お題:安い墓 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:806字

最後の願い
その墓にたどり着いた時には、すでに日は暮れかけていた。普段ならこんな時間にとてもいられやしない墓場だが、水葉は感動のあまり打ち震えて泣いた。

墓に掘られた個人の名前も確認した。水内竜也と確かに掘られてある。目で、指でその名を何度もなぞった。墓は苔むし、花の残滓が昔供養した人があったことを知らせている。

「たっちゃん。たっちゃん」

完全に陽が落ちて、夜のとばりが降りても、水葉は墓の前でその名を呼んでいた。

「初めて会った時もこんな風に暑い日だったね」

水葉がこの墓を探し出すために丸3年の月日を要した。

心が通わない夫との生活に疲れ果てていた。左足の腓骨は何度も折られたせいでもはやまっすぐにはならなかった。右の視力もほとんどない。

これだけしておいて、自分を捨てたことに気が狂わんばかりに怒り、夫は自分を殺すつもりで血眼で探しているはず。

水葉が家を出たのは二週間ほど前のこと。その執念と獣のような嗅覚で、いずれ水葉の居場所を嗅ぎつけるだろう。ここに来るまでの間、三度ニアミスしていた。

病気に罹り心身が弱っていたあなたを、あの気狂いは追い立て回し、私の全てを粉々にしてしまった。

ここに来れたのだから、もう何も思い起こすことはない。生前に遂げられなかった想いは告げることができた。苔が頬を撫でる感触は竜也の頬のように思えた。


あの外道は、私とあなたとの子も殺してしまった。泰葉の知らぬ間に腹から抜かれ、まだ週数が満たなかったので、産業廃棄物として捨てられてしまった。

胸には家から持って来て、なまくらの出刃がある。

これで。これで。

あの男には私の身体にも、たっちゃんのお墓にも触らせない。地主だったというたっちゃんの先祖が暮らしたこの地で、私の生は終わる。

全てを覚悟した時、あの男の雪駄の音が聞こえた。

同時に、あたりの墓から一斉に青白い人型のものたちが立ち登った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:安い墓 制限時間:1時間 読者:177 人 文字数:2893字
※「鍵とドア」からお読みください。シリーズものです。※シリーズは随時こちらにまとめていきます→http://ncode.syosetu.com/n1485bt/ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダン お題:安い墓 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:369字
墓場だ整えられた区画に、規則正しく大小様々な墓石が置かれている真新しく手入れをされ花を添えられる墓もあれば、苔の生えた墓も多い死者の為の、しかし死者は知る由もな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:春の小説 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:441字
街一番の桜の木。その根元に一冊のノートが置いてあった。不思議に思い中を確認すると、それは誰かが手書きで書いた物語だった。内容は一人の少女の心情を唯唯書き綴った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:裏切りの彼 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:830字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した小説修行 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:827字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ドイツ式の春雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:644字
「お母さん、今日ドイツ人のマット君が来るから」 息子から突然飛び出した言葉に私は心底びっくりさせられた。急に言われても困る。こちらにも心の準備というものがあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:ダイナミックな息子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字
その日も彼は談話室の端に置かれている一人がけソファの上で窮屈そうに膝を抱え、真剣な眼差しで文庫本を読んでいた。私が彼を認識する時は決まって、談話室のあのソファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:寒い旅行 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:880字
独り寝の寒さが心身とこたえる。元々一人用だったベッドがやたらと広く感じた。目を瞑れば、あの時の思い出が蘇って、全く眠らせてくれない。記憶に一人旅行をさせれば涙を 〈続きを読む〉

うしあたまの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:哀れな動機 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:1215字
もはやそこが学校だということを忘れ、玄葉光一は教室で煙草に火をつけていた。今日一日で、このところずっと痛んでいた肩はさらに硬直の度合いを増したようだった。始まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:安い墓 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:806字
その墓にたどり着いた時には、すでに日は暮れかけていた。普段ならこんな時間にとてもいられやしない墓場だが、水葉は感動のあまり打ち震えて泣いた。墓に掘られた個人の名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:孤独な諦め 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:804字
散々迷った挙句、トリニタリオ種に決めた。トリニダード・トバゴ産である。トリニダード・トバゴ。きっと変換も一発で決まらないであろうこの地名が私の興味を強く惹いた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:傷だらけの極刑 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:983字
時代が変われば、死に値する罪も様変わりする。江戸時代、幕府直轄の銀山で盗みを働いたものは即、首をはねられた。現在は人ひとり殺したぐらいでは死刑にはならない。時代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:苦し紛れの、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1240字
男がハンドルを握るものだという固定観念に縛られるのは、往々にして男であり、そして最もがんじがらめに縛られているのは、孤独な男である。文緒と付き合うようになってか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:昨日の海風 必須要素:BMW 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:967字
意味がわからなかった。ひどくモヤモヤするものを抱えて家を出た。跨ろうとした自転車のサドルに鳩のフンが付着しているのを見て、さらに不快な気分になる。どういうことか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:早すぎたドロドロ 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:901字
信吾はまさか自分がこれほどまでに少女に恋をするとは思っていなかった。高校、大学と多くの人間が恋にのめり込む時期に、彼は勉学にその身を注ぎ込んだ。決して女性に興味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:地獄の海 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:809字
多くの観光客でにぎわう江ノ島の海。浜辺で城の砂を築く子供、友達を抱え上げ海中に投げ落とす高校生、犬を連れ波打ち際を散歩する老人。そんな夏の海が突如地獄の入口へと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:トカゲの殺人 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:834字
その日以来、私の生涯は一匹のトカゲを○すことに捧げられた。トカゲといっても、虫を食む小型で可愛らしいタイプのものではない。動物を狩る、巨大で醜悪な姿をしたコモド 〈続きを読む〉