お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2067字

ウルトラミラクルゴッドネスフューチャー
 なつきは占いが好きで、その日あったいいことも悪いことも全部運命によって決められていることだと信じていた。だからテスト前は「勉強なんてしなくても良い点取れるかどうかは運命によって既に決められているから」といってまったく勉強していなくて、案の定殆どの科目で赤点を取っていた。

「いやまあ実際今日の運勢最悪だったし仕方ないよね」

 とテスト結果の発表の日に言っていたが、試験当日には「今日めっちゃ占いの結果良かったから期待できるよ」と言っていたのを私は覚えているし、発表の日の運勢でテスト結果が影響受けるのはどういう理屈なんだと思ったが、本人は真剣に考えているようで特に何も言わないでいておいた。

 彼女の占い好きは彼女の中だけで完結しているようで、「信じないなら信じなくても別にいい」というスタンスで占いの結果を周りに押し付けるようなことはしなかったし、事実私も「そういうの別に信じていない」というと彼女はそれ以降私にうるさく言ってくるようなことはなかったし、迷惑を被ったこともなかったので普段から彼女の占い信奉に関して特に言うことはなかった。
 試験前に占いを理由にして勉強しなかったときは流石に「勉強しておかないと受かるものも受からない」と言ったのだが、彼女は「そうなったらそういう運命だったってことだよ」と聞く耳を持たなかったのであった。

「さすがにこんだけ赤点あるのは厳しいよねー」

 図書館にあるPCから自分の試験結果を確認した後、めんどくさそうな顔でそう呟いた。

「だから勉強しろってあれほど言ったのに。なんにもやってないんだからそうなるのは当たり前でしょ」

「いやいや、だから頑張ったところで結果は決まってるんだって。私が勉強しなかったことは別に関係ないの」

 お前が勉強してなかったことしか関係ないだろ、と言おうと思ったが、今の彼女に何を言おうとしても響かなさそうなので辞めておいた。そんな考え方でよく大学まで来れたよなぁとしみじみ思うが、「高校までは勉強なんてしなくてもなんでもできたけど、大学はそうはいかなかった」と高校の先輩が言っていたのを聞いたことがあったし、彼女もそういうたぐいなんだろうと思っていた。

 それより夏休みの旅行の話しよう、とこの話題を早々に打ち切り、ガイドブック取ってくるから待ってて、と書架の方に向かって行った彼女の後ろ姿を見ながら、真剣に彼女は卒業できるのだろうかと考えていた。

 それから数ヶ月が経ち、後期の試験が近づいてきてみんなが過去問探しに奮闘したり図書館にこもりだしたりし始めた頃、なつきは図書館で勉強している私をわざわざ探し出して「今日帰りカラオケ行かない?」と誘ってきたのだった。

「いや、勉強するからムリ。ていうかあんたはしなくて大丈夫なの?」

「しなくて大丈夫っていうか、してもしなくても大丈夫っていう感じだから」

 試験前のピリピリしてきた図書館のなかであっけらかんと言う彼女を見て、こいつみたいに生きれたらある意味幸せなんだろうなぁと思ったが、普通に考えると不幸すぎるなぁとも思い、流石にこのままじゃかわいそうだと思って反論してみた。

「いや、そう言うけどこのままじゃまた赤点ばっかになると思うよ。私も付き合うから一緒に勉強しようって」

「大丈夫大丈夫。勉強してるなら邪魔しても悪いし帰るよ」

 と言って帰ろうとしたので、ちょっとまって、と呼び止め私は手元にあるレジュメに書かれている参考資料を付箋にメモし、彼女に渡した。

「ごめん、悪いんだけど、もう帰るならその前にこの資料だけ取ってきてくれないかな」

 なつきは、いいよ、と快諾してくれ、カバンを私の横において少し離れた書架まで取りに行ってくれた。

「はい、これでいい?」

「ありがとう。ねぇ、ほんとに帰るの? 一緒に勉強しない?」

「だから、いいって。勉強してもなるようにしかならないから。そういう運命なの」

「もしかしたら今回は勉強する運命になってるかもしれないよ? 例えば図書館から出ようとしたらゲートが開かないとか」

「はいはい。もしそうなったら一緒に勉強してあげますよ、っと」

 じゃあね、と言ってカバンを手に持ち、なつきはエントランスに向かおうとして、私は「ついていくよ」といって一緒に出入り口まで向かった。
 そして「それじゃあまた明日」と言って学生証の入っているパスケースを取り出し、出ようとしたところで「ピンポーン」と音がしてゲートが閉じた。
 あれ、なんでだろう、といって彼女は何度もパスケースを押し当てたが、開くことはなく私は「やっぱ勉強する運命だったんじゃない?」といって渋る彼女を自習室まで連れて行くのであった。

 実際のところは運命なんかじゃなくて先程私が彼女のカバンにあるパスケースから学生証を抜いていただけの話だったのだが、彼女の言う「運命」を操ることのできた私は神様になったようないい気分で彼女の手を引き自習室に引きずっていった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
運命の門 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1106字
庭園の小さな裏門は、昔から「運命の門」と呼ばれていた。曽祖父の曽祖父か、祖父の祖父かがそう名前をつけたのだと、祖父が言っていたのを思い出す。祖父がまだ小さかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
住人 ※未完
作者:あかす〜/小ライス お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:866字
窓は開けていないのに、鉄製の風鈴が鳴る。エアコンの風を受けたせいだと気づくのには、それほど時間はかからなかった。目を向けた先には、埃でまだらに汚れたカーテンと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金魚 お題:運命の門 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1019字
モンティ・ホール問題って知っている、と彼女が訊ねてきた。「いくつもある扉から一つ選ばせて、正解かもしれない扉と選んだ扉を残して、全部開けてからもう一度選択させ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:傷だらけの悲しみ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:3701字
戦闘の傷跡 ――旅を始めるときは、こんな結末になるなんて思わなかった。「世界を見て回って、いろいろなものに触れて、大きくなって帰ってくるよ」 最後まで心配してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:危ないフォロワー 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3010字
SNSサービス、ツイッターやmixi。最近ではインスタグラムなどが有名だろうか。手軽に自身の考えや出来事を不特定大多数の人に見せることができるツールとして様々 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早すぎた失望 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:970字
「なんだこりゃ」と思った。そしてそれは自分がこの世界に転がり落ちた時に思ったことと同じならいいな、と思った。もっと別の、もっと分かりやすい、もっと面白いものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なし ※未完
作者:鰐人 お題:早すぎた失望 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1540字
「君はどこに行くのかね?」 フェリーがゆったりと揺れるのを感じる。ここは二等船室。いわゆるタコ部屋だ。僕は一番隅に陣取っている。暇つぶしに持ってきた文庫本は、思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の家 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:519字
舞い降りる雪が世界を白く染め上げる。私ーー彩月原 杏花ーーは、窓から視線をはずすと、ココアを再び飲み始めた。先ほど外から帰ってきたばかりなので、まだ体が暖まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幸福な策略 ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な策略 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:618字
待ち合わせのカフェには、30分も早く着いた。 先に彼が来ていないことを確認してから、席に座り、ホットミルクを注文する。ホットミルクは心を落ち着けてくれるから好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた宿命 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2195字
「よお」 ある日、鏡を覗くと、前世が写り込んでいた。 ハッとしてスマホで時間を見れば奇しくも4:44、おそらく44秒。 最悪だ。「お前に伝えておかなきゃならん 〈続きを読む〉

本間ソレの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2067字
なつきは占いが好きで、その日あったいいことも悪いことも全部運命によって決められていることだと信じていた。だからテスト前は「勉強なんてしなくても良い点取れるかど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:うへへ、四肢切断 必須要素:レズ 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2759字 評価:2人
上原さんは見た目はいいし仕事ができると評判で、私の部署からの評判も高かったのだけど、40近くにもなって結婚していなかったのでいろいろ変な噂を立てられていた。曰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:黄色い同性愛 必須要素:生理痛 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1896字 評価:1人
今年の学園祭のテーマカラーはなんとかイエローといううすーい黄色で、その色のシャツを着ながら麻子は「バイト先の居酒屋のトイレがよくこんな色のゲ○で汚されてる」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2045字 評価:0人
中村さんは口が悪い。何かあったらすぐ○ねとか○すとか言う。彼女は「大阪で育ったらそれくらい当たり前だよ」と言うけど、同じ大阪出身の武田くんは全然口が悪くないし 〈続きを読む〉