お題:残念な口 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:706字
[削除]

ある村の集会で。
 真実の口、と呼ばれるものがある。
 どこかの国にある、うそつきが手を突っ込むと抜けなくなるというアレだ。
 なぜそんなことを考えているかといえば、だ。

「かの国の真実の口みたいなものを作って、村興しはできんものかね」

 村の発展を考えるために集まった集会で、村長のそんな一言を聞いたからだ。

「すでに他の村、いや街でやっている地域もあるのでは? にも関わらずあまり噂にもなっていないということは、あまり効果が……」

 村長の次に偉い副村長がすぐに反対意見。
 村長も副村長も60代半ばという同世代ながら、やはり人間。意見は割れるというものだ。まぁ副村長の場合、村の財政に責任があるから変な村興しを強行されたら困るのだろうが。
 ともかく、いいぞ。
 まだ30代にも差し掛からないピチピチの20代の俺ではおいそれと年配層の意見に反対などできんからな。どんな村興しになるにせよ、大体動かされるのは俺たち若年層だ。面倒そうな意見はすべてナシになってもらいたい。

「むぅ……副村長にそういわれてはな。いや。しかし真実の口、という名称でなく他の名称で効果というか効能というか。そういうものが違うなんちゃらの口というのはどうだ?」

「そうだの。確かに別の役割で名前にしてあれば、あるいは……」

「じゃろ? そこの若いの、何か良い案はないか」

 そう。
 年配層の意見になど、反対できないのだ。
 つまり突然白羽の矢が立てられた俺は、何か言わなくてはならない。
 そして俺は。

「……残念な口、というのはいかがでしょうか」

 ほぼ思いつきで、そんなことを口走っていた。

 まさかこれが通るとは思わずに。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:すごい彼氏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:163字
凄い彼氏と雪どんな人といたら幸せだろう雪はそんなことを思いながら今の彼氏とデートしていた雪は悪い女を自覚していた歩きながら次なる彼氏を探していたのだ途中、右側に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:求めていたのは食堂 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:4986字
数か月前まで読んでいた小説の中の主人公は、随分と厭世主義だった。こんな世の中は嫌だ、こんな世界、何かが間違っている、と、そう思いながら過ごしているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月@練習 お題:犯人は川 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:298字
川、と、ダイイングメッセージにはあった。川島?山川?名前に川が入った人間の犯行か……と、調査したものの、めぼしい周辺人物はいなかった。なら、凶器か?被害者の死因 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:興奮した発言 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:848字
ありきたりな日常。こんな日々がずっと続くのだと、そう思っていた。しかし、不変的な日常なんてものは存在しない。あるのはただ、出会いというの名の元に在り続ける小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:激しい暴力 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:477字
「痛い」「体を動かす度に痛い、そして甚振られる」「虐待親め...○ねばいい」あの日々は地獄だった。「だった」と過去形に物事を語れる今の私は素晴らしい。暴力なき生 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:楽観的ないたずら 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:899字
いたずらがいたずらと認識されないのならば、犯罪も犯罪ではない。 とはいえ、死体が転がる街というのはおかしさに溢れてる。見渡すかぎり、死、死、死が転がってる。其 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:大人の計画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:868字
「14歳で不老不死になる」、と決意して、気が付けば42歳になっていた。 若いといえばまだ若い。これからの人生の中では、今が一番若い。 目の前の石の入ったフラスコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:小説家の善 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:85字
小説家の善と村小説家の優しさは人を殺さないことだ殺さず気絶させよう村はそういう小説を書いていた「ナイフで指され気絶」っと村は妙にほっとして窓の外に目を向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひがん お題:臆病な別れ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:437字
「これで、お別れだね」何の気もなく放った僕の言葉に、君ははっとしたように顔を上げた。感情の抜け落ちた、白い顔をしていた。けれど不思議とその顔には言いようのない悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:10の宴 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:493字
小説の書き方なんてものはとっくの昔に忘れてしまった。しかしそんなものを忘れても、小説を書くうえで不都合が起こることは滅多にないから、今日も私は酒を飲む。 かつ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名前も知らないコメディ 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:471字
取り留めもない会話の中からは、本当に面白いギャグが産まれたりする。何時だって変わらぬ調子のそいつらは、いつも目立たないのにキラキラしていて、羨ましいにもほどがあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし時計 必須要素:育毛剤 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:927字
「オレは、歌い手王になる!」 高らかに宣言するムサシ。 何が、とは言わないが、彼は麦わら帽子にノースリーブなシャツの格好だった。 そんなムサシの宣言を隣で聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい川 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:528字
俺の家の近くに、「正しい川」という異名な川がある。なぜ、正しい川という名になったかは、だれもしらない。でも、俺の父はしっている。なぜって「正しい川」と名づけた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ悲しみ 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:478字
僕の部屋には昔からガンダムのプラモが飾ってある。でもときどき腕の角度がちがっていたり誰かが動かした形跡があるのだった。そう、僕の夢なのか思い違いなのかはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の恋愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
「私(わたくし)、諦めませんわよ……」 まあまあまあまあ、と目に涙をためてプルプル怒りに震える友人を宥めながら、なんでこうなるかなあと苦笑いしていた。 彼女の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と欲望の汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:309字
これは、1264年に起きた出来事。村の人たちは王によって強制労働をされていた。やめたくてもやめれない。その日々が続きついに死亡者がでた。村の人々はもうだめだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い傑作 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:319字
私は、小説家。だがまったく売れない小説家。「なにか傑作を考えなければ。」私は鉛筆を走らせる。「これではだめだ」何回も、何回も、鉛筆を走らせては紙を破きとうとう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:831字
さわさわとそよぐ波風。砂浜と波の波長がとても心地よく耳に響き渡る。早春の時期、僕はよく海を見に来る。2月の空はまるで灰色、雪も途絶え花も咲かず、中途半端な季節だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても教室 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1038字
朝一番の通学路。季節は夏、太陽が昇り始める頃の、まだ暑いとは言えないくらいの時間帯。僕は毎朝このくらいの時間に登校する。クラスのみんながだれもまだ来ていないこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タイトル未定 ※未完
作者:匿名さん お題:春の大学 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1705字
いい天使だねぇとヒサチカは言った。「そうか?今にも降りそうな天候じゃないか?」散りかかってる桜を片目に俺は答えた。「えぇ?降りそう?何?何の話?」俺の横でヒサチ 〈続きを読む〉