お題:東京駄作 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:612字
[削除]

東京駄作 ※未完
これは私がまだ一人前なんていえないただの見習いだった頃の話だ。

私は新潟の小さな旅館の子として生まれ18までを田舎で過ごした。

大学へは行かず2年前に潰れた旅館の借金を返済するため東京へと働きに出た。

そこはこれまでの自分の生活を全て否定するような街であった。

私は父の友人の店で働くことになっていた。

父の友人は私を快く迎えてくれた。

その店はあまり繁盛しているようではなかったが、決して貧乏では無くどこか懐かしさがあった。

父の友人は西田洋吉といった。

彼は父の元で働き数年後東京という街で店を創った。

彼は父をとても尊敬しているようであった。

そんな彼は私のことを弟子としてまた、息子としてとてもよく可愛がってくれた。

私が23の時、彼は病気に罹った。

肺癌だった。

見つかった時には既に体中に転移していた。

そして彼は亡くなった。

私が24になる1日前であった。

私は店を継ぐか田舎へ帰るかという二択を迫られた。

田舎が嫌いな訳では無いが、彼への恩があった。

私は彼の仕事を一番近くで見ていた。

私は彼に技術を教えられた。

それでも彼が居なくなったという途方のない感情は私にはどうしようもなかった。

私は1度田舎へ帰った。

少し痩せたように見えた父は優しく暖かい声で「おかえり」と言った。

私は泣きそうになった。

これほどに人とは暖かいものなのか。

これほどに人とは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:東京駄作 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:585字
子どもの頃から絵を描くのが好きだった。将来の夢は絵本作家。絵本を読むのが何より好きな子どもだった。幼稚園で七夕に願ったのは、絵本を書けますようにという願い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:高貴なセリフ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:655字
何とか、元の身体に戻れた、そのとき、わたしはほっとして、思わず腰砕けになっていた。 「やれやれ……」 「溜息を吐きたいのはこっちだよ」 同じく尻もちをついてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋の悪意 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:958字
異常気象というやつなのか、ここ数年は夏から即冬になるような気候が続いている。 12月を過ぎても最高金20度だったかと思えば、翌日は一気に冬めいてくるなど、最早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レンga★TRPG専用 お題:誰かは娼婦 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:847字
見違えるくらいに君は変わってしまっていた。 6年前、高校を卒業するときに声をかけてくれた君は、別にそこまで特別に仲が良かった訳では無かったのだけれど、それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:記憶の船 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1030字
インターネットの向こう側にも人物はいるが、それが3人だとは思わなかった。私が大好きな人間は、少なくとも3人が交代でやっているものであるらしい。 どうりで社会人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の口 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1033字
「ミダス王の話は知っているかい?」 不意に彼はそんなことを言い出した。「僕が言いたいのはロバの耳の方の話じゃなくてね。『金の大好きな王様』と言えば分かるかな? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーどら:カラアゲる魔法←予測変換にこれが出てくる お題:小さなサラリーマン 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:879字
「紅葉おろしって言えばさ」サラリーマンのヒラタケが口を開く。彼は今日も部下と共に夜の新橋をぶらり。しかし今日の彼はいつもより、静かに酒に酔っていた。「紅葉って良 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:499字
それは突然だ。夜、電話が鳴った私[はーい、ゆうかです]相手[、、、ずー&@yいまrwr?!#^!!!]カチャン私[なにこれ!?]これは、ノイズがひどくて聞き取れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い関係 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:746字
学校の七不思議の一つこれはある事件から怒った、、、じゃない、起こった悠輝[!?死、死体!?]それは突然の出来事だっただがしかしそれはただの殺人事件と思われた。〜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の罰 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:214字
僕は、気が付いたら真っ暗な部屋にいた。直前の記憶がない。おぼえているのは、検診で麻酔を打たれ、そこから記憶がない。いきなりのことで焦っていると、声が聞こえた。? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と消費者金融 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:495字
お金というのは気付いたらいなくなっている。 置き手紙を残して消えたうちの母親みたいなものでいちど愛想を尽かすと帰ってくることはない。 だから自分の愛ってやつを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と逃亡犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:224字
僕は逃亡犯のニュースを見て、大変だなあとしかおもってなかった。しかし、ある出来事で僕は変わった。その逃亡犯を見かけてしまったのだ。今すぐ警察に通報しようとおもっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
平和とえい ※未完
作者:匿名さん お題:平和と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:432字
えいっ!そう言って彼が投げたゴミ箱に私は頭をぶつけた。いや、ぶつけられたと言うべきだろう。これでもう何回目のことだろうか?今日だけでもう数えるのも嫌になるくらい 〈続きを読む〉