お題:冷静と情熱の間にあるのはパラダイス 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:931字

歓迎室 ※未完
 パラダイスパーティーだと思っていた場所は、監獄だった。
 常に冷静であるべきと死んだ親に怒られてばかりだったのに、僕はいつだって変わらない。
 怪しい招待状に招かれてほいほいとくるべきじゃなかったな。
「……」
 現状分析すると、招かれた客は全て牢屋に入れられたところというところだろう。
 老人、青年、少女……まだ気がついてない様子で迎えの牢屋に眠ってる。
 僕がいる牢屋には付き合ってくれた友人が1人ぐっすり。
 窓はない。出口はカギがかかった鉄格子のみ。あとは牢屋の外から廊下の光が入ってくること。
 ただ……若干この牢屋の生活空間が小説や映画で見るものと違って、きっちり生活できるようにしてあるのが不思議に思える。
 バスタブがあったり、壁ありのトイレ(しかもウォシュレット付き)があったり、ベッドがあったり、牢屋の中を隠すためのカーテンがあったりとなぜか優しさを感じる。
 一人暮らしするには十分な感じ。ちなみにベッドは二段ベッド。友人は一段目に寝てる。
 これだけのものを揃えたとなると、招いたあの仮面の男は何かが目的があると考えるのが当然だろう。だけど、僕も友人もお金的なものや地位があるわけじゃない。
 他の人はどうだかわからないけど、
「ん……」
 つぶやきに振り向くと、
「起きた?」
 目をこすりながら、盛大に頭をぶつけて友人が起き上がった。
「いてて……ここどこ?」
「たぶん屋敷の地下室か何かかな?」
 あるいは別の場所か……考えるべきところは今はそこじゃない。
「ねぇ、ここにきた時の記憶残ってる?」
「いや……みんなでパーティーやってお酒飲まされたのだけ……かな? 知らない場所だよ」
 僕とほとんど変わらない記憶だ。
 僕たちの話し声がきっかけとなったのか、次々と他の場所から悲鳴やら、助けの声が聞こえてくる。
「なんだろうね、これは」
「催し物じゃないのは確かだね」
 おでこをさすりながら、牢屋の鉄格子を擦る友人は、
「わりと最近作られたっぽいな」
「わかるの?」
 とある部分を指差す。
「鍵穴が全く使用されてないのと、サビも埃もない。いかにも最近の設備かあるいは、掃除してる人が凄いかかな」
 なるほど。そういうことか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いちのぐち お題:振り向けばそこに空想 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:602字
私さ、よく言われるの。部屋の中とか廊下で、うろうろ、ぱたぱた、行ったり来たりするのはなんで?なんて答えればいいんだろう。いつも「なんとなくだよ」で済ませちゃうの 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:正しい人々 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1007字
世界はあやまちに満ちている。正解なんてものは存在しない。誰かがやることは、誰かがやらないこと。間違いは正しいという認識によって変曲する。「テロは順調」 ハック 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:孤独な挫折 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1008字
いつだって試験は一人きりの戦い。 だけど、勉強しろと言われると途端にやる気がなくなるのもまた真理。 僕はやったらやったぶんだけ成長できるという自覚はある。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狂気 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:わたしの嫌いな狂気 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:855字
人に足りないものといえば、自我だろう。 自我がないやつなんているのかとおそらく誰もが思うはずだ。けれど、それは脳が出す信号によって動かされてるだけであって決し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今の少数派 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1041字
多数票があるからといって正しいわけじゃない。けれど、少数が間違ってるわけでもない。 結局のところ比較対象があるからこそ比べてしまうわけで、もとがなければ比べよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:燃える終身刑 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1011字
人が増えすぎた結果、原始的生活を余儀なくされる者たちもわずかばかりいる。 もっともそれは平和的に過ごす一つの方法だったのかもしれない。「……」 何かを欲しいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1460 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:ひねくれた小説合宿 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1001字
「さぁ話し合いをはじめよう」 合宿を開いた幹事が立ち上がり、僕らを見つめた。「作業効率をあげるため、我々の交流会を開いた」「あまり意味ないよね?」 否定的な意見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:ぐふふ、解散 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:925字
ヒットとはもれなく流行ることを意味する。 当然流行らなければ廃れ忘れられてく。 お祖父様はよく話してくれた。『忘れられなければ生きてる』と。 その言葉通り、お 〈続きを読む〉