お題:東京駄作 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:612字
[削除]

東京駄作 ※未完
これは私がまだ一人前なんていえないただの見習いだった頃の話だ。

私は新潟の小さな旅館の子として生まれ18までを田舎で過ごした。

大学へは行かず2年前に潰れた旅館の借金を返済するため東京へと働きに出た。

そこはこれまでの自分の生活を全て否定するような街であった。

私は父の友人の店で働くことになっていた。

父の友人は私を快く迎えてくれた。

その店はあまり繁盛しているようではなかったが、決して貧乏では無くどこか懐かしさがあった。

父の友人は西田洋吉といった。

彼は父の元で働き数年後東京という街で店を創った。

彼は父をとても尊敬しているようであった。

そんな彼は私のことを弟子としてまた、息子としてとてもよく可愛がってくれた。

私が23の時、彼は病気に罹った。

肺癌だった。

見つかった時には既に体中に転移していた。

そして彼は亡くなった。

私が24になる1日前であった。

私は店を継ぐか田舎へ帰るかという二択を迫られた。

田舎が嫌いな訳では無いが、彼への恩があった。

私は彼の仕事を一番近くで見ていた。

私は彼に技術を教えられた。

それでも彼が居なくなったという途方のない感情は私にはどうしようもなかった。

私は1度田舎へ帰った。

少し痩せたように見えた父は優しく暖かい声で「おかえり」と言った。

私は泣きそうになった。

これほどに人とは暖かいものなのか。

これほどに人とは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:東京駄作 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:585字
子どもの頃から絵を描くのが好きだった。将来の夢は絵本作家。絵本を読むのが何より好きな子どもだった。幼稚園で七夕に願ったのは、絵本を書けますようにという願い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:煙草とふわふわ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:904字
ぷかぷかと、鍋の中にはソーセージが2本浮かんでいた。昨日の晩にポトフを煮込んで、いたのは自分だったが、まさかこんな中途半端にやられるとは。はあ、と溜息をついて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日のゲストは雑草 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:891字
娘が雑草と話す。「今日ね、お父さんが帰ってこないんだ」 まるで生命がそこにあるように語る娘の姿は痛々しかった。それが少女が少女であるためにそうなってると理解し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京の男 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:135字
博はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」博は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて博はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの処刑人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:282字
ぬるり。という表現が相応しいか。皮膚が爛れたような草臥れた顔の男が、縄を引いて歩いている。炎天下。ただでさえひょろ長い男のシルエットが、地面に長く長く黒を落とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟なテロリスト 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:906字
「テロリスト」という言葉を聞いた事があるだろうか。 「テロリスト」とは、どんな奴らか。 多くの場合、民衆の恐怖を煽るのが目的であり、そのためどんな残酷な手段も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
脱毛バトル ※未完
作者:匿名さん お題:女同士の脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:458字
これは戦争だ。 ここ、百合目学園では、年に一度の百合祭という学園祭が行われていた。学園祭と言っても、そこらへんのちゃちな学園祭とは一味違う。なんというか”ガチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の任務 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:575字
2018年6月24日、東京に一人の少年が降り立った。何度も時間旅行を繰り返した彼にしてみると時間旅行による"時間旅行酔い"は慣れたものではあったが、21世紀都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独なロボット 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:582字
満員電車の中、その日一日あったことを思い出す。部下が遅刻、クライアントからの再三の無茶振り、機嫌が少し悪い上司とのランチ、ああ、なんだろう、つまらない。 一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の汁 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:1066字
アタシの母親は、料理上手なヒトだった。母さんが居たときは、毎日毎日食卓にはいくつもの料理が並んでいた。どんなに疲れて帰ってきても、母さんが作った夕飯を前にすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉