ユーザーアイコンA.N
お題:潔白な失望 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:739字

どうせお前も
人生で初めて土下座をした。
果たしてどんな効果があるかと思ったが、ほとんど何もなかった。彼女が僕を許すこともないし、逆上してくるようなこともない。強いて言えば、向けてくる白い目がもっと白くなったというくらいだろう。
効果がないというのは、相手にとってだけではない。僕も、土下座をしたからといって屈辱を感じる訳でもなく、あるいは罪悪感が深まった訳でもなかった。
薄々感じていたけど、ただ低い姿勢をとっているだけだ。

「いい加減、頭あげてよ。」

そう言う彼女の顔を、僕は見ることができない。眼前のフローリングの継ぎ目をじっと見つめながら、その言葉を受け流すだけだ。
それに、あえて見る必要もない。さっき考えたとおり、真っ白な目で僕を見下ろす彼女が屹立していて、その前で僕が惜しげもなく土下座をしている。そして二人の間には、白いスマートフォンが置かれている。

「もう、いいよ。こだわっていた私がバカみたい。」

微かにため息を漏らした音が聞こえてくる。

最後に見るのが、彼女の激情した姿になるのはなんだか惜しい。
彼女は僕にまっすぐ向き合ってくれた。本当に、全て受け止めて、きちんと返してくれていた。
それが、スマートフォンの中にもよく表れていた。
そのくせ僕は、彼女が返してくれるものを全て受け取ったらそのままどこかへ沈ませていた。

さっきから何度か、ポケットの中のスマートフォンが震えている。きっと僕が連絡を返してくれないから、あいつが怒っているんだろう。黒いスマートフォンに緑色のランプが点滅し続けているのが目に浮かぶ。

これほどまでにまっすぐ僕に失望してくれていたのは、彼女の最後のお返しだったのかもしれない。
もはや、ため息でそれも終わってしまったわけだけど。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

A.Nの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:A.N お題:潔白な失望 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:739字
人生で初めて土下座をした。果たしてどんな効果があるかと思ったが、ほとんど何もなかった。彼女が僕を許すこともないし、逆上してくるようなこともない。強いて言えば、向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:708字
駅のホーム、のようだ。ベンチに身体を横たえていることには、それからもう少し経ってから気づいた。無意識に身体を起こそうとするとあちこちに痛みを感じる。腰は冷たくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:小さな天才 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:947字
ブザーが体育館いっぱいに響き渡る。僕は姿勢を整える。軽く身体を前に傾けて、ネットの向こう、相手のコートを見据える。体育の授業で気を使って、種目を選択制にしてくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:箱の中の転職 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:991字
この間、父親が死んだ。いよいよ、と言われながら結局五年弱は生き長らえることとなった。余命宣告を受けてから実際に命が果てるまで時間がかかったことは、父にとって喜ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:日本式の悪役 必須要素:3000字以上 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:1311字
そろそろ、斬られる頃だ。 あの方の原稿用紙の中で暴れてきてはや二十年、私もすっかり悪役が板についてきた。それでいて、マンネリにならないようにしつつ立ち振る舞う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:団地妻の情事 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:1097字
喘ぎ声が止まない。 もちろん、私の部屋ではない。 左隣の部屋である。 もちろん、生の声でもない。 隣室のプレーヤーが動く音が先程聞こえた。 もちろん、DVDで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:あきれた妹 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:896字
「血のつながった、家族じゃない!」などと言って感情を煽ろうとする台詞が私は心の底から嫌いだ。忌むし、厭う。とても使えたものではない。 そもそも、血の繋がりが何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:愛、それは伝説 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:268 人 文字数:728字
スーパーマーケットの普及に伴って、商店街が消えた。 その構図とよく似ているのではないか。 私の生まれ育った町には、書店と呼べるほどの立派な店舗がなかったという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:白い高給取り 制限時間:15分 読者:304 人 文字数:964字
この国は全体主義国家である。 別に半島の北の方を言っている訳でもなければ、その西で、広大な土地と余る人々を抱える歴史ある巨きな国を言っている訳でもない。教科書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A.N お題:フハハハハ!それは本 制限時間:15分 読者:304 人 文字数:1125字
「大学の自由」と「信教の自由」、この国でより護られているのはどちらだろうか。 学生になってやっと三年目だが、未だに名前も知らないサークルが存在している。 二年 〈続きを読む〉