お題:宗教上の理由で魔物 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:784字

神たるがゆえ魔であるか
信仰ほど残酷な統治はこの世に二つとない。世界を正しく機能させるための法と信じられているそれはしかし、何千何万と月日を繰り返しても飽くことなくひとりの男を呪い続けている。
「人は愚かなり」
供物目当てに霊峰へ通う、変わり者の黒鷲が窓から飛び込んできてはあざわらうように鳴いた。
「愚かなのはきみだよ。人を蔑み、利用することを正しいと思っている」
黒鷲は愉快でたまらない様子で羽をゆすった。「いかにも、いかにも!」
「人が私に捧げてくれた豊穣の祈りを手放すと思うのかい」
「投げ銭に飛びつき神威を売るか。卑しき哉、のろわれし者よ」
「あきれた物言いだね、それが人にものを頼む態度かな?」
仲間の誰もが近寄らない雲をはるかに見下ろす霊山へと羽をのばす黒鷲はいつもその翼より黒く鋭い冗句を並べ立てる。誰に刃を向けても構わない乱暴な姿勢は彼を群れから孤立させたが、彼はその孤独をことのほか愛していた。それがなぜ呪われた男のもとになど通いつめるのやら。
「仕方ない、一口だけ授けてしんぜよう」
決して私の甘さゆえではない、と思いながら葡萄の皮をあますことなく取り払う。すかさず黒鷲は葡萄の実をついばんだ。
「呪われし神の孤独、なんとも甘美な肴か」
「甘美なのは葡萄だろう。私の話など露ほど聞いてはくれぬ癖に知ったことを」
呪われている、とは黒鷲に指摘されてはじめて気づいたことだが、彼はそれ以上話を聞く前にいつも飛び去ってしまう。それだけ餌となる葡萄の供物が少ないことも一因だが、最たる原因は黒鷲の甲斐性なしにあると私は確信している。
しかし、今日のところは話を聞いてやろうなどと口にすると黒鷲は神殿でくつろぎはじめた。私は面食らってしまった。
「どうしたのだ、ここが安全と踏んで卵でも産み落とす気か?」
「まさか!やや子を産むならば卑しき神の目が届かぬ場所よ」
「友人面でもして
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:未熟なサーブ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:734字
嫌だー! 今日から当分体育の授業はバレーボールだ! サボりたい。体育自体苦手だけど特に球技は嫌だ。 運動神経のなさがもろに出る。 しかもチーム競技はまわりの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:素人の検察官 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:933字
何度目の指摘だろう、「違うでしょう」と言ってもコイツは納得しない。どうして定食屋である私が、知能労働者である検察官に代わって、頭をひねらないといけないのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:宿命の経歴 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:717字
俺はこの面接に賭けていた。絶対に合格してやる。 そして――。「ここには10年前から最近までの経歴に『選ばれし勇者』とありますが、どのような活躍をなされていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:日本海辺 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:570字
車を降りると潮の匂いがした。 日差しが照りつける中、強い風が心地よい。 「ここ、観光客が少ない穴場なんだ」 白いワンピースに麦わら帽子を着てくるあたり良くわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪(創作垢) お題:大好きなうどん 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:976字
僕は雪下 冬野。なんでも食べるのが大好き!挽斗「・・・・・あんまり食べ過ぎるなよ?」冬野「いいじゃないか。 僕だってなんでも食べるのが好きだからさ」春子「嫌いな 〈続きを読む〉

流浪野の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:孤独な始まり 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:600字
それはあまりにありふれた物語。わずかな路銀を握らされ、銅の剣を携えて故郷を後にする少年が一人、快晴に輝く原っぱで長い影を引きずり太陽へ向かう。勇者という光の称号 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:馬鹿な男の子 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1150字
「じゃあ、この手を放せって?」雪は無慈悲だ。天使が羽をさずけるかのようにおだやかに、清廉に、無限を繰り返す。だが、積もれど積もれど決して天に届くことはない。闇色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と誤解 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:739字
林檎は赤で、葡萄は紫。普遍的な目を持つことだけが取り柄の十七歳が、白くもないものが白く見えてしまう、そんな魔法のような錯覚を覚えたのは熱で霞む街並みから遠く離れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:遠い息子 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:1228字
古ぼけて塗装の剥がれかけた戸棚から夫人が取り出した三つ目のカップは、丁寧に繕われているものの縦に長く茶色のひびが入っており、年代物というよりがらくたという印象を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:宗教上の理由で魔物 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:784字
信仰ほど残酷な統治はこの世に二つとない。世界を正しく機能させるための法と信じられているそれはしかし、何千何万と月日を繰り返しても飽くことなくひとりの男を呪い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:栄光の能力者 制限時間:1時間 読者:107 人 文字数:1329字
世界には光と影がある。ただし、それをみつめる人の目は決して平等ではない。ゆえに無自覚に光の中へ飛び込んでゆくもので、影を踏み荒らしてしまうものだと師は説いた。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:興奮した内側 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:416字
いっそ涙ならば蒸発するのに。木陰で開いた悲恋の純文学を桜色の爪先でめくる。かの有名な作家の著書はしかし、少女の脳裏からあふれるように綴られる青い文学で塗りつぶさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:安い子犬 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:932字
毎日同じことを繰り返しているというのに、どうやら家への帰り方を忘れてしまったらしい。しわの増えてきた指先でハンドルを握り直すと、小柳は妻と冷や飯の待つアパートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:傷だらけの魔王 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:392字
幼子が歩くことと時を同じくして魔法を覚えはじめるこの世の最果て。極夜の島に居城を構える大いなる賢者、彼自身いつそう呼ばれはじめたかは思い起こせないほど、ふるくふ 〈続きを読む〉