お題:私が愛した多数派 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:579字
[削除]

マイノリティ
私の選ぶものは少数派だった。
目玉焼きには粒マスタード、もし飼うなら爬虫類、ランドセルの色は漆黒で制服のスカートの丈は長く。
周りの子がキラキラとした少女漫画の話をしている時に読んでいたのは歴史小説で、かっこいい! と話題になっている俳優さんの名前は知らなかった。
外で元気に遊ぶクラスメイトや外で遊びなさいと言う担任をよそに本ばかり読んでいる、そんなこども。
いつからか捻くれた私は、自然に選んでいた少数派からわざわざ選ぶ少数派になっていた。
多数派を選ぶのは恥ずかしいなんて、今思えばその考え自体が恥ずかしいというのにその頃は頑なにそれがカッコイイのだと信じていた。

必死に強がっていた頃の私。
幼い、私。

そんな私も大人になり、様々な経験をして、いくつもの壁を乗り越えてきた。
私の捻くれたところもだんだん薄れていって、たぶんあの頃の私が「つまらない」と吐き捨てたような大人になってしまったと思う。

そんな大人になって、知れたことがある。

私たちの周りにはいつも通りの日常とちょっとした非日常あるけれど、その非日常もまたいつの間にか日常になってしまうこと。
私が思っていた少数派は決して少数派などではなく、つまりそれは特別なことなどではなかったこと。

あの頃の私が知らなかったこと。

私が愛していた少数派は、私が愛していた多数派だったのだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ごみか お題:3月の夜 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:3136字
今年が始まってから、もう3ヶ月も経つらしい。年始に立てかけたまま、久しく捲っていないカレンダーは、まだ1月を指している。しかし手元のスマートフォンは、無情にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の夜 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1452字
いつも、いつまでも動きたくない。 人間をやめてから一切の社会性を失った。五分おきにスヌーズをかけていたアラームはもう鳴らない。外が明るかろうと、今、六時もしく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みずた✧かずき お題:肌寒い悪意 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:1993字
私は、大声で彼女の名前を呼びながら、その古びた屋敷のなかを走っていた。 はずれにある屋敷に忍び込もう、と最初に言ったのはリサだった。 私が新しくカメラを買って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:飢えた夏 制限時間:2時間 読者:37 人 文字数:1505字
路地裏育ちの老婆は今日にもいなくなるらしい。 緞帳がしまわれている舞台袖は、目を凝らしても何も見えないくらいに濃い闇だった。舞台中央に置かれたライトがまぶしす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷町悠之介@タニーズ お題:過去の別れ 制限時間:2時間 読者:41 人 文字数:1807字
脳の容量は節約したいタチなので、昔のことは定期的に忘れるようにしている。ブレインストレージもただじゃない。全くあの企業はぼったくりではないだろうか。「一エクサ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:兎鬼(ウサギ) お題:ぐちゃぐちゃの処刑人 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:645字
あれから何時間経っただろう。痛みとか、苦しさとか、何も感じなくなった。「あーぁ、何も反応しなくなりましたね…。そろそろ潮時、ですかね…。」男はパンパンと2回手を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:cieloaz8 お題:孤独な帝王 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1995字
†† ――『星の王子さま』を知っているだろうか。 言わずと知れた、サン=テグジュペリが書いた小説だ。 私はあのお話に出てくる王様が嫌いだ。そう、星の王子さまが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎鬼(ウサギ) お題:素晴らしい妄想 制限時間:2時間 読者:30 人 文字数:438字
今日こそは誰にも邪魔されずに妄想が出来る!!!私は妄想が好き。多分、妄想をしない人はいないと思う。したとしても、日常のたった一瞬とか、一秒とか、それくらい。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夜オニさん(グア様狂信者) お題:小説家の作家デビュー 制限時間:2時間 読者:37 人 文字数:1411字
パソコンの前で私は静かに喜びに震えていたようやく、ようやく私の話が世間に理解された。その事実を知ったのは草木も眠る真夜中だった...皆皆私の話を馬鹿にしていた. 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tosh お題:猫の病気 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:947字
「これは良い住処を見つけたものだ」借りぐらし転々と場所を変え生きてきた私から見ても今のこの場所は非常に住みよいものだった。常に心地よく保たれた温度、手が深く沈み 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉