お題:それいけ流刑地 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1001字

孤島の利用法
 フスリス王国の神官・レザードは、政治的対立から陰謀に巻き込まれ、謀反の罪を着せられて島流しに遭った。
 流刑先は絶海の孤島・ラターア島。水平線の彼方に見える本土に思いを馳せながら、レザードはこの三年間を祈りの中で過ごした。
 確かに都は恋しい。しかし、ここで命を拾ったのは神のおぼしめしだ。まだ自分にはやることがあるのだろう、と理解していた。
 そんなある日、本土から兵士がやってきた。
 ラターア島にも人は住んでいる。彼らから施しを受けながら、レザードは生活していた。島に常駐していなかった神官の代わりに、ちょうど収まった形である。
 島には流刑者の見張りも兼ねて兵士が駐留しており、その交代かと思ったが、どうやら違うらしい。上等の鎧を着ており、レザードには彼らが王の勅命を受けた騎士であるとすぐに分かった。
 騎士たちは島民全員を集めて言った。
「このラターア島に住む人間全員の立ち退きが決まった。これは王の命令である」
 島民たちに困惑が広がる。レザードは彼らを代表して尋ねた。
「一体どういう理由で、そんなことを言うのか。私を除くここにいるすべての島民は、みんなこの島で生まれ、育ち、生活してきた。それを簡単に立ち退けなどと、どこに行けというのか」
 騎士は、島民たちはそれぞれ王国の領土に振り分けられる、と説明した。
 内陸の土地で、主に漁業を生業としてきた島民たちが暮らすのは難しい。レザードがそう抗議すると、騎士は短気な性質なのか腰のものに手をかけた。
「レザード殿、貴殿は最早王宮の神官でなくなって久しい。今の貴殿はただの謀反人だ。そのことを忘れるなよ……」
 それでもレザードは引き下がらなかった。「とにかく納得できる理由を教えてほしい」と訴えた。
 騎士たちは顔を見合わせ二、三言相談すると、改めて島民たちに語り始めた。
「実は、フスリス王国にて救世の勇者の召喚が行われた。勇者は正しく異世界より来て、王国を新たな未来へ導く。その一環で、このラターア島を使わねばならないのだ」
 レザードは思わず天を仰いだ。彼が陰謀に巻き込まれた原因、それが「救世の勇者」を召喚するかの是非で、反対派に回ったためだった。異世界のものに頼らず、我々で何とかすべきだと。
「勇者は、何と?」
「この島を使って、何やら『テーマパーク』なる遊戯施設をつくるらしい」
 弄んでいる、とレザードは歯噛みした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:633字
ーそこは、我々ヒトが踏み入れるべき領域ではなかった世の中にはさまざまな種類で芸術の形がある。芸術とは、ヒトの想像力を創造力により具現化したものである、と私は考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄文 ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーとキス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:425字
缶コーヒーを買った。本当は隣にある緑茶が飲みたかったのだが。どうやら、睡眠不足で碌に頭が働いていないらしい。捨てるか。「待てよ」 突然、何者かに話しかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、わずらい 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:386字
タバコがやめられません。先生、タバコがやめられないのです。先生に止められているから、本当はやめなきゃいけないのに。タバコがやめられないんです。やめたいと思うんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ドア 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:663字
「オレだよオレ」そんなノックの音で俺は目を覚ました。時計を見る。まだ早朝の四時だった。俺は少し訝しく思いながらも、扉に近づいていく。オレだよオレ、と言う声は不思 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:375字
人の体温と同じ気温です、と予報が出ていたある朝、僕は携帯の着信音で目を覚ました。「はい、もしもし」僕はベッドから半分体を起こして答える。「おめでとうございます 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:君と運命 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:311字
おいおい、わざわざそっちに行くのかよ。そっちは山根の馬だぜ?そんなにムキになたらなくったっていいのに。聡はしぶしぶ右へ重心を傾けた。「なぁ、山根に勝てっこない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけの犯人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1168字
「俺が中学の時にさ……」 目の前の女子生徒を見てもないような顔で、中村は突然語り出した。俺も、その女子生徒――津村も怪訝な顔でヤツを見た。「教室の机がズタズタの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の粉雪 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1293字
僕の住んでいる家の近くの高台の上には、小さな公園がある。公園へと続く石の階段のふもとにベンチと自販機が置かれているのだけれど、小学校の頃の僕は、学校の帰りにそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2044字 評価:2人
蟻だ、蟻が近い! 蟻が近くにいる! 1メートル以上ある大きな蟻が、カチカチと顎を鳴らしているのが聞こえる! それは、バイオハザード! ここは、極秘の薬学研究所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の始まり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1239字
自称天才のイデオ博士は、人造人間を造ろうと企んだ。 その動機は、数多くの凡人と同じ理由からである。すなわち、イデオ博士はモテないのだ。「こんなにも天才な博士で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけババァ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1203字
「今日はゆるキャラのオニババちゃんが来てくれました! みんな拍手で出迎えてください!」 舞台袖から現れたのは、二頭身の着ぐるみだった。最初の内は拍手の音が鳴り響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:魅惑の俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1363字
すごい美人の写真を牛山が持っているらしい。「あの野郎、足元見やがってさ、画像を転送してほしかったら1000円払えって言うんだぜ?」 馬場はそう言って憤慨してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恥ずかしい別れ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1281字
「去年さ、すっごい恥ずかしい別れ方したんだよ」 シンゴがそんな風に切り出してきたので、ナナミは「モテるアピールかな」とウザったく思いながらも「うんうん、それで? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な空想 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1157字
「先生、校庭にサイクロプドペガミノケンタウロスコーンがいるー」「え、何? もう一回言って」「サイクロプドペガミノケンタウロスコーンだよー」 何を言っているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない夜中 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1150字
最近、このあたりは物騒だ。 昨夜も通り魔があったらしい。警察官がたくさんうろうろしていた。 現場となったのは公園で、被害者が倒れていた辺りにはビニールシートが 〈続きを読む〉