お題:ロシア式の悪魔 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:851字

幻想生物研究所。悪魔編
皆さんは悪魔と聞いて何を想像するだろうか?

黒くて、体が大きくて、なんだか悪そうなイメージ?

確かにそんな悪魔も見たことはあるし、大抵の悪魔はそんな感じだ。しかし全てではない。

今日は、僕が見てきたロシア式の悪魔についてお話ししよう。


僕が部屋に入るなり、先生は一息に言った。

「ロシア式の悪魔ですか?」

「そうだ、ロシアの悪魔は、それは変わった亜種だったよ。そうだ君、ロシアと言って思い浮かぶものは何かあるかい?」

「そうですね、まず寒いですよね。あと雪が降る。それに白夜なんてものもあるらしいですね。」

「その通りだ。」

「分かりました!夜行性じゃないんですね!白夜じゃ活動できない。」
僕は些か得意になってそう叫んだ。

「そういうわけではないんだ。白夜の期間はずっと眠っているよ。」

「ではどう違うのですか?」

「そうだな。百聞は一見にしかずだ。実物を見てみよう。」

「どういうことですか?連れてきたんですか?」
僕が驚いたのも当然だろう。悪魔は普通2メートルもあり、暴れるのでとても連れてくるなんてできやしない。

「それこそ、ロシア式なのさ。」

先生はそういうと机の上に不自然に置いてあった籠のようなものの覆いをとった。

「うわぁ…」
そこには、10センチほどの白くてふわふわした生き物がいた。よく見たら羽がないことなどに気付くだろうが、一瞬天使の亜種かと思った。

「これがロシア式悪魔ですか?」

「そうだ。ロシアは寒いから熱を逃がさないように体は小さくなる。そして雪が多いから見つからないように白くなったと私は考えている。あとロシアには天敵の天使が少ないからあまり攻撃的ではない。
私はそう考えている。」

「すごいですね。確かに牙など悪魔の特徴も備えています。」

「地域によって適応する悪魔は多々報告されているがここまで極端な例は初めてだろうな。」

「しかし、特殊な精神汚染などはないのでしょうか?」

悪魔が笑った。

世界が暗転した。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:とびだせ水 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:691字
子供の頃学校のプールで溺れて以来、水が恐怖だった。風呂くらいの広さならまだ平気だが、旅館の大浴場ほどの広さになると足がすくんで指の先が震えてくる。水恐怖症。や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッサクリーフ(マイン倶楽部) お題:淡い犬 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
俺の名前はワンス、飼い主のペットのオスの淡い犬だ。ガチャッ「ワンス、エサ持って来たよ」この男の子は飼い主の子供の男の子、スワン。「クン~クン~(エサだエサだ!) 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

槻木翔の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:やば、理由 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:964字
霧の深い森が開けたところにそれはあった。 古民家風の小さな家の玄関のわきに、食事処と達筆な看板を立てかけている。 道に迷ってから何も食べてない私のような身には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:とんでもないお茶 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:878字
新しい喫茶店ができたらしい。きっかけは会社の女子社員が話していたのを偶然聞いてしまったことであった。なんでもとてもおしゃれな外観で少し路地に入ったところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:破天荒な作品 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:887字
「なあ、どんな作品を書いてみたいんだい?」 筆が進まないと泣きついてきた友人に俺はそっと尋ねた。「僕は今までずっと地に足の着いた作品を書いてきた」「そうだな」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:憧れのギャグ 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:869字
俺の罪を告白する。俺は、身寄りがなく町の劇場でジョークを言って観客を笑わせることで収入を得て暮らしていた。要するに芸人である。しかし、実入りは少なく結婚などの将 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:暴かれたホテル 必須要素:スニーカー 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:605字
そのホテルは長らく「幻のホテル」と呼ばれていた。別に場所が秘匿されているわけではない。誰にでもよく見える高台にホテルは立っていた。なのになぜ幻のホテルかって?そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:誰かの博物館 必須要素: 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:636字
「この壺を観ながらワインなんで飲んだら粋じゃないかい?そうだ、この壺が作られた年に作られたワインをここで出せば面白い」急に話しかけてきたかと言われればこれである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:帝王の家事 必須要素:ドイツ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:729字
私が今から語るドイツ帝室は皆様がご存知のドイツ帝国の物とは大きく異なるかもしれない。しかしこれも真実なのです。 申し遅れました。私、ドイツ皇帝の執事をしておりま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:騙された巨人 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:721字
ある山奥に臆病な巨人が住んでいました。巨人は好奇心が強く、麓の街にとても興味がありましたが以前人に見られて悲鳴を上げられたのがトラウマになり山から降りれなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:オチは運命 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:734字
師匠のカバンを持つようになってから3か月が過ぎようとしていた。朝、師匠が起きるより先に起きて師匠を起こしに行く。食事は弟子のかたが作っているので弟子全員で朝食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2655字 評価:0人
初めて見た時から、私はその火に魅せられてしまった。原子力発電所、私から故郷を奪ったもの。お父さんはあそこで働いていた。祖父を原爆で亡くした身であったので原子力技 〈続きを読む〉