お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1036字

リホのかける疑惑
 小森くんは吸血鬼なのかもしれない。
 リホが真顔でそんなことを言うので、わたしは吹き出してしまった。
「だって、初日の出見に行こうってあたしが誘ったのに、来ないって言うんだよ?」
 単純に起きられないと判断したか、リホに興味がないかのどっちかだろうが、そこを吸血鬼と思ってしまうのが、リホの恐ろしいところである。
「それにさあ、十字架のアクセサリーを嫌ってるし。あたしがあげようとしたら、受け取れないって言うんだよ?」
 それもまた好みの問題か、リホに興味がないかのどっちかだろう。というか、そもそも付き合ってもないし親しいわけでもない人間のプレゼントや誘いを易々受け取る人間の方が、吸血鬼より嫌だ。
「あと、ニンニクも嫌いらしいし。せっかくガーリック味のお菓子を口移ししてあげようと思ったのに。このわたしが、よ?」
 それこそ好みの問題だし、リホにも興味がないのだろう。そんなことまでしようとしていたリホの方が吸血鬼より恐ろしいと思う。
 でも聞かないだろう。リホはそういう生き物だ。自分は世界一可愛くて、自分がやることならすべての男が受け入れてくれると信じている。実際、そこそこ可愛いから性質が悪い。
「他は? 霧になって逃げたりとかしたの?」
 わたしの問いに、リホは怪訝な顔をした。
「川が越えられなかったり、招かれないと家に入れなかったり、コウモリやオオカミを操ったりでもしたの?」
「何それ? 意味分かんない」
 あらあら。吸血鬼の生態には、そこまで詳しくなかったようだ。
「ともかく、吸血鬼でも小森くんを振り向かせたいの。このわたしがこんな扱いを受けていいはずがないんだから!」
 ハートを射止めたいの、ともリホは言った。
「吸血鬼なら、心臓に木の杭を刺したらいちころよ」
「そんなの誰でも死ぬでしょ?」
 まあ、そうだ。わたしは肩をすくめた。

「で、何?」
 小森くんはわたしの尾行に気付いたようだ。しょうがないので、わたしは電信柱の陰から姿を現した。彼は、青白いが端正な顔を少し歪ませる。
「柳さん、だっけ?」
「そう。隣のクラスの柳よ」
「その物騒なの、何?」
 小森くんはわたしが右手で握った木の杭を指差す。
「君の心臓をこれで貫きたい、と思ってね」
「そんなことをしたら死んでしまうよ」
「何百年生きたの?」
「四百年」
 そろそろ年貢の納め時よ、とわたしは左手の銃を向けた。
「本物とは思わなかったわ」
「女の子の扱いには、慣れてないんだよ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:A.N お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:708字
駅のホーム、のようだ。ベンチに身体を横たえていることには、それからもう少し経ってから気づいた。無意識に身体を起こそうとするとあちこちに痛みを感じる。腰は冷たくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋の悪意 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:958字
異常気象というやつなのか、ここ数年は夏から即冬になるような気候が続いている。 12月を過ぎても最高金20度だったかと思えば、翌日は一気に冬めいてくるなど、最早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の口 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1033字
「ミダス王の話は知っているかい?」 不意に彼はそんなことを言い出した。「僕が言いたいのはロバの耳の方の話じゃなくてね。『金の大好きな王様』と言えば分かるかな? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:オレだよオレ、野球 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2949字 評価:2人
山下が死んだ。 それからというもの、百瀬の様子がおかしい。 毎朝、誰よりも早くグラウンドに来るようになった。そしてひたすら走り込み、素振りを行い、チームメイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:バイオ視力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:895字
「それでですね、今回の企画なんですが……」 週刊少年オーバーエイジの編集者・田崎は、漫画家のドブルズ篠田の前に資料を広げて見せた。 週刊少年オーバーエイジは、編 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度のブランド品 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1375字
「あいつ絶対、パパ活とかエンコーやってるわ」 木村がそう断言するのは、必修の科目が同じ太田という女子のことだった。「見たかよ、あいつの財布? あんなもん大学生が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:調和した野球 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:800字
バンディッツは追い込まれていた。 オールスター前のスミドロンズとの首位攻防戦、9回裏ワンナウト満塁、犠牲フライでもサヨナラの場面。前半戦をどうしても首位ターン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の食堂 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1072字
わたしの勤める会社の周辺には、「食堂」を冠する飲食店が3つある。 「食堂・五郎八」は和食を中心にした昔ながらの食堂で、おじさんが多い。 「元気食堂」は自然食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:3616字 評価:0人
うだるような暑さの中、ユウコが彼氏であるタツオの家を訪ねると、玄関の鍵が開いていた。 いるのかな、と思って「来たよー」と言いながら戸を開けると、知らない女が奥 〈続きを読む〉