お題:彼の土地 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:678字

彼の土地 ※未完
ここに来るのも何回目になるだろうか。そんなことをぼんやり考えながら漫然と車を走らせる。

 埼玉県の中部に位置する小さな墓地。そしてそこのすぐ横にあるこれまた小さな家、これがカーナビに示されている目的地だ。もっとも、カーナビにはなんとなく表示させているだけで、道を間違って迷うことはありえないだろう。なぜならこの目的地は、僕の実家なのだから。

 目的地は僕の実家と墓地、ならば目的は察してもらえると思う。亡くなった父の墓参りだ。と言っても一回忌などという程度のものではなく、年に一回だけの訪問と決めた上でここに来るのも何回目かとはっきり思い出せないほど亡くなったこと自体は過去の出来事になってしまったし、中学卒業と共に家を飛び出した親不孝者であった僕はもう30代に入って数年目だ。 
 中卒の親不孝者と言われると金髪ピアスの暴走族をイメージされると思うが、当時から今まで僕は暴走行為にまったく興味はなく、髪を染めたことすらない。その性格は依然変わらず、今運転している車も一人者の僕には充分すぎる軽自動車だ。一人者、という点には多少のコンプレックスを感じないでもないが。

 ならばエネルギー有り余る中高生の時期に僕は何に情熱を燃やしていたかというと、パソコンイラストプログラミング、所謂オタク趣味だ。それで終わっていればよくある話としても珍しくないほどの風景だろうが、中学入学時にはすでにインターネットでのビジネスに強い興味を示していた。そして中学の授業を聞き流しながら日々熱中、株などにも資金を回し卒業時には千万の単位までが預金通帳には記されていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の土地 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:443字
もう何年前になるか覚えていない。だだっ広い平地を手に入れたのは。毛布にくるまってコーヒーを嗜みながら、作物の種すら蒔かれていない土を眺めるのが日課だ。元々私が望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:春の小説 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:441字
街一番の桜の木。その根元に一冊のノートが置いてあった。不思議に思い中を確認すると、それは誰かが手書きで書いた物語だった。内容は一人の少女の心情を唯唯書き綴った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:裏切りの彼 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:830字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した小説修行 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:827字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:ドイツ式の春雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:644字
「お母さん、今日ドイツ人のマット君が来るから」 息子から突然飛び出した言葉に私は心底びっくりさせられた。急に言われても困る。こちらにも心の準備というものがあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:ダイナミックな息子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字
その日も彼は談話室の端に置かれている一人がけソファの上で窮屈そうに膝を抱え、真剣な眼差しで文庫本を読んでいた。私が彼を認識する時は決まって、談話室のあのソファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:寒い旅行 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:880字
独り寝の寒さが心身とこたえる。元々一人用だったベッドがやたらと広く感じた。目を瞑れば、あの時の思い出が蘇って、全く眠らせてくれない。記憶に一人旅行をさせれば涙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:611字
「また、会えるよね?」 1人の少女は悲しいそうな表情で問いかける。「うん。サマーバケーションとか長い休みの日だけになるけどね」 腹をくくった様な表情でもう1人の 〈続きを読む〉

おケイの即興 小説


ユーザーアイコン
彼の土地 ※未完
作者:おケイ お題:彼の土地 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:678字
ここに来るのも何回目になるだろうか。そんなことをぼんやり考えながら漫然と車を走らせる。 埼玉県の中部に位置する小さな墓地。そしてそこのすぐ横にあるこれまた小さ 〈続きを読む〉