お題:悲観的な怒り 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:386字

食育
「おかしい。白トリュフとは要するにキノコだ!菌糸類だ!」

「作用にございます。」

「それではなぜ、なぜ私は雑菌の仲間である此奴らを食して先程『美味である』などと言ったのだ?!


「僭越ながら若様。白トリュフとは高級食材でございます。高級食材が高級たる所以は美味であることにございます。」

「しかしこの菌は甘いぞ!菌とは甘いのか?」

「作用にございます。」

「私は怒っておるぞ。今まで菌糸というものを見くびっておった。おい爺。明日から1週間の主食はキノコだ!」

「私、確かに聞きましたぞ?よろしいのですな?」

「二言はない。」


(トリュフと言ってもキノコではなくチョコレートの方であることについぞ気づかなかった。言質は取ったのであとはじっくりキノコ嫌いを治すだけです。)

若が、1週間のキノコ地獄で過去の自分と執事に悲しい怒りを覚えるにはまた別の話。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小さな女の子 お題:悲観的な怒り 制限時間:15分 読者:337 人 文字数:401字
僕はどうしても許せなかった。だってそれじゃあ、君が幸せだとは到底思えなかったんだもの。君はそれでいいなんて言うけれど、君は彼のことが大好きじゃないか。君は誰より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:練習用 お題:未来の痛み 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:380字
今の最大のピンチは財布に金がない事だ。 分かっているのは給料日までまだ2週間以上も先であること、そして目の前に置かれた段ボール箱の存在だ。 昨日一人酒に酔った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:私が愛した言い訳 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:608字
彼はずるい。なぜなら、背が高いから。私の身長は155cmくらい。図書館で高い本棚の上の方の本を取ることができない人種だ。私が取れずに困っていると、彼は何のことも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な警察官 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:653字
食材を探すために山に入ったものの、自分は他の奴よりも入山時期が遅かったために、焦っていた。「こんなにすぐに冬が来るなんて思ってもみまかった」こんな風に噛んでしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出のお嬢様 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:878字
思い出せない思い出がある。 思い出せないというのに思い出、というのはおかしな話であるかもしれないが、しかし間違いなくあるのだ。 幼いころ、まだ家族がみな揃って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:inout お題:誰かと動機 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1012字
「動機は」と俺は訊いた。目の前の猫に。机の上に行儀よく座ったソイツは顔を横へと背けながら、「いや、ね。旦那、考えてみてくださいよ――」言い訳めいた言葉を早口で喋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:ありきたりなライオン 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:677字
彼は白トリュフしか食べることができなかった。 白トリュフはたいへんに貴重だ。むかし、おおよそ千年ほど昔は、珍しくはあっても貴重ではあっても、手に入らないという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:259字
―小説を書きたいのなら、まずは書きなさい。と先生は田中太郎に言った。しかし、田中には小説の書き方なぞ知らなかった。田中は先生と呼ぶ者に方法を知らないものを書ける 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんてん お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:542字
白トリュフはかわいい。ごつごつしていて愛らしい。 そっと、やさしく白トリュフに口づけをして、暴力的な香りに酔いしれる。最高ですね。 学校の宿題、今回はなんとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
びびる。 ※未完
作者:あきた お題:臆病な姉妹 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:690字
「ちょっと! 本当に大丈夫なの?」 美樹は目元を青くしながら正面の席に座る妹・真樹にすがるように言葉を投げた。「わからないよ、私だってこんなに高そうな料理が出て 〈続きを読む〉

槻木翔の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:とんでもないお茶 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:878字
新しい喫茶店ができたらしい。きっかけは会社の女子社員が話していたのを偶然聞いてしまったことであった。なんでもとてもおしゃれな外観で少し路地に入ったところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:破天荒な作品 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:887字
「なあ、どんな作品を書いてみたいんだい?」 筆が進まないと泣きついてきた友人に俺はそっと尋ねた。「僕は今までずっと地に足の着いた作品を書いてきた」「そうだな」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:憧れのギャグ 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:869字
俺の罪を告白する。俺は、身寄りがなく町の劇場でジョークを言って観客を笑わせることで収入を得て暮らしていた。要するに芸人である。しかし、実入りは少なく結婚などの将 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:暴かれたホテル 必須要素:スニーカー 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:605字
そのホテルは長らく「幻のホテル」と呼ばれていた。別に場所が秘匿されているわけではない。誰にでもよく見える高台にホテルは立っていた。なのになぜ幻のホテルかって?そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:誰かの博物館 必須要素: 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:636字
「この壺を観ながらワインなんで飲んだら粋じゃないかい?そうだ、この壺が作られた年に作られたワインをここで出せば面白い」急に話しかけてきたかと言われればこれである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:帝王の家事 必須要素:ドイツ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:729字
私が今から語るドイツ帝室は皆様がご存知のドイツ帝国の物とは大きく異なるかもしれない。しかしこれも真実なのです。 申し遅れました。私、ドイツ皇帝の執事をしておりま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:騙された巨人 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:721字
ある山奥に臆病な巨人が住んでいました。巨人は好奇心が強く、麓の街にとても興味がありましたが以前人に見られて悲鳴を上げられたのがトラウマになり山から降りれなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:オチは運命 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:734字
師匠のカバンを持つようになってから3か月が過ぎようとしていた。朝、師匠が起きるより先に起きて師匠を起こしに行く。食事は弟子のかたが作っているので弟子全員で朝食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:2655字 評価:0人
初めて見た時から、私はその火に魅せられてしまった。原子力発電所、私から故郷を奪ったもの。お父さんはあそこで働いていた。祖父を原爆で亡くした身であったので原子力技 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:アブノーマルな父 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:710字
私の父は普通ではない。どう普通ではないかといわれるとちょっと困るのだが。はたから見ても、実際に娘になってみても父はとてもやさしい。理想的な父だ。ただ私は父が何か 〈続きを読む〉