お題:生かされた誰か 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:500字
[削除]

クレイジーサイコ幼女 ※未完
 墨汁を覗き込んでいるようだった。湿った木の匂い、眼球を緩やかに覆う暗闇。瞼裏に溶け込む奇妙な闇は、しかし心地の良いものであった。
 聴覚と、僅かな触覚や嗅覚によって構成される世界は、酷く不気味なもので、気付いたら意識を失っているような、喪失の世界。木の軋む音と、自身の手が床に触れる感覚のみが己を己足らしめ、それを除く要素は殆ど無いに等しくなっていく。次第に失われた自己は、気力と共に闇にさらわれる。そうして、全てが終わっていくのである。
 樫を打ち鳴らす叫びは諦念の溜息と共に消える。力も精神も奪われ、思考能力が著しく鈍っていく。
 しかし、雨音に現れたその声だけは、消えることが無かった。

 鈴の声。ころがしたような。心地よい声。そうだ、綺麗な──クリスタルのような、声。
 久しく使うことのなかった言葉が溢れる。そういえば、このような言葉もあった。あれを表現する為に、どのような言葉を用いるか。ああ、言葉とは、すばらしいものだったのだ。
 絶望に死を委ねた声に身体を預けた、汚れを知らぬ無垢な声。蕩けるように甘やかでとろりとした少女の声。

 雨音と、少女の足音。優艶な声が笑んだ気がした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:朝の人体 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:903字
……頭が痛い。昨日何したんだっけ。下北の安居酒屋でナオキとしこたま飲んで。……ここどこだっけ。知らない場所だ。知らない天井、知らない壁。すくなくとも俺の住むアパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戸賀瀬羊 お題:楽観的な冬休み 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:861字
高校生の冬休みは短い。それなのに課題は多い。初めに手をつけないと絶対後悔すると分かっているのに冬休み最後の数日まで残してしまった。そんなわけで今、暖房の効いた部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:鋭い儀式 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:951字
二ヶ月に一度、僕らはある儀式をする。それは大事な事だった。夏の間だと頻繁にする。時間が多く設けられる事と夏はターニングポイントだったからだ。僕らのサークルに『本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:ロシア式の唇 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:993字
その女はカフェのテラスで煙草をすっていた。金髪のボブヘア、黒いタートルネック。赤い唇から煙が吐き出される。女は俺に気づくと灰皿に煙草をおいた。「貴方ね」「ああ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水溜り キロ お題:団地妻の栄光 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1224字
BL注意。ここは男同士で妊娠出産子育てができる世界。俺は昨年の3月、7年務めたサラリーマンをやめ、旦那様の家にやってきた。引っ越しで初めてお目にかかった、年季の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:これはペンですか?違うわ、それは螺旋 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1096字
僕の彼女は中国人だ。以前、中国旅行をしたときについたガイドの女の子。北京は寒かったな。体の節々が痛くなった、乾燥してるし。天安門広場は馬鹿でかかった。万里の長城 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の尿 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1526字
空から突然降ってきた液体を、最初雨だれかと思った。しかし雨だれにしてはやけに太いし、妙な匂いもするし、色もついている。よく見ると周囲のあちこちに「ジョロロロ」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:不本意な殺人 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1066字
あー。殺しちゃった。や、不本意だったんだ。○すつもりなんてなかった。だってさ。帰宅したら妻と見知らぬ男がセ○クスしてるんだもん。寝室で。俺はいつも帰宅は遅いしさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:頭の中の病院 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:536字
網膜に白が映った。それは清潔な白であった。しみ一つない白であった。真っ白な部屋の中に僕は居た。周りを見るとカーテンがある。複数のベットもある。病院。その言葉が頭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:頭の中の病院 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1964字
やぁ、また来たね。先生もまたいるんだね。そりゃあ、そうだろ。先生がここにいないと、お医者さんがいなくなっちゃうだろ?まぁ、何でもいいや。今日はどうしたんだい?嫌 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名前も知らないコメディ 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:471字
取り留めもない会話の中からは、本当に面白いギャグが産まれたりする。何時だって変わらぬ調子のそいつらは、いつも目立たないのにキラキラしていて、羨ましいにもほどがあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし時計 必須要素:育毛剤 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:927字
「オレは、歌い手王になる!」 高らかに宣言するムサシ。 何が、とは言わないが、彼は麦わら帽子にノースリーブなシャツの格好だった。 そんなムサシの宣言を隣で聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい川 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:528字
俺の家の近くに、「正しい川」という異名な川がある。なぜ、正しい川という名になったかは、だれもしらない。でも、俺の父はしっている。なぜって「正しい川」と名づけた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ悲しみ 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:478字
僕の部屋には昔からガンダムのプラモが飾ってある。でもときどき腕の角度がちがっていたり誰かが動かした形跡があるのだった。そう、僕の夢なのか思い違いなのかはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の恋愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
「私(わたくし)、諦めませんわよ……」 まあまあまあまあ、と目に涙をためてプルプル怒りに震える友人を宥めながら、なんでこうなるかなあと苦笑いしていた。 彼女の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と欲望の汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:309字
これは、1264年に起きた出来事。村の人たちは王によって強制労働をされていた。やめたくてもやめれない。その日々が続きついに死亡者がでた。村の人々はもうだめだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い傑作 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:319字
私は、小説家。だがまったく売れない小説家。「なにか傑作を考えなければ。」私は鉛筆を走らせる。「これではだめだ」何回も、何回も、鉛筆を走らせては紙を破きとうとう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:831字
さわさわとそよぐ波風。砂浜と波の波長がとても心地よく耳に響き渡る。早春の時期、僕はよく海を見に来る。2月の空はまるで灰色、雪も途絶え花も咲かず、中途半端な季節だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても教室 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1038字
朝一番の通学路。季節は夏、太陽が昇り始める頃の、まだ暑いとは言えないくらいの時間帯。僕は毎朝このくらいの時間に登校する。クラスのみんながだれもまだ来ていないこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タイトル未定 ※未完
作者:匿名さん お題:春の大学 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1705字
いい天使だねぇとヒサチカは言った。「そうか?今にも降りそうな天候じゃないか?」散りかかってる桜を片目に俺は答えた。「えぇ?降りそう?何?何の話?」俺の横でヒサチ 〈続きを読む〉