お題:危ない芸術 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:935字

芸術家と恋人
 波打ち際に立ちすくみ、桃子は祈るような気持ちで恋人を見守った。今日は恋人が長年温めてきた構想をついに世に解き放つ。彼自身が十年かけてようやく完成させた芸術作品を、ようやく展示しようという初日なのだ。桃子が彼に出会う前から彼の中にあったそのイメージが、今日ようやく物質的な形を取って日の目を見る。彼のもっとも身近な存在であり、最大のファンでもある桃子にとっては、楽しみなような、それでいて少し怖いような気もした。

 思えばこの半年ほど、作品の総仕上げにかかりきりだった彼とはほとんど顔すら合わせていない。同居している桃子が作っておいた料理を、夜中に帰宅した恋人が温めて食べる。朝は目覚めてから仕事へ行く前、空っぽの彼のベッドを横目に彼の食べ残しの皿を洗う桃子。眠気のためか夢の中で号泣したせいなのか、目はいつだってほのかに腫れていた。

 やがてそんな繰り返しにも嫌気がさし、桃子は少しずつ料理の中に海苔の欠片を混入させるようになった。ぱらぱら、ぱらぱら。炊き込みご飯やたらこパスタはもちろん、ハンバーグの種やカレーの鍋の中にも毎日少しずつ刻み海苔を混ぜ込んだ。
 ぱらぱら、ぱらぱら。
 おいしそうな香りを立てる温かな皿が、帰宅しない家主を待つ間に少しずつ冷めていくのを見つめていても、どうしてなのかその中に混ぜ込まれた黒い欠片のことを考えると、桃子の心は凪いでいられるのだった。

 いよいよ地平線の向こうに、サーフボード上でバランスを取った彼自身が姿を現した。芸術作品というからには桃子は美術館での展示のようなものを思い浮かべていたのだが、予想に反して作品は海上での彼自身によるパフォーマンスらしかった。

 ただ楽しげにサーフィンを楽しんでいるようにしか見えない彼の「作品」をいざ目にしてみると、桃子は胸の前で固く組み合わせていた手から次第に力が抜けていくのを感じた。

 ――こんなもののために私は。

 ふと目を上げると、強い日差しに照らされて光る彼の濡れた背中に、大きな海苔が張り付いていた。
 彼の乗った波が浜辺に近づいてくるにつれて、それが文字になっていることに、桃子は気が付かずにはいられなかった。
「いつもありがとう」
 桃子は砂浜に膝をついた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄の保険 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:926字
サトシが裏切った。 今や俺たち三人は孤立している。 星降るような街角には、夢みたいなイルミネーションの光が幾重にも取り巻いていた。 今日は12月24日。クリス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
寿司肉林 ※未完
作者:丘野なむ お題:ねじれたキス 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:274字
スーツ屋の青いネオンが辺りを照らす。何店舗ものアダルトショップの下品な看板を通り過ぎ、右の少し細い路地に入るとその店はある。鮨屋『寿司肉林』。幾多の男をこれまで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えんがわ お題:平和と冥界 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:865字
海苔巻きという食べ物をご存じだろうか。御存じだと思う。長方形の海苔にコメと具材を敷き詰め、ぐるぐると手て巻いて食べる日本の料理である。もっとも海苔で巻いただけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:清い嘘 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:473字
皆さんの食卓に海苔は置いてあるだろうか。素焼きのものや味付けのもの、佃煮など形態は様々だが、いずれも白米との親和性が極めて高い傑物である。彼らは和食界に於ける、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:日本式の命日 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:752字
たまにドラマの犯人とかが、月命日とかにも墓に花を供えにきたりしていて、そういう事で警察の人に犯人だと思われる場合がある。一年に一回の命日に花を供えに来たとしても 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:苦し紛れの小雨 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:1138字
実家から御米が送られてきた。「わーい」突然だけど、実家から御米が送られてくる人あるある。『とりあえずお米があれば、大丈夫でしょう?』って言われる。大丈夫じゃねえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい狐 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:661字
とある場所に狐の森があるらしい。猫の次に狐が好きな私は、狐の森に出かけてみた。丸一日かけてついたそこは、鬱蒼と木が生い茂って、まさに野生の動物が潜んでいそうだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くぐり岩 ※未完
作者:匿名さん お題:女の門 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:580字
こんもりと繁った森の中にひっそりと神社がまつられていた。神社の後ろには、二つの岩がよりそうようにそびえ、間には人が一人、やっと入れるくらいの隙間があった。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不屈の螺旋 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:842字
冬の寒さが肌を冷やす一室にて、ぼくたちはテレビを見ていた。今日は大晦日である。テレビ番組は視聴者を取り合い、しのぎを削っている。ぼくたち視聴者はそんなことは露 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:最強の恋 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:1152字
組織の幹部に恋をしてしまった怪人。「やめといたほうがいいですよ」 戦闘員にさえ止められる。 彼は20年以上前から禁忌とされている作戦を実施しようとしていた。 〈続きを読む〉

さなぎの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:ナウい狸 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:972字
たぬ吉は苛立った。たぬ吉には親の気持ちがわからぬ。だが世間の流行には人一倍敏感であった。 たぬ吉は自分の名前がたまらなく嫌いだ。たぬ吉という響きは決して今風で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:アルパカの酒 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:803字
「酒を用意しろ!」 一年半にも及ぶ砂漠の旅から帰るなり、長老ラクダはそうさけんだ。集落じゅうの酒とラクダたちが長老の住まいに集まってくる。村の跡継ぎと定められた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:嘘の銀行 必須要素:ラジオ 制限時間:2時間 読者:72 人 文字数:2148字
あなたの残高:50000億円 ATMのモニター上に表示された数値を見て、僕は思わず目を疑った。ご、ごまんおくえん? だがすぐに気を取り直し、落ち着いて「記帳」ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:危ない芸術 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:935字
波打ち際に立ちすくみ、桃子は祈るような気持ちで恋人を見守った。今日は恋人が長年温めてきた構想をついに世に解き放つ。彼自身が十年かけてようやく完成させた芸術作品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:安全な世界 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:632字
天涯孤独になったのは5歳のときだった。こんな身の上の子どもはめずらしくない。100年くらい前までは、両親やときには長寿の祖父母まで一緒に住んでいる家が普通の家庭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:求めていたのは恋 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:583字
「今日も収穫なし」 スマホのトーク画面に打ち込んで、そのまま手の中からバッグに電話を滑らせる。 お金持ちと結婚すると宣言してから毎日のように知らない相手とのデー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:正しい悪 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:932字
林檎がモチーフになったその絵のことを、街の泥棒ならだれもが狙っていた。17世紀に錬金術師が命と引き換えに描き上げたというその絵。50センチ四方の額縁いっぱいに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:女同士のキス 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:867字
春代さんは物心ついたときからの親友でした。私たちは隣の家に住み、学校へ上がるのも一緒なら恋をするのも同時期、そしてお嫁に行ったのも同じ年のことでした。 私はす 〈続きを読む〉