お題:情熱的な机 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:486字

佐々木くんと読書
 隣の席の佐々木くんの机はいつも物が多い。
 引き出しの中身もパンパンに詰まっていて、入りきらないから、そのまま放置しているらしい。机の上には本やノートの類が乱雑に置かれている。佐々木くんは読書が大好きで、超難関大学の過去問や、文庫本サイズの小説、子供向けの絵本等、様々なジャンルの本がある。
 今日の佐々木くんは育児本を読んでいた。
 昼休みの時間、佐々木君はお弁当に箸を伸ばしながら、お行儀の悪い読書を楽しんでいた。

「それ、面白いの?」

私が聞くと、佐々木君はページに目を向けたまま「いや、さっぱり分からん」と答えた。

「その割には熱心に読んでるね」

「まぁ、偶にはこういうのも良いかと思ったんだ。自己啓発本は読み飽きたしな」

「自己啓発……悩みでもあるの?」

「無いよ。ただ、新しい発見があるか気になっただけだ」

 卵焼きを口に入れて、佐々木君はもぐもぐと咀嚼する。
 つまらないと言いながら、こうも集中できる理由。

「佐々木君は、発見を探して読書していたんだね」

「まぁ…………………知識を集める為では無いな」

「暇なんだね」

「そうだな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:官能的な武器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:401字
「君はとても強力な武器を持っているが、すべてを受け入れる覚悟がない」官能的な魅力をもって彼を征服しようなんて、これっぽっちも思ってはいなかったが、彼女はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:小説の痛み 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1125字
「その小説は『自己満足』のために書いているの?それとも『承認欲求』のために書いているの?」 清美が真面目な顔で僕に質問してきた。 総合ショッピングモールの一角、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:許せない血 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:265字
わたしが足を踏み入れることができない明るい太陽のもとで、裸足で走り回ることができる娘。わたしと目を合わせたときに、何か理解できぬものを見たような、怯えたような、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:842字
丸めて捨てた紙が、音を立てて風に滑った。薄っぺらな紙に緑の薄い線で「離婚届」と印されている。ため息をついた。結婚していないのに離婚届とはこれいかに、と思いソファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:369字
たいそう大事にされ、可愛がられてきた子どもだったから、自然に人を鍾愛することができるのだろう。愛を育むには一定の時間を要するが、その子は誰にでもなつき、無条件に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:146字
燃えていた。朽ちていた。欠け落ちています昔から。裁判官が、静粛に・静粛に。声を震わせ「静粛に!」。燃える検察官のとなりで、弁護士がわなわなと口を溶かしています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:994字
ねぇ、私は誰かの役に立ったのだろうか。 守れる人は守れず、人に間違ってると言われ続け、誤解は解けないまま。 いっそのこと死んでしまったほうがいいのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨雪 お題:楽観的な愛 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:528字
『きみの中にある残り幾何かのささやかな良心に問いかけよう』頭の奥深く。焼けるような体表面上の痛みを無視して、強烈に響く声。神経の遮断は上手くいかずに、ただただ苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや お題:恐ろしい鳥 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:828字
「わ!インコ飼ってるの?可愛いー!」「俺が一人暮らし始めて、すぐに寂しくなって買ったんだよね」「いいなー。可愛い。喋るの?」「うーん、全然なんだよそれが。恐ろし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぬんばー お題:僕が愛した湖 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:760字
仕事の関係で滋賀に行く機会があった。滋賀県草津市。琵琶湖博物館がある市にて仕事を終えた僕は、上司の言葉を思い出した。「よかったら、琵琶湖でも見に行ったらどうだ 〈続きを読む〉

イモの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは艦隊 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:489字
雷光に似た何かが、分厚い雲を突き抜け、凄まじい速度で一直線に突き進む。 文具兵器『シャープ・ペン』は、先程撃ち込まれたボールペンよりも威力は低いものの、低コス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:犯人は会話 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:604字
影口の途中で、主題になっている人物が戻ってくることがある。私は、やってしまったなぁ~と反省した。イジメそのものにではなく、悪口が漏れたことに申し訳なさを感じた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは撃沈 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:236字
ゆっくりと体が降下していく感覚がある。私が目を覚ますと、そこは水の中だった。 キラキラと輝く太陽が滲んで見えて、とても綺麗。……でも苦しい。 それほど水中に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:勇敢な策略 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:468字
「俺がオトリになる。その隙に逃げろ」 そんなセイルの言葉を、ユタは即座に否定した。「嫌だ、嫌だよ」「でも、このままじゃ二人とも死ぬぞ」「だけど……もっと考えれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:振り向けばそこに紳士 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:203字
「すみません、これ、落とされましたよ」 声を掛けられて振り返ると、お洒落なニットハッチングが似合うお爺さんが、にこやかな笑みを浮かべて立っていた。「スマホと、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:情熱的な机 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:486字
隣の席の佐々木くんの机はいつも物が多い。 引き出しの中身もパンパンに詰まっていて、入りきらないから、そのまま放置しているらしい。机の上には本やノートの類が乱雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:秋の天国 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:439字
芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋……何をするにしても秋は心地良い。 それらの三つだけでなく、秋は全てを肯定してくれているのではないかとすら思う。夏や冬のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:10の動機 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:572字
憎い、嫌い、許せない……えっと、他に何だっけ? 結構あった気がするんだけど……忘れちゃった。 でも問題無いよ、あなたが私にやったことの事実は消えないから。 拘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:阿修羅車 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:368字
「ひゃっはぁぁぁぁ!!!」 付喪神を取り込んだ道具が開発されたのが今から十年前。それらの『エンシェントアイテム』と呼ばれる物が更なる発展を重ね、ついにはプログラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:苦いテロリスト 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:504字
良薬は口に苦し、ということわざがある。ためになるものは、感覚的には不快なものだ。という意味だ。つまり、俺達の行動は世界を救うということじゃないだろうか? 散弾 〈続きを読む〉