お題:女のぬめぬめ 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:880字

最後、感じね
散歩していると、昨日まで何もなかったところに、博物館みたいな角ばった施設ができていた。
「これはなんぞ」
角ばった建物が好きな私だったので、慎重を期して近寄ってみると、まんま博物館的なものであった。

「・・・」
しかしながら明確になんの博物館かという記載はなく、しかし入場料は五百円であった。

ポケットを探るとちょうど五百円入っており、それは言ってみたら緊急事態に遭遇した時の五百円であった。

例えば散歩中倒れたりしたとき用の五百円である。喉が渇いて死ぬかもしれないと思ったときの五百円といういい方もできれば、寒くして死ぬなと感じたときの五百円といういい方もできる。

その五百円を使うかどうか若干悩んだが、特に入場料にプラス消費税という事もないようだったので、熟考の後、その五百円を使い博物館に入館した。

んで、入ってみてまず目に飛び込んできたのは、髪の毛であった。

様々な色、毛質の髪の毛がそれぞれ束になってそうめんみたいにくくられてディスプレイに入っており、置かれていた。

「おおお」
驚いた。ちなみに、人から聞いた話によると、私は、私の実家が髪を切るところを営んでいた為、切られた髪の毛がそのようにぽろんっておかれていても、特段に何も思わない、いわゆる不快な思いはないんだけども、切られた髪の毛がたくさんあるのを不快に思う人もこの世の中にはいるらしい。

私なんかは、髪コ●の事を考えてしまうくらいのものなんだけども、そういう事を考えるのはもしかしたらそういう仕事を実際にはしてないけども、そういうベースがある人間なのかもしれない。

知らないけど。

壮観な髪の毛の束の次に行くと、今度はそれぞれ小分けにされた、透明な液体がディスプレイに入っており、それぞれに、

男のぬめぬめ、女のぬめぬめ。

と書かれていて、それが何なのかはわからない。わかるわけないんだけど、でも、なんか超ドキドキした。

日本にもこういう所があるんだなと感じた。

海外には子供を殺したかなんかの人間の剥製を展示している所もあるらしい。

それと同じ漢字がした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
武器 ※未完
作者:蒼留(そうる) お題:自分の中の武器 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:595字
「君の心の中に武器はある?」 黒髪の彼に突然尋ねられて、思わず目を丸くした。何を言ってるんだこいつは。 そうして返答に困っていると、顔を赤くした彼が慌てて訂正し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の同情 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:386字
アイスコーヒーが汗をかいている。涼しげな喫茶店の中でアイスコーヒーだけが汗だくだ。彼は疲労困憊のアイスコーヒーには目もくれず律儀にあとがきまで読んでいる。なぜわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:それいけ表情 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:631字
「笑えよ。今日はめでたい日なんだ」僕は傍らの不愛想な相棒に語り掛ける。長年の闘争は今日終わりを告げたのだ。今日こそ数百年ぶりに「日本国」が復活する日。――めでた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:元会長(オルタ) お題:弱い魔法使い 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:637字
あたりは世闇に包まれようとしていた。 コンクリートばかりのこの国は夕焼けで世界がオレンジに染まる。 これだけがいいところなのかもしれない、と私は思った。 オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:かゆくなる笑顔 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:630字
時は大昭14年。明治時代が終わりを告げ、西暦は2018年。町を歩く青年は着物の裾を直しながら本を読んでいる。エレクトロニカは発展し、日本の技術力は世界一と言わせ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ひーりあ お題:近い決別 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:830字
そんなことは、解りきっていたことだ。出会った時から、いずれはこうなることだと、納得したうえでこの道を選択した。俺は、確かにこの場所で君に想いを告げた。そしてまた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:須賀夕純☃マイペース創作屋 お題:今年の艦隊 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:705字
「絶景」ふふん、とばかりに笑みを浮かべて年若い司令官が呟く。まだ学生服を着ていてもおかしくない年齢に見えるが、実際のところはとうに30を超えているという。真偽の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:わたしの嫌いな事故 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:1296字
切れた。静かに希望を観測し続けて実りある将来にたすきを繋ぎ続ける僕の歩みは途絶えるべき地点を見つけクールダウンのための目測を誤った。 いいいいぃいいいいいいや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな事故 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:614字
朝早くに目が覚めてしまった私は今、朝方のニュースを見ていた。私はコーヒを啜りながらそれを見ていると、背後から声を掛けられる。「由奈、あんたこんな時間起きるなんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:未来の慰め 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:851字
タイムトラベル。それは人類の永遠の野望であり、人類の永遠の謎である。たった今この時も僕がこうして何でもない日々を過ごしている間にも過去から人々が押し寄せている 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しい神様 必須要素:脂肪吸引 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:794字
家の実家の仏壇には神様がいらっしゃる。いや、嘘とかじゃなくて。おばあちゃんとかから聞いた話とかでもなくて、数年前に流行ったトイレとかじゃなくて。仏壇には神様がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:複雑な即興小説 必須要素:靴紐 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:759字
年末も差し迫った昨今、長年使ってきていた家の鍵についていたストラップがちぎれて落ちた。「わあー」不吉な感じがしたかしなかったかと言えば、した方に該当する。チェッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私のにおい 必須要素:携帯 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:890字
毎晩、毎晩、幽体離脱をするための作業を行っていた甲斐があってこのたび見事に幽体離した。「うわあ、ほんとに自分が見える」幽体離脱した私は、布団で寝ている私のことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:イタリア式の昼 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1129字
二階で漫画なんぞを読んでいると、下の階から、「ごはんー」と、僕を呼ぶ声が聞こえた。おお、もうそんな時間か、時計を見ると昼前三十分という感じで、あらまあ、時間が何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:天才の墓 必須要素:山田が犯人 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:846字
野菜とかの植物も最近では工場で作られているらしいという話を聞いて、興奮した。「何それ、えー」聞くところによると、滅菌室みたいなところで本棚みたいなのがすごい並ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3135字 評価:0人
地元情報誌を眺めていると、「一人がけソファ、ほぼ新品同様+三十インチのテレビ、ほぼ新品同様で三千円、直接取りにこれる方なら無料」という記載があり、「ああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女のぬめぬめ 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:880字
散歩していると、昨日まで何もなかったところに、博物館みたいな角ばった施設ができていた。「これはなんぞ」角ばった建物が好きな私だったので、慎重を期して近寄ってみる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かたい微笑み 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:883字
ある知り合いが入院したというのをラインで知らせられた。ラインで知らせてくるという事は、まあ、そんなに重大な事ではないんだろうと思って、まあ私はいつものようにもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大好きなふわふわ 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1014字
即興小説に向かおうと、思った矢先の出来事である。私がパソコンに向かい、ブックマークしている即興小説トレーニングをクリックし、いざ挑戦を押そうとしたとき、外から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:生きている団欒 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:803字
家々に団欒がいる。団欒というのは、家族で集まってテレビなどを見ながら楽し気に食事をすることだと思われがちだが、実はそれは正しくない。正しくないという事もないんだ 〈続きを読む〉