お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1131字

フィクション
 俺はこの世界が作りものだと知っている。
 何故なら、常に俺の近くについて回る小さな窓、A4用紙程の大きさのそれに気付いてしまったから。
 これはすなわちアレだ、第四の壁というものだ。
 これを破れば、作りものではない世界に飛び出すことができるだろう。
 だが、どうやったってこれを破ることはできない。いろんな方法を試したが、ダメだった。
 破ったところで、作りものではない世界で、作りものである俺が生きていくことなんてできやしないだろうし。
 しかし、一つだけ思うところはある。
 この世界が作りものならば、当然「作ったもの」がいるはずだ。
 そいつを神と呼ぶのかは知らない。だが、文句を言ってやらねばなるまい。
 この世界を、どうしてこんな風な形に作り上げてしまったのか、と。

「あんた、暗い顔してるね」
 洞窟の中に造った俺の基地には同居人がいる。
「外にいる時はテンション高いのに、基地にいる時はいつもそう」
 そりゃあそうだ。自分のいる世界が作りものだと知れば、陽気ではいられない。
「外じゃ求められるからな」
 俺はちらりと第四の壁、あの忌々しい小さい窓を見た。窓は変わらずそこにあるが、今は黒い。これが白く光り始めたら、多分それは向こうの世界から「見られている」ということなのだろう。
「何を?」
「悪役を、だ」
 そう、俺は「悪役」だった。
 毎回毎回、何故か世界征服する方法を考えてしまう俺は、それを実行しようとしては「正義の味方」に殴られて失敗する。それは、ばっちり第四の壁の向こうから「見られている」状態だ。
 地平線の彼方までふっとばされても、不思議と死なない。それは俺にまだ役割があるということなのだろう。
 俺は死にたくないから、第四の壁が白く光る時は、陽気で道化でちょっと残虐な「悪役」を演じる。同居人の女はそれを評して「テンションが高い」というのだ。
「見られてるからな。悪役でいられるかどうか」
 同居人の女はきょとんとして俺の顔を見た。
 この世界は作りものだ、と他の連中に訴えたことがある。だが、みんな今のこの女みたいな顔をして、固まってしまう。そしてすぐに――
「ところで、次はどんな作戦をしよっか?」
 話を変えるのだ。この話題には、絶対に反応できないように作られている、そうに違いない。それは、俺を毎回倒す「ヒーロー」も同じだ。
 俺一人だけが「この世界は作りものだ」と気付いているのだ。
「次は幼稚園バスでも襲おう。前回襲ってから、半年以上過ぎている」
 一度襲われたからと言って、連中は対策を立てたりはしない。しかし、何回も同じことを繰り返すわけにはいかなかった。
 そんなことをしたら、精神が参ってしまうから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:響木 お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:224字
授業終了まであと27分。窓の外、大通りには桜が舞っている。その歩道の片隅に猫を見つけた。種類は確か、ロシアンブルー。その青い瞳と目があった。瞬間、寒気にもにた高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1026字
「ここがその、へぇ……」 三十代後半と見えるその男は、立派に蓄えたあごひげを撫でながら、とある施設の前に立っていた。 施設の名前は『あなただけの美術館』とだけ書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:633字
ーそこは、我々ヒトが踏み入れるべき領域ではなかった世の中にはさまざまな種類で芸術の形がある。芸術とは、ヒトの想像力を創造力により具現化したものである、と私は考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:663字
「オレだよオレ」そんなノックの音で俺は目を覚ました。時計を見る。まだ早朝の四時だった。俺は少し訝しく思いながらも、扉に近づいていく。オレだよオレ、と言う声は不思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:375字
人の体温と同じ気温です、と予報が出ていたある朝、僕は携帯の着信音で目を覚ました。「はい、もしもし」僕はベッドから半分体を起こして答える。「おめでとうございます 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:君と運命 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:311字
おいおい、わざわざそっちに行くのかよ。そっちは山根の馬だぜ?そんなにムキになたらなくったっていいのに。聡はしぶしぶ右へ重心を傾けた。「なぁ、山根に勝てっこない 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけの犯人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1168字
「俺が中学の時にさ……」 目の前の女子生徒を見てもないような顔で、中村は突然語り出した。俺も、その女子生徒――津村も怪訝な顔でヤツを見た。「教室の机がズタズタの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の粉雪 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1293字
僕の住んでいる家の近くの高台の上には、小さな公園がある。公園へと続く石の階段のふもとにベンチと自販機が置かれているのだけれど、小学校の頃の僕は、学校の帰りにそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2044字 評価:2人
蟻だ、蟻が近い! 蟻が近くにいる! 1メートル以上ある大きな蟻が、カチカチと顎を鳴らしているのが聞こえる! それは、バイオハザード! ここは、極秘の薬学研究所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の始まり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1239字
自称天才のイデオ博士は、人造人間を造ろうと企んだ。 その動機は、数多くの凡人と同じ理由からである。すなわち、イデオ博士はモテないのだ。「こんなにも天才な博士で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけババァ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1203字
「今日はゆるキャラのオニババちゃんが来てくれました! みんな拍手で出迎えてください!」 舞台袖から現れたのは、二頭身の着ぐるみだった。最初の内は拍手の音が鳴り響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:魅惑の俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1363字
すごい美人の写真を牛山が持っているらしい。「あの野郎、足元見やがってさ、画像を転送してほしかったら1000円払えって言うんだぜ?」 馬場はそう言って憤慨してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恥ずかしい別れ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1281字
「去年さ、すっごい恥ずかしい別れ方したんだよ」 シンゴがそんな風に切り出してきたので、ナナミは「モテるアピールかな」とウザったく思いながらも「うんうん、それで? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な空想 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1157字
「先生、校庭にサイクロプドペガミノケンタウロスコーンがいるー」「え、何? もう一回言って」「サイクロプドペガミノケンタウロスコーンだよー」 何を言っているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない夜中 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1150字
最近、このあたりは物騒だ。 昨夜も通り魔があったらしい。警察官がたくさんうろうろしていた。 現場となったのは公園で、被害者が倒れていた辺りにはビニールシートが 〈続きを読む〉