お題:生かされた誰か 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:500字
[削除]

クレイジーサイコ幼女 ※未完
 墨汁を覗き込んでいるようだった。湿った木の匂い、眼球を緩やかに覆う暗闇。瞼裏に溶け込む奇妙な闇は、しかし心地の良いものであった。
 聴覚と、僅かな触覚や嗅覚によって構成される世界は、酷く不気味なもので、気付いたら意識を失っているような、喪失の世界。木の軋む音と、自身の手が床に触れる感覚のみが己を己足らしめ、それを除く要素は殆ど無いに等しくなっていく。次第に失われた自己は、気力と共に闇にさらわれる。そうして、全てが終わっていくのである。
 樫を打ち鳴らす叫びは諦念の溜息と共に消える。力も精神も奪われ、思考能力が著しく鈍っていく。
 しかし、雨音に現れたその声だけは、消えることが無かった。

 鈴の声。ころがしたような。心地よい声。そうだ、綺麗な──クリスタルのような、声。
 久しく使うことのなかった言葉が溢れる。そういえば、このような言葉もあった。あれを表現する為に、どのような言葉を用いるか。ああ、言葉とは、すばらしいものだったのだ。
 絶望に死を委ねた声に身体を預けた、汚れを知らぬ無垢な声。蕩けるように甘やかでとろりとした少女の声。

 雨音と、少女の足音。優艶な声が笑んだ気がした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さとみ お題:昼間の手 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:675字
ゆうべは彼女のお腹ばかり見ていた。彼女の呼吸にあわせて上下するタオルケット、ぼくの子供がおさまっているすこやかな丸いふくらみ。その日は一日じゅう雨で、降り続い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハト(10%) お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:203字
パチン。ホッチキスで綴じるような音。遅れて耳朶の痛み。流れる血。これで大人になれるんだ、そう思った。左の耳たぶにちょこんとはまった、樹脂のピアスを撫でる。血が滲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1182字
憧れ、という感情は時と場合によっては毒となる。 聞いてくれ。憧れに毒された僕の友人の話を。 彼はとても穏やかで大人しい性格の優しい青年だ。しかし若干卑屈で自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 弐斗一 お題:黒尽くめの正月 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:782字
新年初食事はお節料理の煮昆布だった。その後、黒豆を数個つまみながら、駅伝を眺める。「この人たち寒くないのかな」 外では大晦日からの雪が未だに止まないというのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜汽車 ※未完
作者:はるちか お題:穢された動機 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:606字
夜汽車に揺られる。車内の明るさに比べ、窓の外はたっぷりとした闇に沈み、街の灯りが溺れるように浮かんでいた。目を凝らさなければ窓には常に退屈そうな己の顔がぼんやり 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
清廉の哭声 ※未完
作者:葉月 弐斗一 お題:すごい声 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:783字
およそ船というものには良い思い出がない。 小学生時代に友人たちと競った笹船流しではいつも一番最初に沈没していたし、中学生の頃に修学旅行で乗ったフェリーでは胃液 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:最強の年賀状 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:895字
「お、終わった…‼︎」 年末年始、ただでさえ忙しいこの季節。クリスマスを何となく祝い、年越しそばを食べながら紅白を見て除夜の鐘を聞き、人によっては御来光を眺めた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒベリュウ お題:つらいところてん 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1870字
僕はゴールデンハムスターのデイル。友達は、白うさぎのモルタくん。ついこの間まで秋で、僕達は冬に向けて食べ物を集めていたの。今年で何年目なんだろうか、もうずっと僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:哀れな動機 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1215字
もはやそこが学校だということを忘れ、玄葉光一は教室で煙草に火をつけていた。今日一日で、このところずっと痛んでいた肩はさらに硬直の度合いを増したようだった。始まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:あいつの誤解 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1045字
「ほら、××さん。きちんと謝りなさい。」 自分の口に顔を飲み込まれた先生が言う。 目を飲み込まれた先生が言う。 だから先生には見えてないんだ。今回の事、悪いのは 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の昼下がり 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:736字
――彼の時は、止まっている。失職して数年、彼は何をするでもなく、時を無為に過ごしていた。晴れた空が美しく、日が高く登ったお昼時でも部屋のこもったまま、カーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ゆるふわな靴 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:743字
東京、渋谷。東京でも有数に人が多いその場所は、夕方にもなるとさらにその人口密度を増す。特にハチ公前とも来れば、待ち合わせをする人々でごったがいしている。そんな人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のヒロイン 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:464字
「みんなーっ!ドッジボールやろーっ!」「」 4限の授業を終わりを告げる鐘が鳴った、先生がまだ教材をまとめていて教室を出て行ってないような時によく響く声が教室を揺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:924字
「あちっ!」 あれほど用心深く息を吹いて冷ましたにも関わらず、ビーフストロガノフは私の舌を焼いた。「そんなに熱いとは思わないけど……りっちゃんは猫舌だねえ」 恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:人妻の場所 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:238字
月曜の昼下がり。家事育児がひと段落した専業主婦の自由時間が始まる。3歳の息子は近くの祖母に預けて、お洒落すぎない服に着替えてメイクはナチュラル。旦那には見せない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢いむきだし 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:235字
形の良い薄い唇が弧を描く。うっすらと薄められた両目は情欲に濡れていた。陳腐な例えだけれど、彼の揺れる瞳はわたしの胸を遠火で焦がす炎のようで、ほのかに暖かい指先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いユートピア 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:614字
血はもちろん僕のいた取調室の前で途切れているわけだが、この警察署は全部屋が中庭に面する構造になっているため小鉄もこの警察署の中にいることは間違いない。 電気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪が降る ※未完
作者:匿名さん お題:夜の兄 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:397字
隙間風に目が覚めた。机の脇の窓がカタカタと音を立てている。外はすっかり暗くなっていて、部屋の中も目を凝らさねば何も見えない。うるさい窓を止めようと、のそのそ歩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の昼食 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1179字
我輩は猫である。僕は、その言葉が好きだった。緑の溢れる大学の中庭で僕は、この本を読んでいた。「猫かぁ……いいなぁ。猫」小波感溢れる事を呟きながら、僕は空を仰ぐ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
学校裏サイト ※未完
作者:匿名さん お題:子供のサイト 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1088字
最近子供たちの間である噂が広まっているという。短順に言ってしまえば、子供の噂程度にしか騒がれない、大人たちにとってはさして気になることでもない噂の一つに過ぎなか 〈続きを読む〉