お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:866字

住人 ※未完
窓は開けていないのに、鉄製の風鈴が鳴る。エアコンの風を受けたせいだと気づくのには、それほど時間はかからなかった。目を向けた先には、埃でまだらに汚れたカーテンとヘタクソなイラストのように青一色の空がある。じりじりと暑い、アスファルトの夏。蝉がもう死に絶えた時期なのかわからないのは、よく見ないからで、それはもう害とか子細な部分まで見れるようになってしまった目のせいで、耳がその声にすっかり慣れてしまうくらい生きていたせいだった。
 「もう選挙の時ぐらいしか入れへんもんな」
 「そうやね」
 友人の言葉に、相槌を打つ。このところ、お互い懐古する時間が多くなった。今回の議題は、小学校の話。教室の話。先生の話。
 信じられないような時間が過ぎたように思っている。けど、つまらない見地だとしても、実際人生の何割もないような経過でしかない。悲しいまま過ぎたわけでもなしに、あえて顧みて己を慰める必要もないのだが、愛おしい時間だったなと思って話を続けた。
 校門が二つあった、という話。『正門』と『北門』とに分かれていて、私は北門から登下校をしていた。視野の狭いあの頃の自分からすれば、正門側の生徒たちというのは違う世界の住人というくらいに離れた存在だった。
 「俺が登校してたのはたぶん正門やな」
 「じゃああれやな、『闇の住人』」
 「闇って。まあどっちかって言ったら、確実にこっちが闇やな」
 私が小学校へ通っていた時、北門側は新興の住宅街が広がり始めていった頃で、逆に正門側は古くからある団地や長屋から通う児童が多かった。はっきりとそう分かれているわけではないのだが、私だけでなく、ほかの子たちにも少なからずそういう認識があったと思う。
 
 ~~~~~エピソードが浮かばないぞ~~~~~

 土埃の舞う夏。どれほど幼くても、ああ、もうこの連中と相容れることはもうないのだろうなという思いがあった。いや、本当にあったのかもしれないし、よくなった目と頭が勝手に形にしたのかもしれないけど。

(プロットとしてどこかで使います。多分。)
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:2067字
なつきは占いが好きで、その日あったいいことも悪いことも全部運命によって決められていることだと信じていた。だからテスト前は「勉強なんてしなくても良い点取れるかど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
運命の門 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1106字
庭園の小さな裏門は、昔から「運命の門」と呼ばれていた。曽祖父の曽祖父か、祖父の祖父かがそう名前をつけたのだと、祖父が言っていたのを思い出す。祖父がまだ小さかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金魚 お題:運命の門 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1019字
モンティ・ホール問題って知っている、と彼女が訊ねてきた。「いくつもある扉から一つ選ばせて、正解かもしれない扉と選んだ扉を残して、全部開けてからもう一度選択させ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:黒い勇者 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1146字
栄えた都市の中心に大勢の人達が集まっていた。大きな四角いリングを中心に階段状の観客席を人が埋め尽くす。今この中心で異例の戦いが始まろうとしていた。 西の門から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:今日のゲストは結婚 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:837字
私は見ていた。机の上にある、ゼクシィを。それを持たずにどこかに逃げた彼氏。押し入れもトイレにもいなかったので、たぶん外に出たのだろう。甘いぞ、彼氏。これは何でも 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:憧れのぐりぐり 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1573字
野良猫には野良猫のルールってものがある。道路の水たまりにうつる私の姿はいつも通り愛らしい。大きくてぱっちりとした瞳にまっすぐに揃った耳。しなりと揺れる尻尾。真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふぽん お題:子供の闇 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:372字
いつからだろう、真っ暗な中を歩くようになったのは。気付けば一人ぼっちで、何もかも全てを飲み込むような場所をひたすら歩いている。声を上げても返事が返ってこない。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:考えがまとまらない お題:メジャーな境界 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1710字
女の子の家に呼ばれた。 しがないキモヲタのボクに斯様な幸せが降りる事など一生無いと思っていたのに。 しかもきっかけがフィギュアの話というね。教室でヲタ趣味が暴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Takumaro お題:8月の駄作 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2479字
夏が始まってから夏らしい事は何もしていない。ただ窓の外を見ると肌を出した女性が目に付く。クールビズのシャツに、ジャケットを腕にかけて駅の喫茶店のレジ前に並びアイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:せーしゅん お題:8月の駄作 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2756字
小説家。 それば、文字を繋げて文を作り、文を繋げて話を作り、話を繋げて物語を作り。 完成した物語を通じて、読む者の心を大きく動かし、今まで経験したことのない感 〈続きを読む〉

あかす〜/小ライスの即興 小説


ユーザーアイコン
住人 ※未完
作者:あかす〜/小ライス お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:866字
窓は開けていないのに、鉄製の風鈴が鳴る。エアコンの風を受けたせいだと気づくのには、それほど時間はかからなかった。目を向けた先には、埃でまだらに汚れたカーテンと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あかす〜/小ライス お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:1325字 評価:2人
いくつもの階段を数えながら歩く。ひとつ。ふたつ。ただひたすらに長い地下鉄のホームを歩いて、アルミの柵の寸前で止まる。そしてまた反対にまっすぐ歩く。その日を過ご 〈続きを読む〉