ユーザーアイコン
お題:たった一つの解散 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:507字

魂の椅子はひとつだけ ※未完

 最期まで誰にも気づかれることはなかった。
 ごくごく平凡な会社員として五十歳まで穏やかに生きた男は、急性の病に倒れてからあっという間に生涯を終えた。彼の葬式もごくごく平凡に支障なく執り行われた。妻と娘たちと息子たちが涙を流し、彼を慕う友人や部下たちが集い、死後の安寧を神に祈った。彼の人格が実はひとつではないことを知る者は、とうとうこの世に一人も現れることがなかった。

「ひとは一人で生まれて、一人で死んでいくはずなのに」

 死後に続く廊下を、五人の人影がぱらぱらと歩く。

「一人で死に損ねたねぇ。どうしようかこれ。どうなるのかなぁこれから」

 郷愁の反映か、死後に歩く廊下は、かつて男が通った小学校の渡り廊下にそっくりだった。ニスのうっすらと剥がれた木造の道、さすがに五十をすぎた身体で上履きを履くことはなかったが、革靴で小学校を歩くというのもなかなか妙な心地がした。この頃はまだ自分はひとりで、他の誰もいなかったな、と彼は考えた。その思考はすべて、彼、いや、彼らにもすぐ伝わった。

「かれこれ30年以上はずっと一緒にいたんだな」

 彼が一度仕事で精神を病んだときに生まれた年下の人格はそう言って
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:早瀬六藻 お題:たった一つの解散 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:863字
「文芸部が廃部だなんて……」「そりゃ、僕と部長しかいないからね」 この学校の文芸部は幽霊部員が多かった。実際に活動しているのは、僕と部長しかいない。それがなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:暑い投資 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:881字
「気温と消費には強い相関関係があります」 ノースリーブの同僚は熱く語った。 小学生のような見た目に達観した人生観。人間を侮るような視線に薄い胸板と服装。男からの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:楽観的な栄光 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:490字
隣国との停戦条約が交わされた。初夏より5ヶ月もの間戦場にいた兵たちが故郷へと戻ってきた。兵らは英雄として讃えられ、生還者も死者も勲章を与えられた。戻ってきた兵は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:ロシア式のドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:782字
「蒸留されたアルコールは水よりも融点が低いので、キンキンに冷やしたアルコール度数の高い酒を飲むのが今ロシアで流行っているんですよ」 ロシア出身の女の子に言われた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんこ お題:苦しみのダンス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:484字
生きるためなら、なんだってやってきた。泥水を啜り、ゴミ箱を漁り、道を行き交う人間共に媚びを売って施しを受けたりもした。飯にありつけない日だって何日もあったし、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:空前絶後のプロポーズ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1230字
「インパクトのある方がいいと思うんですよ」 はあ、と村木くんの言い分にわたしはうなずいた。 村木くんは向こう二週間以内にプロポーズするつもりらしい。彼女もその心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美亜@夢百合草 お題:ロシア式の娘 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:541字
木枯らしが顔を刺す夜だった。ロングコートのポケットに手を突っ込んで、マフラーを巻いて、僕は大学からの帰路についていた。丘の上の道からは、色とりどりのイルミネーシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:煙草と天才 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:486字
煙草と天才に因果関係はあるのか?僕が今手にしている新聞によると、「煙草の成分が脳を萎縮させる」と書かれていた。こちらの言説が信頼性の高いものか僕はよく知らないが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:計算ずくめのわずらい 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:622字
人気のない公園で、学校帰りの私と彼女は並んでベンチに座った。公園と呼ばれてはいるけれど、遊具なんて滑り台が一台しかない。唯一あるそれも、手入れが行き届いておら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:少女の魔物 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:493字
少女の心の中には魔物がすんでいた。魔物は少女を何度も傷つけた。少女は魔物が恐ろしくて仕方なかった。少女は誰かに助けて欲しかった。少女は周りの大人達に助けを求めた 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:静かなパイロット 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:723字
この舟は、彼の眼差す方へ進む。 そのように作られたのだと、小さな頃に聴いた。 操縦席は一般開放されている。 周囲を窓でぐるりと覆われた、展望の良い場所だ。操縦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:たった一つの解散 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:507字
最期まで誰にも気づかれることはなかった。 ごくごく平凡な会社員として五十歳まで穏やかに生きた男は、急性の病に倒れてからあっという間に生涯を終えた。彼の葬式もご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:彼女が愛したいたずら 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:507字
私、決めた、もう二度と人間に生まれ変わったりしない。 彼女は晴れやかな笑顔でそう宣言した。入水してから30分後、互いに生き絶えてからのことだった。真冬の夜、薄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:彼の奈落 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:670字
穴があったら入りたい、という願いの成就はなかなか難しい。 この時代、特に都市部では、土という土はアスファルトで塗り固められ、ちらほらと残る植え込みもすでに街路 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:嘘のサーカス 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:269字
実用テストをパスできなかった試作品。 一度もメンテナンスされることなく廃棄された義体。 時代遅れの型番落ちとして倉庫から大量に放出されたアンティークたち。 投 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:僕が愛した湖 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:345字
僕の国では夜のことを風と呼ぶ。 そして逆に、風のことを夜と呼んでいる。 昔はきっとあべこべでなく、夜は夜、風は風だったのだろうけど、誰かが言い出した比喩があま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな妹 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:461字
妹が生まれたとき、お祝いにやってきた妖精たちは、皆それぞれ個性豊かな祝福と呪いを授けていった。我が家は普通の一般家庭だったから、お伽話に語られる王家のお姫様に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:今年の勇者 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:602字
厳選なる籤引きの結果、という前置き付きで、ついに呼び出しが掛かった。 狭苦しい玄関の向こう、日差しを受けたラッパが一瞬輝くのを見ただけで、今年の勇者にはそれが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:勇敢な祖母 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:570字
臆病で何が悪い、というのが祖母の口癖のひとつだった。 善良で、勇敢で、優しくて、利他的であった自慢の夫を、その性格が必然的に導く自己犠牲の精神によって失ってか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな海風 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:864字
明け方、波打ち際で、若い鴎が冷たくなっていた。 もっとも、若い、というのは単なる想像だ。なんとなく、その硬く閉ざされた瞼の感じとか、僅かに開いた嘴の色合いだと 〈続きを読む〉