ユーザーアイコン
お題:ぐちゃぐちゃの火事 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:773字

雨乞いとしての物語行為

 タコ足配線って、あるだろ。
 二時間以上に及ぶクレーム対応を追え、苦味を帯びた沈黙と疲労に押し包まれたレジカウンターの内側で、先輩は唐突にそう言った。
 レジに立つ私たちのうちの誰にも、普段どおりの雑談を遂行する力は残っていなかった。生真面目な後輩だけがかろうじて、ストレスで未だ青ざめながら、ええ、とため息のように返事をした。あまりに律儀なその声に何故だか私は泣きたくなった。
 先輩は前方を見つめたまま、滔々と言った。

「タコ足配線が、原因の、火事が、火事、よくニュースに出てるだろ、あの便利なやつ、ひとつのコンセントを拡張して無理やり炊飯器もレンジもポットもゲームも充電器も何もかんも繋いで、コードが絡まった悪魔みたいになってるやつ、あるだろ。負荷が掛かりすぎてそこから燃えちゃうやつ。
 あのな、あれな、人間も同じだと思うんだ、おれ、こういうときに。
 頭の中に百本くらいの真っ黒いコードがぐっちゃぐちゃに絡まりあって、どのコードが何に繋がっているかも誰にも分からないまま、百本のソケットが、一個か二個くらいのコンセントでむりやり動いてるんだ、想像するだけでやっばいよな、それがさ、もうどんどんコードが増えて、コンセントの数は増えなくて、それでも無理やり動かしてるうちに、ああやって発火して、百本のコードがぜんぶ燃えて」

 そこまで一息に述べてから先輩は黙った。おおよそ雑談の範疇を越えた言葉たちだった。私は生真面目な後輩を見やり、彼女が返事に窮していることを悟り、脳裏の力尽きたコンセントに新しくソケットを刺す様を思い浮かべながら、あとを引き取った。

「さっきのクレーマーがそうだと?」

「うん。そう。あのひとめっちゃ発火してたな。めっちゃ燃えてた。苦しいだろうな」

「かといって延焼は困ります」

「うん。そう。消防車が
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:408字
「ハロウィーンは、逢魔が時だよね」 「死者と生者の境があいまいになる、という意味ではそうかな?」 「黄昏時、とも言うから、彼と誰の間も曖昧になる」 「でも、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:988字
長く茶色の髪を持つ、あの女性は、たしかに美しかった。愛想よく街を歩き、泣いている子どもがいれば駆けつけて、困っている老人には手を貸してあげる。この二つだけで、 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉