お題:生きているデマ 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:672字
[削除]

まとめサイトは弱肉強食
最近ようやく羽振りが良くなってきた。
脱サラして始めた「まとめサイト」がようやく軌道にのってきたのだ。
これまで貯金を食いつぶして焦る日々が続いていたが、数か月前からは増加に転じてきた。
稼ぐにはやはりPV数が命だ。小さなトピックでも、誇張して大げさに書いて、炎上させるくらいでちょうどいい。

このあいだは、最近名前の売れ始めた進行まとめサイトをネタにしてやった。
管理人がツイッターで連投していた話題を細切れに紹介して、反感を受けそうな「ウワサ」を加えて記事にしてやったのだ。
新興まとめサイトが伸びてくると、こっちのPV数が減りかねない。
危うい芽は早いうちに摘み取っておくのが肝要だ。
案の定そのサイトは炎上し、管理人は更新意欲を無くしたようにみえる。ざまあみろ。

お、老舗の大手まとめサイトがオレのサイトを取り上げてくれているじゃないか。
オレも有名になったもんだ。
ん?
え!?
オレの発言が捏造されてる!!
そんなこと言ってないぞ!
大手老舗なのに嘘を書くなんてひどいじゃないか!
ああっ!コメント欄が荒れていく!
アクセスが異様に多すぎる!
ページがまともに表示されないじゃないか!
なんてことしてくれるんだ!
オレの生活がメチャクチャになる!
そんな・・・・・・!


彼は知らなかったのだ。
まとめサイト界の暗黙のルールを。
チームで管理しているような大手まとめサイトが新人を入れる時には、新人に新しくまとめサイトを作成させるのだ。
そしてそこを潰しにきた中堅まとめサイトは、親サイトを使って容赦なく潰すというルールを。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:孤独な手 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:487字
たかし、今日はおにぎりよいつでもいいから食べてね母はそういい残すといつものように床に皿を置く今日も部屋から返事はない母は肩を落とし1階へと移動する長島家ではたか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:どこかの食事 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:963字
学生時代、学食とかがない学校で過ごしていたので、学食的な話題が一切なくて、テレビとか漫画とかで学食の会話とか、学食での会話とかしていると、キーってなることが多か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:楽しい銀行 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:558字
旧暦の弥生末頃になると、きまって家の前を花車が通る。色とりどりの花びらときらきらしい宝石に飾られた傘が、ごとごとと揺れながら目の下を通りすぎて行く様子を、2階の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:保湿 お題:死にかけの狼 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:612字
「先生、先生、お昼休み中失礼します」「非常時なので教室までご同行お願いします」「任意ではなく強制です」「出たわね生き物係。ものすごく嫌な予感がするんですけど、ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:@! お題:群馬の軽犯罪 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:480字
私は、ごく普通の会社員だ。独身ではない。妻も子もいる。子供が生まれ落ち着いたころ、妻が私の叔父の実家である群馬に行きたいと突然言い出したので有給をとり家族旅行に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にかけの部屋 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:912字
その日、朝早く目覚めた私は、なんとなしにいつもよりもだいぶ早く学校に早く行くことにした。二時間程度早く発った。いや、意味もなにもない。やりたいことがあったわけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
洗脳解放 ※未完
作者:朝野欠月 お題:ワイルドな祖父 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:770字
「学校に行ってくる」 そうお爺ちゃんは言った。 私はごく普通の女子高生だ。両親も至って普通。それなのにこのお爺ちゃんだ。私の普通の生活も、ここで終わりか。当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:不屈の闇 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:1252字
なあ、君はその、君の読者たちがどれだけ君の作品を待ち焦がれているかという事を考えたことがあるだろうか。正直に言って、僕には無いとは思えないのだけれど、でも君の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:せつないピアニスト 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:263 人 文字数:982字
最近はずっとこの即興小説さんで誰にも望まれない長くてだるい話を書いていた。その間、この即興小説はバトルの参加を主にしていた。それは言ってみれば、バトルをスイッチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:笹菜育巳 お題:頭の中の殺し 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:648字
最近、魔法が使えるようになった。…まだ30じゃないけど。僕は18歳、現役の大学生だ。少し冷え性で、家がボロい館みたいなとこで、暖炉と窓を開けるだけしか空調設備が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名前も知らないコメディ 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:471字
取り留めもない会話の中からは、本当に面白いギャグが産まれたりする。何時だって変わらぬ調子のそいつらは、いつも目立たないのにキラキラしていて、羨ましいにもほどがあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし時計 必須要素:育毛剤 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:927字
「オレは、歌い手王になる!」 高らかに宣言するムサシ。 何が、とは言わないが、彼は麦わら帽子にノースリーブなシャツの格好だった。 そんなムサシの宣言を隣で聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい川 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:528字
俺の家の近くに、「正しい川」という異名な川がある。なぜ、正しい川という名になったかは、だれもしらない。でも、俺の父はしっている。なぜって「正しい川」と名づけた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ悲しみ 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:478字
僕の部屋には昔からガンダムのプラモが飾ってある。でもときどき腕の角度がちがっていたり誰かが動かした形跡があるのだった。そう、僕の夢なのか思い違いなのかはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の恋愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
「私(わたくし)、諦めませんわよ……」 まあまあまあまあ、と目に涙をためてプルプル怒りに震える友人を宥めながら、なんでこうなるかなあと苦笑いしていた。 彼女の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と欲望の汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:309字
これは、1264年に起きた出来事。村の人たちは王によって強制労働をされていた。やめたくてもやめれない。その日々が続きついに死亡者がでた。村の人々はもうだめだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い傑作 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:319字
私は、小説家。だがまったく売れない小説家。「なにか傑作を考えなければ。」私は鉛筆を走らせる。「これではだめだ」何回も、何回も、鉛筆を走らせては紙を破きとうとう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:831字
さわさわとそよぐ波風。砂浜と波の波長がとても心地よく耳に響き渡る。早春の時期、僕はよく海を見に来る。2月の空はまるで灰色、雪も途絶え花も咲かず、中途半端な季節だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても教室 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1038字
朝一番の通学路。季節は夏、太陽が昇り始める頃の、まだ暑いとは言えないくらいの時間帯。僕は毎朝このくらいの時間に登校する。クラスのみんながだれもまだ来ていないこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タイトル未定 ※未完
作者:匿名さん お題:春の大学 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1705字
いい天使だねぇとヒサチカは言った。「そうか?今にも降りそうな天候じゃないか?」散りかかってる桜を片目に俺は答えた。「えぇ?降りそう?何?何の話?」俺の横でヒサチ 〈続きを読む〉