ユーザーアイコン
お題:寒い貯金 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:616字

流通しない黄金の価値 ※未完

 いったいどんな魔法か、それとも呪いなのかは分からない。
 その子の口から初めて金貨が零れ落ちたのは、まだ物心もあやふやな二歳半のころ、クリスマスの近づいた十二月半ばのことだった。寒空の下、木枯らしに身を縮めながら、寒い寒いと呟きつつベビーカーを押す母親を真似て、その子が言葉を繰り返したとき、白い吐息とともに、小さな唇と歯の隙間から、この世のどの国でも使われたことのない美しい金貨がことりと落ちたのだ。
 母親は、最初のうち、気づかなかった。ベビーカーのクッションの上に転がる、やけに精巧な金貨を摘み上げてなお、それがおもちゃだと思っていたのだ。彼女も、夫も、まだ一度も本物の金を触ったことがなかった。だから分からなかったのだ。
 だが、年が明けて幾ばくも立たないうちに、ことは明らかになった。さぁ散歩に行きましょうと母が玄関を開けたとき、吹き込んだ冷たい風に子は身を竦め、嫌だ嫌だ寒い寒いと言った。玄関のタイルの上に金貨が続けざまに落ちた。それがポケットからではなく、子の口の中から転がり落ちたのを、注意深い母は見逃さなかった。慌てて子の口を開かせ、おもちゃを食べたら窒息するでしょうと叱ってみたが、その小さな口の中には何もない。子がまた寒いと言ったとき、何もなかった口の中に忽然と金貨が現れた。母はすぐに現実を理解した。

 両親が取った行動は、すぐさま家を引き払い、熱帯へ移住することだった。
 たとえ夜風が冷たくても、ど
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:寒い貯金 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1350字
「寒い! 寒い! 寒い!」「うるさい!」 寒いのはわかりきっている。何せ雪がちらついてるんだからな。だからといって、いちいち口に出すんじゃない。 そう言うと松田 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あふひ お題:寒い貯金 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:373字
「たかちゃん、寒いっていいすぎー。今度から一回言ったら100円とるからね」コンビニの帰りに佳奈が言う。孝俊はその手を引っ張って自分のポケットに入れた。シリウスが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い貯金 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:480字
グーグルエンジンはとても優秀だ。パソコンに向かって、コンマ何秒かで有意義な検索結果を表示するそれに満足していると突然横から声がした。「何やってるんですか?レポー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:戦争と絶望 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:861字
どうも私は気が狂っているらしく、ふたつの時間を交互に生きている。 現在と100年後の世界、と言うべきか、100年前と現在の世界、と呼ぶべきか、いまいち判断が付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな傘 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:782字
不思議ではあるけれど、何の役にも立たない代物、というのが世の中にはそこそこ存在する。 祖父から譲り受けたこの傘も、そんな代物のひとつだった。祖父もまた知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの笑い声 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:855字
祖父はレコードが好きだった。 若い頃は歌うことも好きで、ほんのひととき、歌手として活躍したこともあったらしい。祖父の家には、その頃の古いレコードが何十枚も眠っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:有名な消費者金融 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:800字
名前を粗末に扱ってはいけない、というのは、魔法使いでなくても知っているこの世界の常識である。 名は当人を表す最も短い呪いであり、その名を貶めたり変質させてしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:人妻の脱毛 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:654字
もともと、自分の容姿に対して卑屈気味なところがある人だ、とは解っていた。 私から見れば輝かしいほどの服装センスも、ドレッサーを埋め尽くす化粧道具も、まめまめし 〈続きを読む〉