お題:冷静と情熱の間にあるのはパラダイス 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:931字

歓迎室 ※未完
 パラダイスパーティーだと思っていた場所は、監獄だった。
 常に冷静であるべきと死んだ親に怒られてばかりだったのに、僕はいつだって変わらない。
 怪しい招待状に招かれてほいほいとくるべきじゃなかったな。
「……」
 現状分析すると、招かれた客は全て牢屋に入れられたところというところだろう。
 老人、青年、少女……まだ気がついてない様子で迎えの牢屋に眠ってる。
 僕がいる牢屋には付き合ってくれた友人が1人ぐっすり。
 窓はない。出口はカギがかかった鉄格子のみ。あとは牢屋の外から廊下の光が入ってくること。
 ただ……若干この牢屋の生活空間が小説や映画で見るものと違って、きっちり生活できるようにしてあるのが不思議に思える。
 バスタブがあったり、壁ありのトイレ(しかもウォシュレット付き)があったり、ベッドがあったり、牢屋の中を隠すためのカーテンがあったりとなぜか優しさを感じる。
 一人暮らしするには十分な感じ。ちなみにベッドは二段ベッド。友人は一段目に寝てる。
 これだけのものを揃えたとなると、招いたあの仮面の男は何かが目的があると考えるのが当然だろう。だけど、僕も友人もお金的なものや地位があるわけじゃない。
 他の人はどうだかわからないけど、
「ん……」
 つぶやきに振り向くと、
「起きた?」
 目をこすりながら、盛大に頭をぶつけて友人が起き上がった。
「いてて……ここどこ?」
「たぶん屋敷の地下室か何かかな?」
 あるいは別の場所か……考えるべきところは今はそこじゃない。
「ねぇ、ここにきた時の記憶残ってる?」
「いや……みんなでパーティーやってお酒飲まされたのだけ……かな? 知らない場所だよ」
 僕とほとんど変わらない記憶だ。
 僕たちの話し声がきっかけとなったのか、次々と他の場所から悲鳴やら、助けの声が聞こえてくる。
「なんだろうね、これは」
「催し物じゃないのは確かだね」
 おでこをさすりながら、牢屋の鉄格子を擦る友人は、
「わりと最近作られたっぽいな」
「わかるの?」
 とある部分を指差す。
「鍵穴が全く使用されてないのと、サビも埃もない。いかにも最近の設備かあるいは、掃除してる人が凄いかかな」
 なるほど。そういうことか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤健志(sugar)/グリッシーニ塩味 お題:くだらない嘔吐 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:469字
くだらないことなら、山ほどある。たとえば、明日の天気だとか。たとえば、どこかの国の誰かの言葉とか。そんなことにこだわっていたら、未来なんてこない。くだらないこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心残り ※未完
作者:akari お題:苦しみの死 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:256字
大地と二人だけの夕食。いつもの日常。けれど、それは今日で最後らしい。「お母さん! お母さん!」 大地が泣きながら私を呼んでいる。そんな我が子に笑顔を返せない自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:煙草と出会い 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:456字
冬になった。吐く息が白くなるのを見ると、毎年のことなのに少し驚く。夏は息のかたちが見えないのに冬は見える、夏に見えて冬に見えるものの正体を眼前にくゆらせる。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:僕と死刑囚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:798字
「お前は明日死刑になるとしたら、最後に何を食べたい?」 それが、彼から僕への質問だった。 「難しい質問ですね」 英文の直訳のような答えを返してしまったのも無理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い服の人は ※未完
作者:アマハム お題:贖罪のサラリーマン 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:582字
がつん、と頭を床に擦り付ける。「実は、お前に黙っていたことがある!」 ああ、なんと惨めなんだろう。大の大人が帰宅早々土下座をかましている風景は。 目の前に誰か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:アマハム お題:輝く別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:69字
一組の男女が人気のない道端で対面していた。真剣な面持ちでお互い見つめ合うとまず女が口を開いた。「さようなら」 ふんわりと呟くと、男は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人魚伝説 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:煙草と伝説 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:993字
海岸線を眺めながら紫煙を薫らす老人は、ゆっくりと語り始めた。「あれは、ワシがまだ半人前の頃じゃった」 衰えてはいたが、その体躯にはまだ頑健な筋肉が宿っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は償い 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:630字
人はだれしも過ちを繰り返し生きている。そのたびに自問自答しそれぞれの人生を歩んでいるわけだが、結果としてよかったのか悪かったのか、それはだれにもわからない。戸塚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらないローン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:413字
おはようと声がする。それはいい目覚めとは言えなかった。窓にはまだ青みがかった夜の名残を残して、磨硝子越しに柔らかな光を部屋に注いでいる。わずかに霞んだ視界に、人 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
未56 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:子供の就職 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:657字
実際問題ーー使えない大人を排除することはいい法案だと思う。 国民投票……主に子供の票により、大人の生命が決まる。そこには悪も、正義もない。ただ純粋にこの人が役 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:昼の私 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1076字
明日の私へ 元気でいますでしょうか。 私は今新しい仕事場でお昼をとっています。周りには誰もいません。いつもと同じ公園で一人飯です。一応先輩社員に声をかけられた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:清い光景 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1090字
四肢を取り除かれた肉は元の動物がわからないほどで、たとえこれが人間であると言われてもわからないものだ。それぐらい肉というのは食材としてわかっていない。 今日出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純白の風 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:891字
通学中何気なく見える純白の布切れは、これから始まる暇な授業を過ごす上で重要な記憶になる。坂道ということもあって自然に上を向けるからセクハラにはならない。いくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:すごい体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:964字
「父親が誰か気になるだって? それはたぶん知っちゃいけないことだよ」 彼は優しく頭を撫でてくる。「僕だって両親の顔は知らない。君のように片親だけでも知れてるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:傷だらけの弔い 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1032字
仲間が倒れた時、僕は側にいなかった。 もし、僕が側にいれば彼女は死ななかった。そう団長に意見すると、僕は殴られて部屋に軟禁されることになった。「……」 団長い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:免れた俺 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1204字
約束をしたのは13時。「……」 今の時刻は14時。既に1時間過ぎてる。相手にメッセージを送れば『もう少しだから』という簡単なものが返ってくるばかりでどこらへん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:免れた姉妹 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:905字
飼育診断とは毎週月曜日の朝に行われる生体検査のことであり、ここで不具合が見つかると直ちに研究所へ連れていかれ再調整をうける。もっともそこから戻ってきた生体のほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:ねじれた彼氏 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1055字
今日も起きてみれば、「なんて寝方してるの……」 彼は布団団子というか、布団巻きになってた。 どうりでいつもよりも寒いと思った。「……」 ほっぺたをつつくと安心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:今日の克服 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1107字
今日こそはと足を玄関に向かわせてみるがやっぱり扉をあける勇気がでない。「いったいいつになったら一緒に登校してくれるのからし?」 声に振り返れば、幼馴染と寮の仲 〈続きを読む〉