お題:突然の即興小説 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:727字

Write or Die ※未完
目が醒めると窓がない部屋に閉じ込められていた。
閉じ込められているのは、自分の他に4人。
とりあえず出てみようと、扉を開けようとしたが案の定扉には鍵がかかっていた。
なんだ?俺以外の4人を殺さないといけないデスゲームなのか?と思って周りを見渡すと、机の上にノートPCが5台あった。
そして、全員が目覚めた瞬間扉の上にあるモニターに文字が映し出された。
「お題:卵かけご飯」と。
しばらく経ってカウントダウンが始まった。1:00:00。59:59。59:58。モニターは確実に時間を減らしている。
「もしかして・・・、小説を書けと言うのか・・・?このお題で・・・?」
初めて言葉を発したのは小太りの男だった。
「この私をなめるなよ!業界随一の速筆と言われたこの三段池上流を!」
思い出した。確かテレビ番組で顔を見たことがある。娯楽小説のパイオニア、三段池上流。
そうなると閉じ込められている他の者も見当がつく。時代小説の巨匠、剣山流水。恋愛小説家、愛野シルシ。ファンタジー小説界の新星、御伽煉獄。ラノベ界の風雲児、銀河タケル。皆ミリオンセラーばかりだ。
そうなると、何故俺がこの部屋に閉じ込められたのかがわからない。俺も趣味で小説は書くが、いわゆるWEB小説で書籍になったことはない。他の4人とは格が違う。
それでも同じ部屋にいるという事は、閉じ込めた犯人は俺の小説も読みたいという事なんだろう。だったら喜んで書いてやる。
しかし、卵かけご飯か・・・。どうこの題材を調理したらいいものやら。
まあ、書いて完結させないとどうせ頭かどこかに埋め込まれている爆弾がBOMB!でお陀仏だ。
俺は勢いでタイピングを始めた。
さあ、他の作家はどんな作品を読ませてくれる
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
思考の幸せ ※未完
作者:キキョウ お題:突然の即興小説 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:123 人 文字数:1086字
さて僕はどうしてここにいるんだろうか。そう考えるのは初めてではない。定期的に考えているような気もする。他人にバレればやばい人間かもしれないが、声に出さないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:未熟なサーブ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:734字
嫌だー! 今日から当分体育の授業はバレーボールだ! サボりたい。体育自体苦手だけど特に球技は嫌だ。 運動神経のなさがもろに出る。 しかもチーム競技はまわりの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:素人の検察官 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:933字
何度目の指摘だろう、「違うでしょう」と言ってもコイツは納得しない。どうして定食屋である私が、知能労働者である検察官に代わって、頭をひねらないといけないのだろう。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:宿命の経歴 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:717字
俺はこの面接に賭けていた。絶対に合格してやる。 そして――。「ここには10年前から最近までの経歴に『選ばれし勇者』とありますが、どのような活躍をなされていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:日本海辺 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:570字
車を降りると潮の匂いがした。 日差しが照りつける中、強い風が心地よい。 「ここ、観光客が少ない穴場なんだ」 白いワンピースに麦わら帽子を着てくるあたり良くわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推すの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:怪しい女祭り! 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:550字
「女祭り?女だらけの格闘大会みたいなやつ?」「違うんだなそれが」急に矢部にとあるイベントに一緒に行ってくれと誘われた日のことだった。「どんなことをやるんだ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:くだらないお金 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:515字
お金持ちになりたい。そう思ったことがない人間はほとんどいないだろう。そして自分はその夢を叶えてしまった。ただし、この世界では価値がないことに目をつむれば。「コノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:騙された水たまり 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:382字
「水たまりー、また騙されてやんのー!」昼休み、火村がまた私をからかう。これで本日3度目だ。 私、水田茉里は普通の女子中学生。アイドルに恋だってするし、放課後には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:フハハハハ!それは高給取り 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:437字
「フハハハハ!」毎月25日になると隣の部屋で高笑いが聞こえる。「今日はデリヘル呼ぶぞー!」なんと品のない大声だ。 隣の部屋にこの高笑いがトレードマークである隣人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:イギリス式の職業 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:817字
「今日からメイドを雇うことになった」仕事から帰ってきたオヤジが唐突に言った。「酔って帰ってきたのか、このクソオヤジ」「酔ってるわけではないぞ」「じゃあなんでだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:平和と魔法使い 必須要素:ウイスキー 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:537字
「ウィリアム!私、無尽蔵にウイスキーを生み出せる魔法を発明しちゃった」「ほう、そいつはこの酒場を潰す発言だな」今日のクエストを終えた俺はいつもどおり、酒場でルナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人間の定義 ※未完
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:僕の嫌いな人体 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:488字
目が覚めたら人間としての肉体を全て失っていた。交通事故で右腕を失い、義手を買うための資金稼ぎという名目でとある博士の人体実験に付き合うことになってはや10年。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:素朴な嘔吐 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:268字
豪快な嘔吐をしたことがある。飲み会の席で酒を飲んで、飯が進んで、飯が進みすぎて、胃のキャパシティをオーバーして、鍋の中に盛大にぶちまけた。そんな豪快な嘔吐をした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:憧れの雑草 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:329字
野球部の田中先輩は野に咲く一輪の花というより、地面に生える雑草といった人物だ。小学生の頃から野球こそが全てで、練習も人一倍取り組んでいた。しかし悲しい哉、実力が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:俺の恋人 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:342字
今日、恋人ができた。知り合ってはや半年、ただの漫研部員同士から恋人になるまであっという間に感じる。同じ作品を好きになって、絵が下手な俺に彼女が作画を担当してく 〈続きを読む〉