お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1036字

リホのかける疑惑
 小森くんは吸血鬼なのかもしれない。
 リホが真顔でそんなことを言うので、わたしは吹き出してしまった。
「だって、初日の出見に行こうってあたしが誘ったのに、来ないって言うんだよ?」
 単純に起きられないと判断したか、リホに興味がないかのどっちかだろうが、そこを吸血鬼と思ってしまうのが、リホの恐ろしいところである。
「それにさあ、十字架のアクセサリーを嫌ってるし。あたしがあげようとしたら、受け取れないって言うんだよ?」
 それもまた好みの問題か、リホに興味がないかのどっちかだろう。というか、そもそも付き合ってもないし親しいわけでもない人間のプレゼントや誘いを易々受け取る人間の方が、吸血鬼より嫌だ。
「あと、ニンニクも嫌いらしいし。せっかくガーリック味のお菓子を口移ししてあげようと思ったのに。このわたしが、よ?」
 それこそ好みの問題だし、リホにも興味がないのだろう。そんなことまでしようとしていたリホの方が吸血鬼より恐ろしいと思う。
 でも聞かないだろう。リホはそういう生き物だ。自分は世界一可愛くて、自分がやることならすべての男が受け入れてくれると信じている。実際、そこそこ可愛いから性質が悪い。
「他は? 霧になって逃げたりとかしたの?」
 わたしの問いに、リホは怪訝な顔をした。
「川が越えられなかったり、招かれないと家に入れなかったり、コウモリやオオカミを操ったりでもしたの?」
「何それ? 意味分かんない」
 あらあら。吸血鬼の生態には、そこまで詳しくなかったようだ。
「ともかく、吸血鬼でも小森くんを振り向かせたいの。このわたしがこんな扱いを受けていいはずがないんだから!」
 ハートを射止めたいの、ともリホは言った。
「吸血鬼なら、心臓に木の杭を刺したらいちころよ」
「そんなの誰でも死ぬでしょ?」
 まあ、そうだ。わたしは肩をすくめた。

「で、何?」
 小森くんはわたしの尾行に気付いたようだ。しょうがないので、わたしは電信柱の陰から姿を現した。彼は、青白いが端正な顔を少し歪ませる。
「柳さん、だっけ?」
「そう。隣のクラスの柳よ」
「その物騒なの、何?」
 小森くんはわたしが右手で握った木の杭を指差す。
「君の心臓をこれで貫きたい、と思ってね」
「そんなことをしたら死んでしまうよ」
「何百年生きたの?」
「四百年」
 そろそろ年貢の納め時よ、とわたしは左手の銃を向けた。
「本物とは思わなかったわ」
「女の子の扱いには、慣れてないんだよ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:A.N お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:708字
駅のホーム、のようだ。ベンチに身体を横たえていることには、それからもう少し経ってから気づいた。無意識に身体を起こそうとするとあちこちに痛みを感じる。腰は冷たくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の女の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:781字
東京の人はみんな冷たいと、家を出る時に言われた。半年ほど過ごしてみて、その言葉は間違いではなかったと思うと同時に、冷たいけれど、温かみのある冷たさもあるのだと分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:青い模倣犯 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1062字
赤い全身タイツを身にまとった集団による強盗事件が多発しているらしい。 これは、と思い、俺はテレビやネットの情報を元にそいつらが着ているのと同じようなタイツを取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の妄想 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1064字
朝のホームルームで突然、大御所のお笑い芸人兼映画監督みたいな顔の人が白衣を着て出てきて、「みなさんに殺し合いをしてもらいます」と言ったとしたら? 前島くんは調 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3394字 評価:2人
目の大きい少女だな、というのが第一印象だった。 それを上目づかいにこちらに見せてくるのだから、たまらない。「ねえ、おじさん。あたし泊まるとこないんだけど」 俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1036字
小森くんは吸血鬼なのかもしれない。 リホが真顔でそんなことを言うので、わたしは吹き出してしまった。「だって、初日の出見に行こうってあたしが誘ったのに、来ないっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1131字
俺はこの世界が作りものだと知っている。 何故なら、常に俺の近くについて回る小さな窓、A4用紙程の大きさのそれに気付いてしまったから。 これはすなわちアレだ、第 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼と凶器 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1038字
どうしよう、死んでしまったぞ。 他人事のように、わたしは動かなくなった彼を見下して思った。 ちょっと押しただけなのに、何でこんなことになっちゃうんだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:謎の血液 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1051字
菜花小学校には、七不思議が伝わっている。 そのどれもが深夜に起こるため、実際に目撃したものは少ない。そのため、七不思議があることを知っていても、信じているもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:不本意な税理士 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1176字
「合コンで『税理士なんですよー』って言ったら、『へーすごいですね』って言われてそれから話しかけられなくなったんだが」 どういうことだよ、と友人の税理士は机を叩い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1082字
父の教えは「お金は自分への投資になるよう使いなさい」というものだった。 僕も弟も、それを胸に生きてきた。 自らを研鑽することを厭わず、入学試験や資格試験、就職 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:3662字 評価:3人
「脱毛ババア?」 田中はあくまで真面目な表情で、すっさまじい名前だなあ、と俺は顔をしかめた。 俺と田中は、とある団地に来ていた。かなり古びた建物群で、地元民の田 〈続きを読む〉