ユーザーアイコン
お題:空前絶後の曲 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:632字

火中のカフカ

 男は、思考のための言語として音階を用いた。
 音楽の才能があった訳ではない。幼いころにわずかばかりピアノを習い、五線譜の読み方を習っただけで、彼から音楽は取り上げられた。父親が失業し、ピアノ教室へ通うための月謝など望むべくもなくなったのだ。バッハにもモーツァルトにも辿り着く前のことだった。
 その後も長く男の生活は貧しく、音楽への道は閉ざされつづけた。貧困に落ちた家庭は重苦しく、父も母も鼻歌をうたうような人間ではなかったし、広場でかき鳴らされるロマのアコーディオンも、みすぼらしい男の前はただ通り過ぎるだった。何といったって、コインを乞うロマたちよりも、男の服の方が擦り切れてぼろぼろだったのだから。
 けれど寡黙な男の頭の中では常に音楽が響いていた。
 正確に言えばそれは音楽ではなかった。音階を伴う思考、あるいは、思考を伴う音階でしかなく、そこには旋律も歌詞もなかった。長い音楽の歴史上、その理論との繋がりも、ほとんど僅かにしか残っていなかった。その音楽は男以外に聞き手を持たなかったから、特にそれで不都合はなかった。不都合があるとすれば、その音楽を人と会話するための言葉に置き換える翻訳が困難で、男の口がいつも重かったということくらいだ。

 やがて男は年老いて、一度も音楽の道に戻ることなく息を引き取った。
 五線譜の書き方もろくに習わなかった男は、それでもたった一度だけ、脳裏で鳴り響く思考をたどたどしく音符に書き留めていた。たった一枚の楽譜は、
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文字の戦争 ※未完
作者:かの歌 お題:小説の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:261字
私は今小説の中にいる。小説を読んでいたら突然、小説の中に入ってしまったのだ。しかも読んでいた小説のジャンルは戦争ものだった。 異世界に入り込んだ私はある違和感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
尾ける男 ※未完
作者:イグモ お題:女のアパート 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:285字
ふと魔が差して、通りすがりの女を家までつけてみた。一抹の罪の意識がないわけではない、むしろその罪の意識こそ、万事が平和な、窮屈極まる日曜日の午後に少しのスリルと 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉