お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1082字

兄弟の投資
 父の教えは「お金は自分への投資になるよう使いなさい」というものだった。
 僕も弟も、それを胸に生きてきた。
 自らを研鑽することを厭わず、入学試験や資格試験、就職戦線を勝ち抜いてきた。
 しかし、どれだけ磨いても、尚磨き足りないのが人間というものなのかもしれない。あるいは、僕も弟も、磨きすぎてすっかり削れてしまったのかもしれない。
 僕は会社で忙殺される中、心がぽっきり折れる音が聞こえてから、家の中から出られないでいる。今は貯金を元手に株の運用でギリギリ生きている。
 弟は、もっと折れるのが早かった。
 就職に失敗し、家にパラサイト。弟は自分自身に厳しいタイプなので、何とか自立しようと躍起になってはいるのだが、結果は芳しくない。
 父が厳しく発破をかけ続けたせいもあり、弟は折れた心を癒すこともなく「次へ、次へ」と焦り過ぎて、遂には完全に粉々になってしまったようだ。
 加えて、この兄の失敗である。兄ちゃんのようになるのだ、と弟は常々言っていたそうだが、兄ちゃん以上に心がぼろぼろになってはいけないだろう。
 そういうわけで、我が実家で弟は引きこもっていたのである。
 数日前までは。

 実家の惨状と言ったら、筆舌尽くしがたいものだった。
 外見は慣れ親しんだ我が家なのだが、一歩中に入ると目を疑う光景が広がっている。
 柱や壁、床や梁についた大きな傷。そして、こびりついた血痕。
 何よりも、廊下に倒れる二人の人物。そう、父と母だ。
「やったのか?」
 立ち尽くす三人目の影、弟に僕は尋ねた。
「そうさ」
 弟はどこか得意げだった。昔と変わらない。すぐに感情が表情になって出てくる。
 いつもの弟だ、両腕が刃物になっている以外は。
「どうしたんだ、その腕?」
「投資さ」
 弟はにやりと笑う。
 何でも、改造人間と言うものを造る会社が実際にあるそうで、弟は親のカードを使ってそこで改造手術を受けたらしい。両腕を鋭い刃物にするのは、最も安い改造だそうだが「こんなものでも効果てきめんだった」と血を拭いもしていない刃を見せびらかす。
「俺はこれで、天下を取るんだ。この刃に切れないものはない。この力で、馬鹿にしてきた企業の採用担当者も、ハローワークの職員も、親も殺したんだよ」
 そうだな、と僕はうなずいた。天下が取れると思ったんじゃなくて、弟の犯した所業についてだ。
「兄ちゃんは、俺の味方か?」
「敵だよ」
 僕が来たのは弟を裁くためだった。そのために、僕も投資した。
 弟が刃を振るうよりも早く、僕は投資して手に入れた拳銃で彼を撃ち殺したのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1042字
人類の次のステップはなにかと聞かれたら、不老不死、タイムスリップと誰しも答えるだろう。無論、筆者である僕もそうなると信じてた。 だけど、現実は違った。 増えす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:681字
俺はナイフの代わりに札を投げる。誰もこの鋭い投資から逃げる事は叶わない。この札に描かれた最高金額を象徴するYU☆KI☆TIそう、俺だって初めて喰らったときは逃げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:475字
「困ります。こんなにいただけません」私は姪にお年玉を渡した。彼女は複雑そうな表情で、それを私に突き返した。「遠慮することはないよ。君ぐらいの年の子には欲しいもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
先行投資 ※未完
作者:表田 圭 お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:520字
小さい頃から、僕は周囲とは違うのだと疎外感を持て余していた。 小学校からの帰り道に捨て犬がいると、みんなは可哀想だと云って、各々の家からミルクやらパンやらを持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの作家デビュー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:351字
はあ・・・作家デビューがまだ完成していない・・・このままじゃ〆切に間に合わない・・・あと1時間しかない・・・まだ半分も終わってない・・・このままクビになるのか・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な芸術 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:19979字
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:708字
使い魔として猫を飼い始めたのだけど、なかなか仲良くなれない。歳がまだ赤ん坊だからなのか、あるいは子供だからからかわれてるだけなのか。「……」 なんにしてもエサ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋の悪意 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:958字
異常気象というやつなのか、ここ数年は夏から即冬になるような気候が続いている。 12月を過ぎても最高金20度だったかと思えば、翌日は一気に冬めいてくるなど、最早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の口 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1033字
「ミダス王の話は知っているかい?」 不意に彼はそんなことを言い出した。「僕が言いたいのはロバの耳の方の話じゃなくてね。『金の大好きな王様』と言えば分かるかな? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:オレだよオレ、野球 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2949字 評価:2人
山下が死んだ。 それからというもの、百瀬の様子がおかしい。 毎朝、誰よりも早くグラウンドに来るようになった。そしてひたすら走り込み、素振りを行い、チームメイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:バイオ視力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:895字
「それでですね、今回の企画なんですが……」 週刊少年オーバーエイジの編集者・田崎は、漫画家のドブルズ篠田の前に資料を広げて見せた。 週刊少年オーバーエイジは、編 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な想い 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1185字
高山くんの告白を、アキコは断ったらしい。 高山くんと言えば、クラス一のイケメンと言うわけではないが、まあ三番ぐらいには入る。別に暗いとかそういうわけでもないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度のブランド品 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1375字
「あいつ絶対、パパ活とかエンコーやってるわ」 木村がそう断言するのは、必修の科目が同じ太田という女子のことだった。「見たかよ、あいつの財布? あんなもん大学生が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:調和した野球 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:800字
バンディッツは追い込まれていた。 オールスター前のスミドロンズとの首位攻防戦、9回裏ワンナウト満塁、犠牲フライでもサヨナラの場面。前半戦をどうしても首位ターン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の食堂 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1072字
わたしの勤める会社の周辺には、「食堂」を冠する飲食店が3つある。 「食堂・五郎八」は和食を中心にした昔ながらの食堂で、おじさんが多い。 「元気食堂」は自然食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:3616字 評価:0人
うだるような暑さの中、ユウコが彼氏であるタツオの家を訪ねると、玄関の鍵が開いていた。 いるのかな、と思って「来たよー」と言いながら戸を開けると、知らない女が奥 〈続きを読む〉