな上流階級が仲の良い人だけの文通に使うような紙でしたためた手紙など今後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:鈍い消しゴム 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1258字
<人物>大木拓也(23)営業背戸正臣(25)拓也の先輩・営業社員A女子社員<本文>○電車 通勤で混雑している満員電車。 大木拓也(23)が吊革にぶら下がり、ウト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:絶望的な酒 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1789字
大都会の小さなネオンが中年の男の顔を照らしていた。中肉中背で、顔だけが初老の様にしわくちゃで頬に小さな古傷のあとが残っている。表情そのものは穏やかだが、黒いスー 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
未来予想図 ※未完
作者:匿名さん お題:絵描きのガールズ 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1001字
全員「今日は私達お絵かきガールズが、中国によるにっぽんの潰し方を描いちゃいまーす」画伯A「じゃあ最初の絵は私からぁ。まずはぁ、アメリカがにっぽんを見捨てちゃいま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早い靴 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:820字
「うー遅刻遅刻!」 食パンを齧りながら、慌てた様子で街角を走り抜けていく少女。 その少女が交差点に差し掛かったときだ。 ちょうど少女と同じように登校中で、タイミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白脳世界 ※未完
作者:匿名さん お題:群馬の小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:409字
そう…ここは足を運んだものが決して戻らないと名高い合宿所である。一種の心霊スポットのようなものだ。怖いもの見たさに足を運ぶものは多い。もちろん自分も、そういった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の汁 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:717字
傘を差すほどでもない、静かな霧雨なのだろう。今日のお客は皆しっとりと濡れている。そんな中、彼女は1滴も濡らさずにやってきた。小雨でもきちんと傘を差す女は、いい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の就職 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:749字
運転手のいなくなったトラックには運よくカーナビがあって、どこを通ってきたか残されていた。外国語は全くわからないなりに適当に操作してもと来た道を辿る。少し走ると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:1785字
私はため息をついた。だいたいの検討だが、これからもずっと私の話は全く聞き入れてもらえないだろう。全くもって楽観的な予測をする気になれない。私を捕えた厳つい警官 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:嘘のアパート 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:832字
いつもの学校の帰り道、私はいつもの通学路を歩いていた。現在は午後の4時半。学校に残っている人もいるだろうが、私は部活もやっていないので帰宅している。友達を待つこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい私 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:456字
「せんぱーい、スマホ、鳴ってますけど」 声かけ空しく、先輩のスマホは細かに机を叩き殴り、終いには向こう側へ落ちて見えなくなってしまった。「せんぱーい、スマホ、う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の狙撃手 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:277字
どうにも現実を見ることができない。手に届く範囲にあるわけがないのに、どうにか手に入れようと必死になって、これさえ手に入れれば、幸せになれるはずと。届いた憧れには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:280字
ウィィィィン…………。 静かな空間に切断機の音が響く。やがてその音は濁り、びちゃびちゃと水分の多いものが飛び散る音が混じる。そしてその音も止まりまた静かな空間 〈続きを読む〉