お題:突然の即興小説 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:727字

Write or Die ※未完
目が醒めると窓がない部屋に閉じ込められていた。
閉じ込められているのは、自分の他に4人。
とりあえず出てみようと、扉を開けようとしたが案の定扉には鍵がかかっていた。
なんだ?俺以外の4人を殺さないといけないデスゲームなのか?と思って周りを見渡すと、机の上にノートPCが5台あった。
そして、全員が目覚めた瞬間扉の上にあるモニターに文字が映し出された。
「お題:卵かけご飯」と。
しばらく経ってカウントダウンが始まった。1:00:00。59:59。59:58。モニターは確実に時間を減らしている。
「もしかして・・・、小説を書けと言うのか・・・?このお題で・・・?」
初めて言葉を発したのは小太りの男だった。
「この私をなめるなよ!業界随一の速筆と言われたこの三段池上流を!」
思い出した。確かテレビ番組で顔を見たことがある。娯楽小説のパイオニア、三段池上流。
そうなると閉じ込められている他の者も見当がつく。時代小説の巨匠、剣山流水。恋愛小説家、愛野シルシ。ファンタジー小説界の新星、御伽煉獄。ラノベ界の風雲児、銀河タケル。皆ミリオンセラーばかりだ。
そうなると、何故俺がこの部屋に閉じ込められたのかがわからない。俺も趣味で小説は書くが、いわゆるWEB小説で書籍になったことはない。他の4人とは格が違う。
それでも同じ部屋にいるという事は、閉じ込めた犯人は俺の小説も読みたいという事なんだろう。だったら喜んで書いてやる。
しかし、卵かけご飯か・・・。どうこの題材を調理したらいいものやら。
まあ、書いて完結させないとどうせ頭かどこかに埋め込まれている爆弾がBOMB!でお陀仏だ。
俺は勢いでタイピングを始めた。
さあ、他の作家はどんな作品を読ませてくれる
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
思考の幸せ ※未完
作者:キキョウ お題:突然の即興小説 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1086字
さて僕はどうしてここにいるんだろうか。そう考えるのは初めてではない。定期的に考えているような気もする。他人にバレればやばい人間かもしれないが、声に出さないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:地獄の死 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1669字
死ぬのがずっと怖かった。それは定命のものたち皆に共通する恐怖だろう。だから人間たちは必死でそれを克服しようとした。古来は魔術、祈り、錬金術、仙術、宗教。そして、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おきらく@推し強化月間 お題:許せない正月 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:571字
空の底にて。寒鴉は鳴き、ひとの息は白靄となり舞う折にひとびとは年を越す。 今年は莞爾とはできない年の明けだけれど、或る老人と孫はおせちを共にしていた。 してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:notte お題:私と小雨 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:907字
止まれ、と、機械が言った。 湿り始めたアーケードは、まだ鏡にならない。見下ろしても鈍いばかりで、エナメルが水を弾いている。周りから冷たさが侵してくる。溜息を吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:昨日食べた大地 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:984字
[R-18G注意] 私の考案したバイオロジカルアースイロージョン計画は実行段階にある。開発した生物兵器の浮遊クラゲが昨日めでたいことに瀬戸内海の小さな有人島を浸 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の奈落 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1664字
俺には昔から、予知夢の能力が備わっている。この能力は意識的に使うことはできないし、見ることができるのは未来の”自分の視界”だけだ。未来の自分が見る光景しか見るこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:勇敢な武器 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:2535字
獣の咆哮が響く。飛びかかってくる大きな体。それを身軽に躱して、飛び上がる。構えた二本の剣で狙いを定め、斬りつける。魔獣の体がそれをすれすれで躱して、着地した。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:氷獄の魔女 お題:信用のない強奪 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:3052字
「何の用だって…そりゃ簡単。お仕事さ」 怒りに呻く男の首元に押し当てた刃。男は目を見開き俺の顔を睨み付けてくる。面白味のない顔だ、決まってどいつもこいつも同じ顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文梧@小説家になろう お題:名前も知らない借金 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1902字
「あなたにはきっと、人の血が流れていないのね」 大沢匠海の元から去る時の妻の捨て台詞がそれだった。 正直なところ、大沢は人から好かれる性格ではない。それは彼自身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文梧@小説家になろう お題:来年の勝利 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1989字
あのとき、きっとあなたは敢えて私にさよならを告げなかったのでしょうね。去年の夏のあの日から、あなたはこうなることを予見していたのでしょう。 今思うと、夕陽のな 〈続きを読む〉

富士口勇生@何者にも染まらない無職の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:明日の手 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:526字
同じクラスの田中は毎日のごとく手が変わる。昨日は蟹の手だった。今日は猿の手だった。それがどうしたと思うが、毎日田中の手が明日どうなっているかという賭博みたいなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:ラストは四肢切断 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:478字
剣を持つ長髪の男が短髪の男にとどめを刺そうとしていた。短髪の男は満身創痍で勝負はとっくについている様子だ。「これで終わりだ、何か言い残すことはないか」「ケッ、て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:官能的なカラス 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:788字
「カラスに性欲ってあるのかな?」浩二が藪から棒に聞いてきた。昼食中にすべき会話ではないだろう。「そりゃあるだろう。性欲がなければ等に絶滅しているじゃねえか」「ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:遠い同情 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:805字 評価:0人
今日も俺はガチャを回す。レアキャラの出ないガチャを。不毛な無駄遣いを。どうして出ないとわかっていて回すのか。それは少しでも出ることを信じているからだ。ガチャを回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:朝の兄 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:770字
朝の兄は機嫌が悪い。些細な原因ですぐキレてしまい、身近な物を壊してしまう。一昨日はトーストが焦げてたからとトースターを壊した。昨日は占いでビリになったからとリモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:フニャフニャの恋人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:509字
いつからだろう、"それ"を恋人と認識するようになったのは。何気なく己が欲求のために使っていた"それ"に恋愛感情を抱き始めたのは。明らかにおかしいと気付いたのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:秋の小説新人賞 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:695字
僕は今、小説を書いている。小説家になるために。秋の小説新人賞、もみじ文庫大賞。この賞に入選した作家は大成すると言われるほどの有名な賞だ。締め切りまであと1週間。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Write or Die ※未完
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:突然の即興小説 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:727字
目が醒めると窓がない部屋に閉じ込められていた。閉じ込められているのは、自分の他に4人。とりあえず出てみようと、扉を開けようとしたが案の定扉には鍵がかかっていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:戦争と蕎麦 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:648字
「ああ、蕎麦が食いてえなあ」塹壕の中でレーションを食べながらトーキが呟いた。「ソバ?なんだそりゃ」「そうか、ジャックは食べたことがないのか。ジャパニーズヌードル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
IBO
作者:富士口勇生@何者にも染まらない無職 お題:少女の水たまり 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:604字
誰もが心に水たまりを抱えている。踏んでしまったら己が濡れてしまう、ゆえに避けてしまう心の水たまりを。しかし、水たまりというものは時に自分が踏まなくても車が来たり 〈続きを読む〉