お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1082字

兄弟の投資
 父の教えは「お金は自分への投資になるよう使いなさい」というものだった。
 僕も弟も、それを胸に生きてきた。
 自らを研鑽することを厭わず、入学試験や資格試験、就職戦線を勝ち抜いてきた。
 しかし、どれだけ磨いても、尚磨き足りないのが人間というものなのかもしれない。あるいは、僕も弟も、磨きすぎてすっかり削れてしまったのかもしれない。
 僕は会社で忙殺される中、心がぽっきり折れる音が聞こえてから、家の中から出られないでいる。今は貯金を元手に株の運用でギリギリ生きている。
 弟は、もっと折れるのが早かった。
 就職に失敗し、家にパラサイト。弟は自分自身に厳しいタイプなので、何とか自立しようと躍起になってはいるのだが、結果は芳しくない。
 父が厳しく発破をかけ続けたせいもあり、弟は折れた心を癒すこともなく「次へ、次へ」と焦り過ぎて、遂には完全に粉々になってしまったようだ。
 加えて、この兄の失敗である。兄ちゃんのようになるのだ、と弟は常々言っていたそうだが、兄ちゃん以上に心がぼろぼろになってはいけないだろう。
 そういうわけで、我が実家で弟は引きこもっていたのである。
 数日前までは。

 実家の惨状と言ったら、筆舌尽くしがたいものだった。
 外見は慣れ親しんだ我が家なのだが、一歩中に入ると目を疑う光景が広がっている。
 柱や壁、床や梁についた大きな傷。そして、こびりついた血痕。
 何よりも、廊下に倒れる二人の人物。そう、父と母だ。
「やったのか?」
 立ち尽くす三人目の影、弟に僕は尋ねた。
「そうさ」
 弟はどこか得意げだった。昔と変わらない。すぐに感情が表情になって出てくる。
 いつもの弟だ、両腕が刃物になっている以外は。
「どうしたんだ、その腕?」
「投資さ」
 弟はにやりと笑う。
 何でも、改造人間と言うものを造る会社が実際にあるそうで、弟は親のカードを使ってそこで改造手術を受けたらしい。両腕を鋭い刃物にするのは、最も安い改造だそうだが「こんなものでも効果てきめんだった」と血を拭いもしていない刃を見せびらかす。
「俺はこれで、天下を取るんだ。この刃に切れないものはない。この力で、馬鹿にしてきた企業の採用担当者も、ハローワークの職員も、親も殺したんだよ」
 そうだな、と僕はうなずいた。天下が取れると思ったんじゃなくて、弟の犯した所業についてだ。
「兄ちゃんは、俺の味方か?」
「敵だよ」
 僕が来たのは弟を裁くためだった。そのために、僕も投資した。
 弟が刃を振るうよりも早く、僕は投資して手に入れた拳銃で彼を撃ち殺したのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1042字
人類の次のステップはなにかと聞かれたら、不老不死、タイムスリップと誰しも答えるだろう。無論、筆者である僕もそうなると信じてた。 だけど、現実は違った。 増えす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:681字
俺はナイフの代わりに札を投げる。誰もこの鋭い投資から逃げる事は叶わない。この札に描かれた最高金額を象徴するYU☆KI☆TIそう、俺だって初めて喰らったときは逃げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:475字
「困ります。こんなにいただけません」私は姪にお年玉を渡した。彼女は複雑そうな表情で、それを私に突き返した。「遠慮することはないよ。君ぐらいの年の子には欲しいもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
先行投資 ※未完
作者:表田 圭 お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:520字
小さい頃から、僕は周囲とは違うのだと疎外感を持て余していた。 小学校からの帰り道に捨て犬がいると、みんなは可哀想だと云って、各々の家からミルクやらパンやらを持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:汚いぬくもり 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:816字
母親といってまず思い出すのがエプロンだ。大きめのポケットがお腹のところについていた。小さかった頃の俺はよくそのなかに入り込んで、母親が家事をするのをお腹にくっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1026字
「ここがその、へぇ……」 三十代後半と見えるその男は、立派に蓄えたあごひげを撫でながら、とある施設の前に立っていた。 施設の名前は『あなただけの美術館』とだけ書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:633字
ーそこは、我々ヒトが踏み入れるべき領域ではなかった世の中にはさまざまな種類で芸術の形がある。芸術とは、ヒトの想像力を創造力により具現化したものである、と私は考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけの犯人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1168字
「俺が中学の時にさ……」 目の前の女子生徒を見てもないような顔で、中村は突然語り出した。俺も、その女子生徒――津村も怪訝な顔でヤツを見た。「教室の机がズタズタの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の粉雪 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1293字
僕の住んでいる家の近くの高台の上には、小さな公園がある。公園へと続く石の階段のふもとにベンチと自販機が置かれているのだけれど、小学校の頃の僕は、学校の帰りにそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2044字 評価:2人
蟻だ、蟻が近い! 蟻が近くにいる! 1メートル以上ある大きな蟻が、カチカチと顎を鳴らしているのが聞こえる! それは、バイオハザード! ここは、極秘の薬学研究所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の始まり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1239字
自称天才のイデオ博士は、人造人間を造ろうと企んだ。 その動機は、数多くの凡人と同じ理由からである。すなわち、イデオ博士はモテないのだ。「こんなにも天才な博士で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけババァ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1203字
「今日はゆるキャラのオニババちゃんが来てくれました! みんな拍手で出迎えてください!」 舞台袖から現れたのは、二頭身の着ぐるみだった。最初の内は拍手の音が鳴り響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:魅惑の俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1363字
すごい美人の写真を牛山が持っているらしい。「あの野郎、足元見やがってさ、画像を転送してほしかったら1000円払えって言うんだぜ?」 馬場はそう言って憤慨してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恥ずかしい別れ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1281字
「去年さ、すっごい恥ずかしい別れ方したんだよ」 シンゴがそんな風に切り出してきたので、ナナミは「モテるアピールかな」とウザったく思いながらも「うんうん、それで? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な空想 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1157字
「先生、校庭にサイクロプドペガミノケンタウロスコーンがいるー」「え、何? もう一回言って」「サイクロプドペガミノケンタウロスコーンだよー」 何を言っているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない夜中 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1150字
最近、このあたりは物騒だ。 昨夜も通り魔があったらしい。警察官がたくさんうろうろしていた。 現場となったのは公園で、被害者が倒れていた辺りにはビニールシートが 〈続きを読む〉