お題:情熱的な机 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:486字

佐々木くんと読書
 隣の席の佐々木くんの机はいつも物が多い。
 引き出しの中身もパンパンに詰まっていて、入りきらないから、そのまま放置しているらしい。机の上には本やノートの類が乱雑に置かれている。佐々木くんは読書が大好きで、超難関大学の過去問や、文庫本サイズの小説、子供向けの絵本等、様々なジャンルの本がある。
 今日の佐々木くんは育児本を読んでいた。
 昼休みの時間、佐々木君はお弁当に箸を伸ばしながら、お行儀の悪い読書を楽しんでいた。

「それ、面白いの?」

私が聞くと、佐々木君はページに目を向けたまま「いや、さっぱり分からん」と答えた。

「その割には熱心に読んでるね」

「まぁ、偶にはこういうのも良いかと思ったんだ。自己啓発本は読み飽きたしな」

「自己啓発……悩みでもあるの?」

「無いよ。ただ、新しい発見があるか気になっただけだ」

 卵焼きを口に入れて、佐々木君はもぐもぐと咀嚼する。
 つまらないと言いながら、こうも集中できる理由。

「佐々木君は、発見を探して読書していたんだね」

「まぁ…………………知識を集める為では無いな」

「暇なんだね」

「そうだな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

イモの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは艦隊 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:489字
雷光に似た何かが、分厚い雲を突き抜け、凄まじい速度で一直線に突き進む。 文具兵器『シャープ・ペン』は、先程撃ち込まれたボールペンよりも威力は低いものの、低コス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:犯人は会話 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:604字
影口の途中で、主題になっている人物が戻ってくることがある。私は、やってしまったなぁ~と反省した。イジメそのものにではなく、悪口が漏れたことに申し訳なさを感じた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは撃沈 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:236字
ゆっくりと体が降下していく感覚がある。私が目を覚ますと、そこは水の中だった。 キラキラと輝く太陽が滲んで見えて、とても綺麗。……でも苦しい。 それほど水中に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:勇敢な策略 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:468字
「俺がオトリになる。その隙に逃げろ」 そんなセイルの言葉を、ユタは即座に否定した。「嫌だ、嫌だよ」「でも、このままじゃ二人とも死ぬぞ」「だけど……もっと考えれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:振り向けばそこに紳士 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:203字
「すみません、これ、落とされましたよ」 声を掛けられて振り返ると、お洒落なニットハッチングが似合うお爺さんが、にこやかな笑みを浮かべて立っていた。「スマホと、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:情熱的な机 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:486字
隣の席の佐々木くんの机はいつも物が多い。 引き出しの中身もパンパンに詰まっていて、入りきらないから、そのまま放置しているらしい。机の上には本やノートの類が乱雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:秋の天国 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:439字
芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋……何をするにしても秋は心地良い。 それらの三つだけでなく、秋は全てを肯定してくれているのではないかとすら思う。夏や冬のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:10の動機 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:572字
憎い、嫌い、許せない……えっと、他に何だっけ? 結構あった気がするんだけど……忘れちゃった。 でも問題無いよ、あなたが私にやったことの事実は消えないから。 拘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:阿修羅車 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:368字
「ひゃっはぁぁぁぁ!!!」 付喪神を取り込んだ道具が開発されたのが今から十年前。それらの『エンシェントアイテム』と呼ばれる物が更なる発展を重ね、ついにはプログラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:苦いテロリスト 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:504字
良薬は口に苦し、ということわざがある。ためになるものは、感覚的には不快なものだ。という意味だ。つまり、俺達の行動は世界を救うということじゃないだろうか? 散弾 〈続きを読む〉