お題:突然の即興小説 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1086字

思考の幸せ ※未完
 さて僕はどうしてここにいるんだろうか。そう考えるのは初めてではない。定期的に考えているような気もする。他人にバレればやばい人間かもしれないが、声に出さないので何も問題ないよねとニヤニヤしながら自分のいる場所について考えていると目の前にあるジト目が目に入ってしまった。
 「思考が共有しちゃったの忘れてない?」
そうそうなのである。考えることが唯一の楽しみである僕の思考を読み取ってくるやつがこの世に誕生してしまったのだ。非常に生きにくい世の中になってしまった。
 「それくらい口に出していってくれない…声で聞くより悪寒がするわ。」
 死に腐れという視線を彼女が送ってくる。いや俺も被害者だからね、その視線はお門違いではと思ってみる。
 「私が一番どうしてここにいるのか知りたいんだが…。」
 どうしてだろうね、とニヤニヤしてみる。そろそろ殴られそうではある。
 事の顛末をざっくりとまとめてみようと思う。思い返せば解決方法だって見つかるかもしれない。始まりはよくあることだった。階段の上から降ってきた彼女と頭がごっつんこ。ここで私たち入れ替わってる的な展開には残念ながらならなかった。代わりにお互いの思考がわかるようになってしまったのである。
 まとめてみたが、解決方法など出てこない。もう一度お互いの頭をぶつけてみるのはもう実践している。激痛が伴っただけだった。悲しきかな涙目の彼女は可愛かった。それ以降、放課後は空き教室に集まって、解決方法を模索しているのである。
 彼女はイライラしているが、僕はニコニコしている。これは仕方がないことだと僕は思う。彼女はまだ知らないのだ。僕が失声症であるということに。僕は久々に会話ができているようで、あれから人生が180度変わったかのように楽しい生活が遅れているということに。このことだけは考えないようにしている。心で楽しんでいるっていうんだろうか。彼女はイライラしているから気づかない。
 回想を終え、ニコニコしていると彼女はよりイライラしている。
 「気づかないわけがないでしょ…。思考はわかるんだって…。」
 一方的に話ができているようで楽しい。人と話すことがこんなに楽しいだと思い出すことができた。しかし、ここ3日同じような思考を聞いてもらって申し訳ないとは思っているよ。おかげで人生に色がついたようなんだから。
 「まぁいいよ。私がお人好しでよかったね。じゃあ今日も解決方法でも考えようか。」
 僕は思考を巡らせる。僕の思考に突っ込みを入れてくれる彼女。こんな幸せが続くことを僕が切に願ってしまうのは仕方がないことだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
Write or Die ※未完
作者:富士口勇生@来年から無職 お題:突然の即興小説 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:727字
目が醒めると窓がない部屋に閉じ込められていた。閉じ込められているのは、自分の他に4人。とりあえず出てみようと、扉を開けようとしたが案の定扉には鍵がかかっていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの医者 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:676字
ちく、ちく、ちく。 焦げた針の先で皮膚を浅く掬い、少年は時折ぱきぱきと首の骨を鳴らした。粗末な診察台に横たえられた男は、学生服の前を寛げられたままぴくりとも動 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鶴川 お題:漆黒の闇に包まれしサーカス 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:1063字
今宵お届けいたしますは一人の男の哀れな曲芸!人が死ぬのはまことに喜劇!次元を隔てた向こうで人が死ぬだけで誠に愉悦!それが我らが次元で起これば爆笑必死! 第三世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:戦艦の動機 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:1583字
[あまねく道具には意図がある] と、指を立てて得意げになる彼女は、少年から見れば、淡い憧れの具現そのものといえた。細く引き締まったからだのおかげで背丈は実際より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異国の家族 ※未完
作者:ヒャッハー系サバモン お題:宗教上の理由で妹 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:424 人 文字数:364字
「さあ、恥ずかしがらないで。なに、遠慮することはない。言ってごらん。さあ。さあ。」部屋にいるのは新たな"兄妹"。"兄"は"妹"ににじり寄り、少女は男を睨みつける 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:a お題:愛すべき超能力 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:821字
子どもと別れたあと、戦士は穴にそって歩きはじめた。暗い穴のなかを見ると気がおちつく。それにすずしい風もふきあげてくる。落ちさえしなければいいルートだ。穴の奥でむ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森辺学 お題:素人のサーブ 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:2075字
頭に来た。何が誕生日は一緒に居ようね、だ。 林刀子はカンカンであった。付き合って三か月目の彼氏が刀子の誕生日をすっぽかしたのだ。数か月前から楽しみにしていた物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビスコ大帝 お題:素人のサーブ 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:640字
「あの1年、まだ練習やってんの?」夕焼けに照らされる学校のテニスコートの端に誰かの言葉が響く。「うん、試合に出るメンバーに選ばれなかったのがよほど悔しかったんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:免れた家 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:286 人 文字数:2320字
いままで一度も当たったことのない家がある、ということを誰も信じない。毎年のことで、クラスの内の誰かしらには当たってるもので――そりゃ確率的には当たらないことはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポーカー お題:女の風 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:1325字
まったく呆れたものだね。君の机に10冊もウルフの小説が積んであったことだ。彼女の生き様を夢見て結局は入水自殺したヴァージニア信奉者がいままで何人いたと思う!その 〈続きを読む〉

キキョウの即興 小説


ユーザーアイコン
思考の幸せ ※未完
作者:キキョウ お題:突然の即興小説 必須要素:2000字以上 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1086字
さて僕はどうしてここにいるんだろうか。そう考えるのは初めてではない。定期的に考えているような気もする。他人にバレればやばい人間かもしれないが、声に出さないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1111字 評価:0人
何のために戦うんだと言われる。だが私たちにその質問は必要だろうかといつも思う。 人と違うだけで排除される世界だ。AIが発展することで、より人の概念を強制化する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷めゆく私 ※未完
作者:キキョウ お題:許せないぷにぷに 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:702字
友人いわく、人は些細なことでけんかをするらしい。プリンを食べられてしまったとか、他の女の子と仲良くしゃべっていたとか、手をつないでくれなかった等々。私に報告す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:最弱の脱毛 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:380字
確かに全力を出さなければならない。いやとどめたいという感情が大きいことは仕方がないことだろう。俺自身の尊厳がかかっている。プライドの塊だよ。現在、順位は最下位 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:緩やかなギャグ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:463字
端的に言おう。急に部室に閉じ込められた。理由はまだない。漱石のような言い回しをしても理由は浮かんでこないし、脱出方法が思い浮かぶわけでもない。しかし犯人はわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:君と外側 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:738字
「考えずに学ぶ者は迷いの中にいる、学ばずに考えるものは危険の中にいる。悩み多き人生が待っているだろう。このことだけは覚えておきたまえ。」 人の言うことなどだい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:汚い、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:662字
はっきり言って落ち込んでいる。割と暴言を言われるのは慣れていると思っていたんだ。例え言われたとしても、すんなり腑に落ちそうな言い訳が思いつく気でいた。「君、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:暗い冬 必須要素:お盆 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:387字
「人は死んだらどこへ行くのかな。」「きっとね天国へいけるんだよ。」 あるお盆のお墓参りの時、母とかわした会話だ。息子と母の何気ない会話だったはずだ。それなのに僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:当たり前の海辺 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:440字
気づけば職場と自宅を往復する日々。このまま日々は過ぎていくんだろうという気はしている。実のところそこまで不安があるわけではない。安定している職場、基本的に就業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キキョウ お題:暑い監禁 必須要素:干支 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:815字
考えが全くまとまらない。まったくもって生きているのが不思議でならない。自分が意外としぶとい人間だなんて、この体験がなければ気づくことはなかったな。いやぁ感謝感 〈続きを読む〉