ユーザーアイコンA.N
お題:潔白な失望 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:739字

どうせお前も
人生で初めて土下座をした。
果たしてどんな効果があるかと思ったが、ほとんど何もなかった。彼女が僕を許すこともないし、逆上してくるようなこともない。強いて言えば、向けてくる白い目がもっと白くなったというくらいだろう。
効果がないというのは、相手にとってだけではない。僕も、土下座をしたからといって屈辱を感じる訳でもなく、あるいは罪悪感が深まった訳でもなかった。
薄々感じていたけど、ただ低い姿勢をとっているだけだ。

「いい加減、頭あげてよ。」

そう言う彼女の顔を、僕は見ることができない。眼前のフローリングの継ぎ目をじっと見つめながら、その言葉を受け流すだけだ。
それに、あえて見る必要もない。さっき考えたとおり、真っ白な目で僕を見下ろす彼女が屹立していて、その前で僕が惜しげもなく土下座をしている。そして二人の間には、白いスマートフォンが置かれている。

「もう、いいよ。こだわっていた私がバカみたい。」

微かにため息を漏らした音が聞こえてくる。

最後に見るのが、彼女の激情した姿になるのはなんだか惜しい。
彼女は僕にまっすぐ向き合ってくれた。本当に、全て受け止めて、きちんと返してくれていた。
それが、スマートフォンの中にもよく表れていた。
そのくせ僕は、彼女が返してくれるものを全て受け取ったらそのままどこかへ沈ませていた。

さっきから何度か、ポケットの中のスマートフォンが震えている。きっと僕が連絡を返してくれないから、あいつが怒っているんだろう。黒いスマートフォンに緑色のランプが点滅し続けているのが目に浮かぶ。

これほどまでにまっすぐ僕に失望してくれていたのは、彼女の最後のお返しだったのかもしれない。
もはや、ため息でそれも終わってしまったわけだけど。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1026字
「ここがその、へぇ……」 三十代後半と見えるその男は、立派に蓄えたあごひげを撫でながら、とある施設の前に立っていた。 施設の名前は『あなただけの美術館』とだけ書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:633字
ーそこは、我々ヒトが踏み入れるべき領域ではなかった世の中にはさまざまな種類で芸術の形がある。芸術とは、ヒトの想像力を創造力により具現化したものである、と私は考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:663字
「オレだよオレ」そんなノックの音で俺は目を覚ました。時計を見る。まだ早朝の四時だった。俺は少し訝しく思いながらも、扉に近づいていく。オレだよオレ、と言う声は不思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:375字
人の体温と同じ気温です、と予報が出ていたある朝、僕は携帯の着信音で目を覚ました。「はい、もしもし」僕はベッドから半分体を起こして答える。「おめでとうございます 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:君と運命 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:311字
おいおい、わざわざそっちに行くのかよ。そっちは山根の馬だぜ?そんなにムキになたらなくったっていいのに。聡はしぶしぶ右へ重心を傾けた。「なぁ、山根に勝てっこない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

A.Nの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:A.N お題:潔白な失望 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:739字
人生で初めて土下座をした。果たしてどんな効果があるかと思ったが、ほとんど何もなかった。彼女が僕を許すこともないし、逆上してくるようなこともない。強いて言えば、向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:708字
駅のホーム、のようだ。ベンチに身体を横たえていることには、それからもう少し経ってから気づいた。無意識に身体を起こそうとするとあちこちに痛みを感じる。腰は冷たくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:小さな天才 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:947字
ブザーが体育館いっぱいに響き渡る。僕は姿勢を整える。軽く身体を前に傾けて、ネットの向こう、相手のコートを見据える。体育の授業で気を使って、種目を選択制にしてくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:箱の中の転職 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:991字
この間、父親が死んだ。いよいよ、と言われながら結局五年弱は生き長らえることとなった。余命宣告を受けてから実際に命が果てるまで時間がかかったことは、父にとって喜ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:日本式の悪役 必須要素:3000字以上 制限時間:15分 読者:255 人 文字数:1311字
そろそろ、斬られる頃だ。 あの方の原稿用紙の中で暴れてきてはや二十年、私もすっかり悪役が板についてきた。それでいて、マンネリにならないようにしつつ立ち振る舞う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:団地妻の情事 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:1097字
喘ぎ声が止まない。 もちろん、私の部屋ではない。 左隣の部屋である。 もちろん、生の声でもない。 隣室のプレーヤーが動く音が先程聞こえた。 もちろん、DVDで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:あきれた妹 制限時間:15分 読者:347 人 文字数:896字
「血のつながった、家族じゃない!」などと言って感情を煽ろうとする台詞が私は心の底から嫌いだ。忌むし、厭う。とても使えたものではない。 そもそも、血の繋がりが何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:愛、それは伝説 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:728字
スーパーマーケットの普及に伴って、商店街が消えた。 その構図とよく似ているのではないか。 私の生まれ育った町には、書店と呼べるほどの立派な店舗がなかったという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:白い高給取り 制限時間:15分 読者:299 人 文字数:964字
この国は全体主義国家である。 別に半島の北の方を言っている訳でもなければ、その西で、広大な土地と余る人々を抱える歴史ある巨きな国を言っている訳でもない。教科書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:フハハハハ!それは本 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:1125字
「大学の自由」と「信教の自由」、この国でより護られているのはどちらだろうか。 学生になってやっと三年目だが、未だに名前も知らないサークルが存在している。 二年 〈続きを読む〉