お題:私が愛した多数派 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:579字
[削除]

マイノリティ
私の選ぶものは少数派だった。
目玉焼きには粒マスタード、もし飼うなら爬虫類、ランドセルの色は漆黒で制服のスカートの丈は長く。
周りの子がキラキラとした少女漫画の話をしている時に読んでいたのは歴史小説で、かっこいい! と話題になっている俳優さんの名前は知らなかった。
外で元気に遊ぶクラスメイトや外で遊びなさいと言う担任をよそに本ばかり読んでいる、そんなこども。
いつからか捻くれた私は、自然に選んでいた少数派からわざわざ選ぶ少数派になっていた。
多数派を選ぶのは恥ずかしいなんて、今思えばその考え自体が恥ずかしいというのにその頃は頑なにそれがカッコイイのだと信じていた。

必死に強がっていた頃の私。
幼い、私。

そんな私も大人になり、様々な経験をして、いくつもの壁を乗り越えてきた。
私の捻くれたところもだんだん薄れていって、たぶんあの頃の私が「つまらない」と吐き捨てたような大人になってしまったと思う。

そんな大人になって、知れたことがある。

私たちの周りにはいつも通りの日常とちょっとした非日常あるけれど、その非日常もまたいつの間にか日常になってしまうこと。
私が思っていた少数派は決して少数派などではなく、つまりそれは特別なことなどではなかったこと。

あの頃の私が知らなかったこと。

私が愛していた少数派は、私が愛していた多数派だったのだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:イタリア式の監禁 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:2571字
今夜も俺は甘く柔らかな優しい声で囁く。大丈夫だ、俺は女性の扱い方に関しては慣れている。ネットで声をかけてDiscordで会話するうちに親しくなった女は、リアルで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:記録にない病院 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1866字
「ええと、保険証どこにしまったっけ」 健康診断を受けに久しぶりに病院に行く。うちの会社はそれぞれのタイミングで各自健康診断を受けに行き、後日提出を求められる。健 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:気持ちいい戦争 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:6438字
皆様こんにちは!私、小春まりえ、高校2年生です☆ぴーすぴーす!青山くんが大好きで、青山くんの為なら「世界中を敵に回してでも青山くんの味方になりたい」ガールです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:自分の中の悪魔 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:1815字
私はHRが嫌いだ。吊し上げ、公開処刑。そんな言葉が合う。吊し上げを見るより、一刻も早く帰りたい人の方が絶対に多いはずだ。特に今日は早く帰りたい。今日の議題は私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:今年の怒り 制限時間:2時間 読者:25 人 文字数:2710字
仕事するのは面倒くさい。クライアントは平気で無理難題を言ってくるし、あちこち駆け回って打ち合わせをして、一つ一つ交渉するのもめんどくさい。「それではこのように… 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:少女のぬくもり 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1475字
真夜中、大雪が吹き荒むなかで、俺は線路沿いを歩いていた。ひたすらまっすぐに、ただ黙々と進んで行く。頰に受ける風は冷たくて、体温はとっくに奪われていた。終電は1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:青い悪魔 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:3469字
青山くんは誰に対しても優しいです。私は今日も陰ながら青山くんを観察中です。切れ長の目にサラサラの茶色の髪の毛。英語のテストはいつも満点だし物言いが柔らかくて優し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:群馬の死刑囚 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:3194字
季節は秋、文化人類学の研究で、僕は羽根川教授の付き添いとして、山奥にある小さな集落へと向かった。単位が足りなくて困っていたところ、今回の調査についていけば貰える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:凛とした秀才 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:2910字
僕の名前は高海 爽介(たかみ そうすけ)。高校2年生。今日もテストは満点。成績優秀者として壁に名前も掲示される。「爽介くんは本当に凄いねー!」廊下の掲示を見てた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:同性愛の場所 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:2660字
「最後まで好きと言えなかったな」 ベランダから見える景色は初めてここに住み始めたあの頃から何も変わらないのに、私の後ろでは詰めかけのダンボールが少しと、空っぽに 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:1026字
「ここがその、へぇ……」 三十代後半と見えるその男は、立派に蓄えたあごひげを撫でながら、とある施設の前に立っていた。 施設の名前は『あなただけの美術館』とだけ書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暴かれた電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:777字
『正面から見ろ。目を逸らすな。世界一美しい宝石を前にしても、この世のものとは思えないような美しい娼婦を前にしても目を奪われるてはいけない』 石碑に浮かんだ文字な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:663字
「オレだよオレ」そんなノックの音で俺は目を覚ました。時計を見る。まだ早朝の四時だった。俺は少し訝しく思いながらも、扉に近づいていく。オレだよオレ、と言う声は不思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テスト用 ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:12字
最近声が聞こえます。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草と冤罪 必須要素:女使用不可 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:630字
悪趣味な画像非常に嬉しかったです。遅らばせながら卒業おめでとう。君が僕を裏切った事は永久に忘れないよ。手紙にはそうとだけ書かれていて、他になにもなかった。差出人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テスト用 ※未完
作者:匿名さん お題:鈍い旅行 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い旅行 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:34字
鈍い旅行に行った。パスタがおいしかった。とてもいいなと思います。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 必須要素:山田 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:813字
作家になりたかった。小さいころからの夢であったが、今まで文章なんて書く事はなかった。きっかけがないことを理由に書く事から避けていただけだけど。書かなくても時間は 〈続きを読む〉