お題:凛とした狙撃手 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:521字
[削除]

凛とした狙撃手(?)
その男は、何時如何なる時でもピンと真っすぐ背筋を伸ばしていた。
まるで背中に定規でも入れているかのようなその佇まいを初めて見たときの衝撃は忘れられない。
標的を見つけた時。
ホルスターに忍ばせた銃に手を掛けた時。
銃を構えた時。
撃つ前、撃っている最中、撃った後でさえも。
標的に命中した時、思わずガッツポーズしてしまいそうだが・・・とにかく真っすぐ。
一見苦しそうにも見えるが息切れ一つしていないので、彼にとっては自然な射撃フォームなのだろう。

その男は、何時如何なる時でも表情を崩すことはなかった。
まるで能面でも張り付いているかのようなその佇まいを初めて見た時の衝撃・・・いや恐怖は忘れられない、忘れられそうもない。
標的を見失った時。
ホルスターに忍ばせた銃に手を掛けようとして思わず手が滑って銃を落としてしまった時。
銃を構えようとして・・・上下逆になっていた時。
撃つ前、撃っている最中、撃った後でさえも。
標的に失中した時、思わず怒りに顔をゆがめてしまいそうだが・・・とにかく真顔。
ともすれば気味悪く感じてしまいそうだが、彼にとっては通常運転なのだろう。

彼の姿を一言で表すならば、この言葉以外は考えられない。

「凛」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:僕マリ お題:凛とした狙撃手 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:778字
恋人を殺した。浮気をされて、カッとなって、ナイフでメッタ刺しにした。生ぬるい血潮を浴びる。手が血で真っ赤になる。人の肉を刺した時の、人の骨がナイフを邪魔する手応 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
神様の失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:628字
『神様って、いると思う?』「あぁ、きっといるよ。」『神様って、すごいの?』「あぁ、もちろん。僕たちだって神様が一人一人つくってくれるんだよ。」『じゃあ神様が失敗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い足 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:656字
小説が書けない。 小説が嫌いなわけではない。むしろなぶり尽くすように読むたちである。昼夜を失って投稿サイトをたびたび徘徊する。 とはいえ良い読者でもない。たっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たんぽぽ ※未完
作者:匿名さん お題:捨てられた娘 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:196字
「はい、これ」「ん?・・・育毛剤?」「うん。今日お誕生日でしょ。おじちゃん、悩んでるみたいだったから。店員さんに聞いたら、これが一番いいって」「ああ、そういえば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの夏休み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:116字
今年の夏休みは、いつもと違っていた。短い間に、僕のまわりの世界は大きく変わってしまった。もちろんよくない意味で。お姉ちゃんは海に溺れて死んじゃって、そのことでお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:269字
僕の好きな景色なんだ。何の変哲もない片田舎の港町だけど、学校の行き帰りの連絡船から見える町の景色。坂道や赤い標識や縞模様の幟や煤けた民宿の看板。夕暮れ、柔らかい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄人々 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:447字
彼女との待ち合わせ時間に30分も早くきてしまった俺は仕方なく近くのネットカフェで時間つぶしをした。暗い店内。一人きりの俺は落ち着きなくジャケットの内ポケットから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
書斎の大掃除 ※未完
作者:匿名さん お題:小説の秋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:333字
読書の秋になった。この時期になると、私が仕えているお屋敷では、書斎の整理・不要になった書籍の売却・新たに購入する書籍の選定、文房具の整理・廃棄・新規購入を行う 〈続きを読む〉