お題:興奮した嫉妬 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:719字

湯気女
 風呂場に湯気が充満していた。家族が先に入ったわけでもなく、今から浴槽の掃除でもしようと窓を開け放して換気していたくらいなのに、一体どこからこの湯気は生まれたのか。霧の濃い夜のような有様で、すっかり白くて前も見えないほど。
 換気扇をつけてしばらく待つと、案の定、湯気は人の形をとりはじめた。勝手に発生したそれは勝手に収束し、かわりに全裸の女が現れ、俺に非難の視線を浴びせる。
「うらめし……」
 怨念でも口にしようとしかけたそいつを無視してシャワーを浴びせようとすると、さすがに慌てて天井近くへと浮遊して避けた。
 手の届かないところへいってはどうしようもない。シャワーなら届かなくもないだろうが、頭上に向ければ自分が濡れる。女と違って俺は全裸というわけではなかった。
「よくも私を振って、あんなガリチビに乗り換えたわね……」
 気を取り直して恨み言を再開する元恋人をしげしげと見つめ、最初に抱いた感想は、ずいぶん変わったなということだった。
「お前、太ったな」
「なんですって!」
 生霊らしからぬ金切り声をあげて、頭上から飛来して爪を立ててくる。実態はなく湯気と同じなので、俺に触れた端から水滴へと変わっていく。
 顔を目当てに付き合っていたわけではないが、ここまでの変わりようだと若干の罪悪感を覚える。ストレスで痩せるタイプと太るタイプといるが、彼女の場合には残念ながら後者だったらしい。最初は怒っていた元恋人も、だんだんと自分の見かけが気になりだしたのか、風呂場の鏡を覗き込みはじめた。
 近づくとすぐに曇ってしまうので、シャワーで曇りをとってやると彼女は自分のフェイスラインを確認し、
「太ったかしら……」
 落ち込みつつ
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:すごい彼氏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:163字
凄い彼氏と雪どんな人といたら幸せだろう雪はそんなことを思いながら今の彼氏とデートしていた雪は悪い女を自覚していた歩きながら次なる彼氏を探していたのだ途中、右側に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:求めていたのは食堂 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:4986字
数か月前まで読んでいた小説の中の主人公は、随分と厭世主義だった。こんな世の中は嫌だ、こんな世界、何かが間違っている、と、そう思いながら過ごしているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月@練習 お題:犯人は川 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:298字
川、と、ダイイングメッセージにはあった。川島?山川?名前に川が入った人間の犯行か……と、調査したものの、めぼしい周辺人物はいなかった。なら、凶器か?被害者の死因 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:興奮した発言 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:848字
ありきたりな日常。こんな日々がずっと続くのだと、そう思っていた。しかし、不変的な日常なんてものは存在しない。あるのはただ、出会いというの名の元に在り続ける小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:激しい暴力 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:477字
「痛い」「体を動かす度に痛い、そして甚振られる」「虐待親め...○ねばいい」あの日々は地獄だった。「だった」と過去形に物事を語れる今の私は素晴らしい。暴力なき生 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の恋愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
「私(わたくし)、諦めませんわよ……」 まあまあまあまあ、と目に涙をためてプルプル怒りに震える友人を宥めながら、なんでこうなるかなあと苦笑いしていた。 彼女の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と欲望の汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:309字
これは、1264年に起きた出来事。村の人たちは王によって強制労働をされていた。やめたくてもやめれない。その日々が続きついに死亡者がでた。村の人々はもうだめだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い傑作 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:319字
私は、小説家。だがまったく売れない小説家。「なにか傑作を考えなければ。」私は鉛筆を走らせる。「これではだめだ」何回も、何回も、鉛筆を走らせては紙を破きとうとう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:楽観的ないたずら 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:899字
いたずらがいたずらと認識されないのならば、犯罪も犯罪ではない。 とはいえ、死体が転がる街というのはおかしさに溢れてる。見渡すかぎり、死、死、死が転がってる。其 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:大人の計画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:868字
「14歳で不老不死になる」、と決意して、気が付けば42歳になっていた。 若いといえばまだ若い。これからの人生の中では、今が一番若い。 目の前の石の入ったフラスコ 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2746字 評価:1人
見送りに手を振る彼女の姿が遠ざかっていった。車の運転席から品定めする視線があるのにも気づかず、無邪気に僕へと笑顔を向ける。僕は嬉しくなって窓から身を乗り出しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2566字 評価:0人
司会者の指先の動きを、観客は息を呑んで見守った。一夜で作られた屋外ステージの、アルミの床板。そこに音を立てて転がった一個のパチ○コ玉を拾い上げる指は、司会者自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
筋書きなし ※未完
作者:にい お題:愛と憎しみの狸 必須要素:二号機 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1482字
「今夜はタヌキ鍋だ」 婆さんを煮込んだあとの残り汁が、沸騰しながらタヌキの肉を浮き沈みさせる。調味料も入れていないのに絶妙の味加減だったのは、たぶんすでにタヌキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かの人 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:719字
空中に絵を描く技術は、念動力で行っているのだという。空気を構成するものは並べ替えると色がつくようで、友人の指先がなぞった軌跡に、赤だったり青だったりが浮かび上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
アラーム ※未完
作者:にい お題:イギリス式の風 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:603字
部屋中に設置された時計が、一斉に午前五時を示した。部屋のあるじは偏執的なまでに正確さにこだわり、一秒のズレもないように、常に手入れを欠かさない。家にいるあいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:怪しいぐりぐり 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:643字
あまりにも仕事が暇なので、一日中爪やすりに凝っていたのだが、最近では飽きてきてべつの時間潰しを見つけることにした。デスクから山程の爪の残骸と各種やすりを片しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:トカゲのスキル 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2897字
波にもぐる。感覚としてはそれに近い。広大な海原のどこまでも続く波間に、ゆっくりと頭を沈めていく。時刻は自由に設定できるから、わたしはいつも夜明け前のイメージに 〈続きを読む〉