お題:宗教上の理由で魔物 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:784字

神たるがゆえ魔であるか
信仰ほど残酷な統治はこの世に二つとない。世界を正しく機能させるための法と信じられているそれはしかし、何千何万と月日を繰り返しても飽くことなくひとりの男を呪い続けている。
「人は愚かなり」
供物目当てに霊峰へ通う、変わり者の黒鷲が窓から飛び込んできてはあざわらうように鳴いた。
「愚かなのはきみだよ。人を蔑み、利用することを正しいと思っている」
黒鷲は愉快でたまらない様子で羽をゆすった。「いかにも、いかにも!」
「人が私に捧げてくれた豊穣の祈りを手放すと思うのかい」
「投げ銭に飛びつき神威を売るか。卑しき哉、のろわれし者よ」
「あきれた物言いだね、それが人にものを頼む態度かな?」
仲間の誰もが近寄らない雲をはるかに見下ろす霊山へと羽をのばす黒鷲はいつもその翼より黒く鋭い冗句を並べ立てる。誰に刃を向けても構わない乱暴な姿勢は彼を群れから孤立させたが、彼はその孤独をことのほか愛していた。それがなぜ呪われた男のもとになど通いつめるのやら。
「仕方ない、一口だけ授けてしんぜよう」
決して私の甘さゆえではない、と思いながら葡萄の皮をあますことなく取り払う。すかさず黒鷲は葡萄の実をついばんだ。
「呪われし神の孤独、なんとも甘美な肴か」
「甘美なのは葡萄だろう。私の話など露ほど聞いてはくれぬ癖に知ったことを」
呪われている、とは黒鷲に指摘されてはじめて気づいたことだが、彼はそれ以上話を聞く前にいつも飛び去ってしまう。それだけ餌となる葡萄の供物が少ないことも一因だが、最たる原因は黒鷲の甲斐性なしにあると私は確信している。
しかし、今日のところは話を聞いてやろうなどと口にすると黒鷲は神殿でくつろぎはじめた。私は面食らってしまった。
「どうしたのだ、ここが安全と踏んで卵でも産み落とす気か?」
「まさか!やや子を産むならば卑しき神の目が届かぬ場所よ」
「友人面でもして
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:つぶらん お題:夏の小説家たち 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1415字
小説家なんて蝉のようなものだと思う。一気に競争率が激しくなったこの界隈は若いうちに出版社の目に止まらなければあとは余生をメスを見つけられなかったオスの蝉のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:簡単な火事 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1045字
炎は心を奪う。それは有機的なゆらめきと、色のせいだ。 暖色は心を温かくする。 そう思いながら私は、ガスコンロのレバーを捻った。 根菜類は水から。濁りが出る肉は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるき お題:もしかして多数派 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1022字
これって、あんまり光りませんよね? そう聞くと店員は何やら閃いたような顔をして、「暖かい光で、ふんわり照らしますよ」 と、僕の持っているテーブルライトを指差し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵描きの俺 ※未完
作者:ぽぽ お題:絵描きの俺 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:655字
ある日、男が訪ねてきて俺に言った。「私を絵の中に描いてください。」「肖像画ですか?」「いいえ。」「暖かい木漏れ日の中、鳥が囀る緑の庭、そこに居る幸せそうな女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:孤独な整形 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1193字
私は自分が嫌いだった。自分の醜い容姿が嫌いだった。この容姿のせいでいつもいじめられていたし、友達もできなかった。小学生時分は休み時間や放課後、誰も話す相手もいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な春雨 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:746字
アジア地域でよく食べられるものらしい。原料は、国によって違うが、芋デンプンや緑豆デンプンなどから作られる。その人の好みによって、理想的な春雨が違うということだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かないドア ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:計算ずくめの犯人 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:529字
入眠の際に見る、夢うつつの風景は決まっていつも雨の日のドア。それは頑丈そうでいて赤い錆びだらけの鉄の塊で、きつい血液の匂いを立ち上らせて土手の真ん中にドアのみで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな独裁者 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:984字
日本国政府が、肝入り政策として、Cool-Japan輸出を積極的に行っている。ゲーム・アニメ・マンガといった日本国特有のサブカルチャーが中心だ。その中に、"ダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:団地妻のブランド品 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1311字
「……どうして、これが売れると思ったんだ……」「だってぇ……これってば、いい商品でしょう?」「いや、どんな自信ですか……」 目の前に置かれたのは、古ぼけた紅いバ 〈続きを読む〉

流浪野の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:馬鹿な男の子 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1150字
「じゃあ、この手を放せって?」雪は無慈悲だ。天使が羽をさずけるかのようにおだやかに、清廉に、無限を繰り返す。だが、積もれど積もれど決して天に届くことはない。闇色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と誤解 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:739字
林檎は赤で、葡萄は紫。普遍的な目を持つことだけが取り柄の十七歳が、白くもないものが白く見えてしまう、そんな魔法のような錯覚を覚えたのは熱で霞む街並みから遠く離れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:遠い息子 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1228字
古ぼけて塗装の剥がれかけた戸棚から夫人が取り出した三つ目のカップは、丁寧に繕われているものの縦に長く茶色のひびが入っており、年代物というよりがらくたという印象を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:宗教上の理由で魔物 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:784字
信仰ほど残酷な統治はこの世に二つとない。世界を正しく機能させるための法と信じられているそれはしかし、何千何万と月日を繰り返しても飽くことなくひとりの男を呪い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:栄光の能力者 制限時間:1時間 読者:96 人 文字数:1329字
世界には光と影がある。ただし、それをみつめる人の目は決して平等ではない。ゆえに無自覚に光の中へ飛び込んでゆくもので、影を踏み荒らしてしまうものだと師は説いた。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:興奮した内側 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:416字
いっそ涙ならば蒸発するのに。木陰で開いた悲恋の純文学を桜色の爪先でめくる。かの有名な作家の著書はしかし、少女の脳裏からあふれるように綴られる青い文学で塗りつぶさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:安い子犬 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:932字
毎日同じことを繰り返しているというのに、どうやら家への帰り方を忘れてしまったらしい。しわの増えてきた指先でハンドルを握り直すと、小柳は妻と冷や飯の待つアパートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:傷だらけの魔王 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:392字
幼子が歩くことと時を同じくして魔法を覚えはじめるこの世の最果て。極夜の島に居城を構える大いなる賢者、彼自身いつそう呼ばれはじめたかは思い起こせないほど、ふるくふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と罰 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:425字
苦しみという安易な言葉では表しきれない時間。いつからか、など思い起こすのも悍ましいほどにずっと求め続けていた。男は自ら真一文字の傷を走らせた掌の中に確信を見て微 〈続きを読む〉