お題:いわゆる絶望 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:798字
[削除]

恋という名の、
天草礼生(あまくされお)という少女は、はっきり言って関わってはいけない人種だった。
まあ正直言って、普通に生活していれば平凡極まりない自分とはとても縁のある人種でもないのだが。
視界の片隅に映るだけでも空間が華やぐもので、教室の窓際、移動教室の廊下、休み時間の笑い声なんかは、俺の記憶に確かに爪痕を残していった。

でも、それだけだ。
こちらは認識していても、相手にはその他大勢有象無象。
俺の存在は、視界の片隅にすら入っていないだろう。

「世界が物語だとしたら、天草さんみたいなひとを主役に選ぶだろうね」
「人生の主役は、いつだって自分だろ」
「いいこと言うねえ。でも僕は主役になるために、今以上に頑張りたくないんだよね」

中庭で購買のパンを頬張りながら、友人たちの会話を聞いていて、確かにそうだと思えた。
天草礼生は世界のヒロインそのものだし、例えばその隣に立ちたいと願ったとして、そこまで辿り着く努力を自分ができるとは思えないのだ。

「誰だって、実る保証のない努力なんてしたくないもんな」

ぽつりと零した俺を、友人たちは一瞥して、各々の食べかけの昼食を見つめながら、確かに、とどちらともなく呟いた。
世の中には夢を見れる人種と、そうでない人種がいるものだ。
それに気づいた時、これからの長い人生を思うと酷く虚しく思えるけれど、そういうものだとも思う。いわゆる、絶望というやつだ。

「次、移動だろ」
「俺、忘れ物取ってから向かうから、先に行ってて」

友人たちと別れ、いったん教室に戻った俺は、がらんとした教室の隅に見慣れた少女の姿を見た。

「きみも、忘れもの?」

彼女の瞳に映り、その言葉が耳に届いた時。
世界の常識を覆しても、自分でない何かにならないといけないとしても、隣に立てる存在になれないかと思った。

この感情の名前を知っている。
これもいわゆる、絶望というやつだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぐり お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:329 人 文字数:1920字 評価:4人
彼女は双子の姉として生を受けた。一緒に生まれたきょうだいには妹がいた。 そして彼女は、20歳を迎えることはできないだろうと言われていた。 彼女だけ、言われてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:269 人 文字数:2309字 評価:0人
現状を有り体に言って、いわゆる絶望的な状況というやつである。 何せ明日がなくなってしまったのだ。「どういうことなんだろうな」 誰からともなく、何処からともなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:364 人 文字数:2815字 評価:0人
449220/042四谷篠擬木子 多々良智浩弘前愛小畑朝ジラフ花ゆーれい449220 042「・・・今日の高瀬のあの一句は、私が言いたかったわね・・・」赤いワン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホムラ ショウイチ お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:236 人 文字数:527字 評価:0人
望みが絶えること。 可能性が絶無であること。 もうどうにもならないこと。「なんでやねん」 と、異を唱えることすら出来ないほどの「終わり」 それが今の、自分の状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雨後の竹の子 ※未完
作者:綾河かすみ お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:310 人 文字数:3692字 評価:1人
「三年目の、浮気くらい大目に見ろよお」 こぶしをきかせて、台所でかちゃかちゃと洗い物をしながら市村が歌っている。私はベッドから身を起こして彼を睨んだ。「あのさあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:GoTo_Label お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:279 人 文字数:1537字 評価:0人
ここはあの世のとある一角。 大鍋が薪に炙られ、ぐらぶらと煮え立っている。 その横には料理長たる白装束の男が「当夜の食材」を傍らにして立っている。 すぐ傍らにテ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵衣@日刊休止中 お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:243 人 文字数:2644字 評価:0人
ふんふんふん、と嬉しそうに鼻歌を歌いながら、ハルカはチーズケーキを食べている。 よくもまあこの細い体に入るものだと思いつつ、マツリは黙ってサンドイッチを食べて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和才乃亞 お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:208 人 文字数:1404字 評価:0人
絶望と言われて思い浮かぶ情景は? 多分人それぞれで違う言葉が返ってくるだろうし、立場や状況でも違ってくるだろう。 ちなみに、今の俺にとっての絶望は、なんにもネ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:269 人 文字数:3095字 評価:0人
遥か昔であれば勝手に挑み、敗れ、人知れず散ってゆくのが定めのダンジョンハックも、時代を経れば異なったものとなった。整備され、安全性を求められ、凶悪なモンスターを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イオ@創作アカ お題:いわゆる絶望 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:242 人 文字数:2793字 評価:1人
逃げろ、逃げろ。さもなくば死すのみ。 目が覚めたら、世界がゾンビで覆われていた。なんて言っても誰も信じないかもしれないが、本当のことなのだから仕方が無い。現に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:0 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の汁 制限時間:4時間 読者:1 人 文字数:1066字
アタシの母親は、料理上手なヒトだった。母さんが居たときは、毎日毎日食卓にはいくつもの料理が並んでいた。どんなに疲れて帰ってきても、母さんが作った夕飯を前にすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは恋人 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:543字
「ねぇ、あなたは誰?」…はっと目を覚ます。夢を見ていた。誰か、それも自分が見たことも聞いたこともない、現実では知り得ない女性の。「お前が誰だよ…?」大学生活を快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺とキス 必須要素:義眼 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2158字
「...なあ」彼の義手を手入れしてる私を見て、呆れたように彼が言った。「なに?」「こんな俺と居て、気持ち悪くねーの?」「...さあね。少なくとも、今君から離れた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な青春 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:1444字
私が、十五,六の頃だったか。私の祖父母の家の近所には鬱蒼とした雑木林があった。光が差さず暗いことから、化け物林と呼ばれていたこと、そこに私に恋した一人の女性が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な春雨 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:746字
アジア地域でよく食べられるものらしい。原料は、国によって違うが、芋デンプンや緑豆デンプンなどから作られる。その人の好みによって、理想的な春雨が違うということだ 〈続きを読む〉