お題:悲観的な怒り 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:386字

食育
「おかしい。白トリュフとは要するにキノコだ!菌糸類だ!」

「作用にございます。」

「それではなぜ、なぜ私は雑菌の仲間である此奴らを食して先程『美味である』などと言ったのだ?!


「僭越ながら若様。白トリュフとは高級食材でございます。高級食材が高級たる所以は美味であることにございます。」

「しかしこの菌は甘いぞ!菌とは甘いのか?」

「作用にございます。」

「私は怒っておるぞ。今まで菌糸というものを見くびっておった。おい爺。明日から1週間の主食はキノコだ!」

「私、確かに聞きましたぞ?よろしいのですな?」

「二言はない。」


(トリュフと言ってもキノコではなくチョコレートの方であることについぞ気づかなかった。言質は取ったのであとはじっくりキノコ嫌いを治すだけです。)

若が、1週間のキノコ地獄で過去の自分と執事に悲しい怒りを覚えるにはまた別の話。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:キリノ お題:悲観的な怒り 制限時間:15分 読者:320 人 文字数:401字
僕はどうしても許せなかった。だってそれじゃあ、君が幸せだとは到底思えなかったんだもの。君はそれでいいなんて言うけれど、君は彼のことが大好きじゃないか。君は誰より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な警察官 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:653字
食材を探すために山に入ったものの、自分は他の奴よりも入山時期が遅かったために、焦っていた。「こんなにすぐに冬が来るなんて思ってもみまかった」こんな風に噛んでしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出のお嬢様 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:878字
思い出せない思い出がある。 思い出せないというのに思い出、というのはおかしな話であるかもしれないが、しかし間違いなくあるのだ。 幼いころ、まだ家族がみな揃って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:誰かと動機 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1012字
「動機は」と俺は訊いた。目の前の猫に。机の上に行儀よく座ったソイツは顔を横へと背けながら、「いや、ね。旦那、考えてみてくださいよ――」言い訳めいた言葉を早口で喋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:ありきたりなライオン 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:677字
彼は白トリュフしか食べることができなかった。 白トリュフはたいへんに貴重だ。むかし、おおよそ千年ほど昔は、珍しくはあっても貴重ではあっても、手に入らないという 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:259字
―小説を書きたいのなら、まずは書きなさい。と先生は田中太郎に言った。しかし、田中には小説の書き方なぞ知らなかった。田中は先生と呼ぶ者に方法を知らないものを書ける 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんてん お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:542字
白トリュフはかわいい。ごつごつしていて愛らしい。 そっと、やさしく白トリュフに口づけをして、暴力的な香りに酔いしれる。最高ですね。 学校の宿題、今回はなんとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
びびる。 ※未完
作者:あきた お題:臆病な姉妹 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:690字
「ちょっと! 本当に大丈夫なの?」 美樹は目元を青くしながら正面の席に座る妹・真樹にすがるように言葉を投げた。「わからないよ、私だってこんなに高そうな料理が出て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある闇 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:675字
楽に見えてもそんなに実は困ってないよね。えっ?全然よくわからないんだけど 白トリュフかけ放題30分¥2000 2名様~白トリュフって食べ放題で食べて美味しいもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コルトランプ お題:2つの殺し 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:658字
ケイは子供の頃から今までおいしいと思った事が一度もない料理がある。寿司とトリュフだ。回転ずしにいった時も、ケイは生ものを寿司を手をつけず、「なに、あんたまたツナ 〈続きを読む〉

ていらーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:かゆくなる悪人 必須要素:ポルチーニ茸 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:625字
男は必死に逃げていた、警備員が追ってきているかはわからないがまだ安心はできない。ある金持ちの持っている山になる天然のキノコ、「ポルチーニ茸」の密猟のために侵入し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:もしかして嵐 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:436字
そいつは夜中にやってきた。視界の隅で動くものがあり、よくよく追ってみると黒くて、羽の部分が茶色いあいつがいた。今日、引っ越したばかりの新築で密閉された部屋だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:天国の計画 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:617字
場所:天国運営総局 設備部 改修課「課長、骸骨に関する撤去要請が昨日だけで32件あります。」朝の定例報告で設備要望係の係長が報告して来た。「しかしあれは、地獄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:光の弔い 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:421字
この国では光を信仰しているらしい。この国の人が死ぬと遺体は燃やされ、その魂は神の光と一体化する。「なにをやっているのですか?」道にあおむけになっている老人に話し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:興奮した「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:682字
「うりゃぁ!」「うりゃぁ!」「うりゃぁ!」手のひらほどの大きさで控えめな羽のある白い生き物2匹が手にした槍をおたがいに向けて威嚇しあっていた。威嚇といったが幻想 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:私のラーメン 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:666字
高架下に軒を連ねる薄汚いラーメン屋台の一軒。その中で一人の若い男が途方に暮れていた。「俺のラーメンが食えねえってそう言ってんのか?にいちゃん。」「そう怒らないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:明るい模倣犯 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:506字
「知ってるかい?」朝、家から出ると隣に住む奥さんが話しかけてきた。「何をですか?」「ゴキブリ事件だよ。留守の間に家に沢山のゴキブリを入れる事件。」「あぁ、隣町の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:ロシア式の悪魔 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:851字
皆さんは悪魔と聞いて何を想像するだろうか?黒くて、体が大きくて、なんだか悪そうなイメージ?確かにそんな悪魔も見たことはあるし、大抵の悪魔はそんな感じだ。しかし全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:悲観的な怒り 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:386字
「おかしい。白トリュフとは要するにキノコだ!菌糸類だ!」「作用にございます。」「それではなぜ、なぜ私は雑菌の仲間である此奴らを食して先程『美味である』などと言っ 〈続きを読む〉