お題:冷静と情熱の間にあるのはパラダイス 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:931字

歓迎室 ※未完
 パラダイスパーティーだと思っていた場所は、監獄だった。
 常に冷静であるべきと死んだ親に怒られてばかりだったのに、僕はいつだって変わらない。
 怪しい招待状に招かれてほいほいとくるべきじゃなかったな。
「……」
 現状分析すると、招かれた客は全て牢屋に入れられたところというところだろう。
 老人、青年、少女……まだ気がついてない様子で迎えの牢屋に眠ってる。
 僕がいる牢屋には付き合ってくれた友人が1人ぐっすり。
 窓はない。出口はカギがかかった鉄格子のみ。あとは牢屋の外から廊下の光が入ってくること。
 ただ……若干この牢屋の生活空間が小説や映画で見るものと違って、きっちり生活できるようにしてあるのが不思議に思える。
 バスタブがあったり、壁ありのトイレ(しかもウォシュレット付き)があったり、ベッドがあったり、牢屋の中を隠すためのカーテンがあったりとなぜか優しさを感じる。
 一人暮らしするには十分な感じ。ちなみにベッドは二段ベッド。友人は一段目に寝てる。
 これだけのものを揃えたとなると、招いたあの仮面の男は何かが目的があると考えるのが当然だろう。だけど、僕も友人もお金的なものや地位があるわけじゃない。
 他の人はどうだかわからないけど、
「ん……」
 つぶやきに振り向くと、
「起きた?」
 目をこすりながら、盛大に頭をぶつけて友人が起き上がった。
「いてて……ここどこ?」
「たぶん屋敷の地下室か何かかな?」
 あるいは別の場所か……考えるべきところは今はそこじゃない。
「ねぇ、ここにきた時の記憶残ってる?」
「いや……みんなでパーティーやってお酒飲まされたのだけ……かな? 知らない場所だよ」
 僕とほとんど変わらない記憶だ。
 僕たちの話し声がきっかけとなったのか、次々と他の場所から悲鳴やら、助けの声が聞こえてくる。
「なんだろうね、これは」
「催し物じゃないのは確かだね」
 おでこをさすりながら、牢屋の鉄格子を擦る友人は、
「わりと最近作られたっぽいな」
「わかるの?」
 とある部分を指差す。
「鍵穴が全く使用されてないのと、サビも埃もない。いかにも最近の設備かあるいは、掃除してる人が凄いかかな」
 なるほど。そういうことか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:官能的な武器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:401字
「君はとても強力な武器を持っているが、すべてを受け入れる覚悟がない」官能的な魅力をもって彼を征服しようなんて、これっぽっちも思ってはいなかったが、彼女はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:小説の痛み 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1125字
「その小説は『自己満足』のために書いているの?それとも『承認欲求』のために書いているの?」 清美が真面目な顔で僕に質問してきた。 総合ショッピングモールの一角、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:許せない血 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:265字
わたしが足を踏み入れることができない明るい太陽のもとで、裸足で走り回ることができる娘。わたしと目を合わせたときに、何か理解できぬものを見たような、怯えたような、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:842字
丸めて捨てた紙が、音を立てて風に滑った。薄っぺらな紙に緑の薄い線で「離婚届」と印されている。ため息をついた。結婚していないのに離婚届とはこれいかに、と思いソファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:369字
たいそう大事にされ、可愛がられてきた子どもだったから、自然に人を鍾愛することができるのだろう。愛を育むには一定の時間を要するが、その子は誰にでもなつき、無条件に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:146字
燃えていた。朽ちていた。欠け落ちています昔から。裁判官が、静粛に・静粛に。声を震わせ「静粛に!」。燃える検察官のとなりで、弁護士がわなわなと口を溶かしています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨雪 お題:楽観的な愛 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:528字
『きみの中にある残り幾何かのささやかな良心に問いかけよう』頭の奥深く。焼けるような体表面上の痛みを無視して、強烈に響く声。神経の遮断は上手くいかずに、ただただ苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや お題:恐ろしい鳥 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:828字
「わ!インコ飼ってるの?可愛いー!」「俺が一人暮らし始めて、すぐに寂しくなって買ったんだよね」「いいなー。可愛い。喋るの?」「うーん、全然なんだよそれが。恐ろし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぬんばー お題:僕が愛した湖 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:760字
仕事の関係で滋賀に行く機会があった。滋賀県草津市。琵琶湖博物館がある市にて仕事を終えた僕は、上司の言葉を思い出した。「よかったら、琵琶湖でも見に行ったらどうだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:名付けるならばそれはぷにぷに 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1292字
「ペットを飼い始めたの」 トモカは「うちに見に来ていいよ」とどこか自慢げだった。 一人暮らしが寂しいのだろうな、と実家暮らしのわたしは思う。ここで「ペットを飼い 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ道団長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:994字
ねぇ、私は誰かの役に立ったのだろうか。 守れる人は守れず、人に間違ってると言われ続け、誤解は解けないまま。 いっそのこと死んでしまったほうがいいのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:反逆の大雪 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1059字
太陽神や海王神など、神様はたくさんいる。 信仰もたくさん。 日本というのは仏教があるけど、だいたいこだわった感じはないね。日本はとくにクリスマスの意味合いを間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:地獄ラーメン 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1068字
屋台ラーメンというのをご存知だろうか。 いや、名前からして屋台のラーメンだろと誰もがつっこみを入れるところだろう。無論筆者である私も同じ考えだった。今回は都市 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:愛、それはロボット 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1306字
父を父としてみたことがない。 私を育ててくれたのは、3番目に生まれた兄。 そもそも私の父が本当に父なのかわからない。「お兄ちゃん、今日のご飯は?」「ハンバーグ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:アブノーマルな天井 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:986字
才能が咲くとはいったいどういうことなのだろうか? 大人になればなるほど天井が近づく、そして限界が見えてくる。 兄はよくそんな愚痴をこぼす。 市大会、県大会と優 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:幸福な平和 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1330字
生まれた瞬間、ラスボスと戦うことになったら。 僕はまさにそんな状態で生まれた。 母親が世界を恐怖政治で圧政してたんだ。 簡単にいえば、母は難産して死んだ。 僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:信用のない王子 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1243字
憲法は人が守るからこそ意味がある。守られない憲法は作った人の理を破壊する。その憲法も時が過ぎればゴミとは言わないが少しずつひび割れて使えない法へと変わってく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:純白の女 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1238字
友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。 決まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1191字
生まれが同じなら思考も同じ。 ただターゲットの首のとり方が違う。「……」 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。 やるなら、「ね? ク 〈続きを読む〉