お題:ロシア式の悪魔 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:851字

幻想生物研究所。悪魔編
皆さんは悪魔と聞いて何を想像するだろうか?

黒くて、体が大きくて、なんだか悪そうなイメージ?

確かにそんな悪魔も見たことはあるし、大抵の悪魔はそんな感じだ。しかし全てではない。

今日は、僕が見てきたロシア式の悪魔についてお話ししよう。


僕が部屋に入るなり、先生は一息に言った。

「ロシア式の悪魔ですか?」

「そうだ、ロシアの悪魔は、それは変わった亜種だったよ。そうだ君、ロシアと言って思い浮かぶものは何かあるかい?」

「そうですね、まず寒いですよね。あと雪が降る。それに白夜なんてものもあるらしいですね。」

「その通りだ。」

「分かりました!夜行性じゃないんですね!白夜じゃ活動できない。」
僕は些か得意になってそう叫んだ。

「そういうわけではないんだ。白夜の期間はずっと眠っているよ。」

「ではどう違うのですか?」

「そうだな。百聞は一見にしかずだ。実物を見てみよう。」

「どういうことですか?連れてきたんですか?」
僕が驚いたのも当然だろう。悪魔は普通2メートルもあり、暴れるのでとても連れてくるなんてできやしない。

「それこそ、ロシア式なのさ。」

先生はそういうと机の上に不自然に置いてあった籠のようなものの覆いをとった。

「うわぁ…」
そこには、10センチほどの白くてふわふわした生き物がいた。よく見たら羽がないことなどに気付くだろうが、一瞬天使の亜種かと思った。

「これがロシア式悪魔ですか?」

「そうだ。ロシアは寒いから熱を逃がさないように体は小さくなる。そして雪が多いから見つからないように白くなったと私は考えている。あとロシアには天敵の天使が少ないからあまり攻撃的ではない。
私はそう考えている。」

「すごいですね。確かに牙など悪魔の特徴も備えています。」

「地域によって適応する悪魔は多々報告されているがここまで極端な例は初めてだろうな。」

「しかし、特殊な精神汚染などはないのでしょうか?」

悪魔が笑った。

世界が暗転した。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:素晴らしい川 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
登場人物はノンフィクションですが、話はフィクションです。名前は変えてます。~~~~~~~~~~~~~~~それは私が12歳で、恵莉が10歳の時。恵莉「麻実ちゃん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:疲れた汁 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1251字
「あの都知事の影響力も落ちてしまったな。あれだけ風が吹いてたっていうのに」 俺は何気なくそうつぶやいたのだが、食堂で向かいに座っていた中本は「しっ!」と怖い顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

ていらーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:誰かの博物館 必須要素: 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:636字
「この壺を観ながらワインなんで飲んだら粋じゃないかい?そうだ、この壺が作られた年に作られたワインをここで出せば面白い」急に話しかけてきたかと言われればこれである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:帝王の家事 必須要素:ドイツ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:729字
私が今から語るドイツ帝室は皆様がご存知のドイツ帝国の物とは大きく異なるかもしれない。しかしこれも真実なのです。 申し遅れました。私、ドイツ皇帝の執事をしておりま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:騙された巨人 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:721字
ある山奥に臆病な巨人が住んでいました。巨人は好奇心が強く、麓の街にとても興味がありましたが以前人に見られて悲鳴を上げられたのがトラウマになり山から降りれなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:オチは運命 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:734字
師匠のカバンを持つようになってから3か月が過ぎようとしていた。朝、師匠が起きるより先に起きて師匠を起こしに行く。食事は弟子のかたが作っているので弟子全員で朝食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:2655字 評価:0人
初めて見た時から、私はその火に魅せられてしまった。原子力発電所、私から故郷を奪ったもの。お父さんはあそこで働いていた。祖父を原爆で亡くした身であったので原子力技 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:アブノーマルな父 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:710字
私の父は普通ではない。どう普通ではないかといわれるとちょっと困るのだが。はたから見ても、実際に娘になってみても父はとてもやさしい。理想的な父だ。ただ私は父が何か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:闇の映画館 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:685字
その昔、映画館は観客にエンターテインメントを提供する場所だった。この時代の観客は映画館に安らぎを求めていた。グーグルの跋扈するようになったこの世界で一度、映画館 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:うわ・・・私の年収、失敗 必須要素:群像劇 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:505字
都内 某所 会議室「あなたの業務成績は、基準値を7パーセント下回っていたため、雇用契約の年棒変動規定により来年度は500万円の減俸となります。」「待ってください 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:最後の家 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:648字
私はこの家こそ最後を迎えるのに最適であると確信している。 75年に及ぶ人生で私は常に超常の存在に魅せられてきた。ある時は河童を追い、またある時は龍を追った。追う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:かゆくなる悪人 必須要素:ポルチーニ茸 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:625字
男は必死に逃げていた、警備員が追ってきているかはわからないがまだ安心はできない。ある金持ちの持っている山になる天然のキノコ、「ポルチーニ茸」の密猟のために侵入し 〈続きを読む〉