お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:886字
[削除]

しんぽさん

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師(前職:何でも屋)が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。
授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」

生徒は一瞬凍りついた。教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
でも、たぶん「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし
「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか
「なぜか「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
突然般若のような顔になりその爆笑をかき消すかのような大声で「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「まずお前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのをやめてください」と思っていたと思う。
その後、慰めようとしたのだろう、先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

新保さんも笑った
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:847字
自転車で走る都内は、コンクリートで出来たジャングルだ。 人や自動車の間をぶつからない様に、細心の注意を払って縫うように進んでいく。樹齢千年を超える大樹のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1063字
「わたしは何でも屋です。どんな道でも走るって意味ですけど」 そう言って現れたのは、セミロングの髪をした小柄な女性だった。「これを見てください。わたしはこの国のど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なつめ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:425字
最近は、何でも商売にしてしまうのね。まだ、来ない友人をぼんやりと待ちながら、目の前の男を訝しげに眺める。待ち合わせ場所を変えれば良かった。男は、ナンパとも勧誘と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:暑い投資 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:881字
「気温と消費には強い相関関係があります」 ノースリーブの同僚は熱く語った。 小学生のような見た目に達観した人生観。人間を侮るような視線に薄い胸板と服装。男からの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:楽観的な栄光 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:490字
隣国との停戦条約が交わされた。初夏より5ヶ月もの間戦場にいた兵たちが故郷へと戻ってきた。兵らは英雄として讃えられ、生還者も死者も勲章を与えられた。戻ってきた兵は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:ロシア式のドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:782字
「蒸留されたアルコールは水よりも融点が低いので、キンキンに冷やしたアルコール度数の高い酒を飲むのが今ロシアで流行っているんですよ」 ロシア出身の女の子に言われた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんこ お題:苦しみのダンス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:484字
生きるためなら、なんだってやってきた。泥水を啜り、ゴミ箱を漁り、道を行き交う人間共に媚びを売って施しを受けたりもした。飯にありつけない日だって何日もあったし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:空前絶後のプロポーズ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1230字
「インパクトのある方がいいと思うんですよ」 はあ、と村木くんの言い分にわたしはうなずいた。 村木くんは向こう二週間以内にプロポーズするつもりらしい。彼女もその心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美亜@夢百合草 お題:ロシア式の娘 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:541字
木枯らしが顔を刺す夜だった。ロングコートのポケットに手を突っ込んで、マフラーを巻いて、僕は大学からの帰路についていた。丘の上の道からは、色とりどりのイルミネーシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:煙草と天才 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:486字
煙草と天才に因果関係はあるのか?僕が今手にしている新聞によると、「煙草の成分が脳を萎縮させる」と書かれていた。こちらの言説が信頼性の高いものか僕はよく知らないが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の昼下がり 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:736字
――彼の時は、止まっている。失職して数年、彼は何をするでもなく、時を無為に過ごしていた。晴れた空が美しく、日が高く登ったお昼時でも部屋のこもったまま、カーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ゆるふわな靴 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:743字
東京、渋谷。東京でも有数に人が多いその場所は、夕方にもなるとさらにその人口密度を増す。特にハチ公前とも来れば、待ち合わせをする人々でごったがいしている。そんな人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のヒロイン 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:464字
「みんなーっ!ドッジボールやろーっ!」「」 4限の授業を終わりを告げる鐘が鳴った、先生がまだ教材をまとめていて教室を出て行ってないような時によく響く声が教室を揺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:924字
「あちっ!」 あれほど用心深く息を吹いて冷ましたにも関わらず、ビーフストロガノフは私の舌を焼いた。「そんなに熱いとは思わないけど……りっちゃんは猫舌だねえ」 恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:人妻の場所 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:238字
月曜の昼下がり。家事育児がひと段落した専業主婦の自由時間が始まる。3歳の息子は近くの祖母に預けて、お洒落すぎない服に着替えてメイクはナチュラル。旦那には見せない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢いむきだし 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:235字
形の良い薄い唇が弧を描く。うっすらと薄められた両目は情欲に濡れていた。陳腐な例えだけれど、彼の揺れる瞳はわたしの胸を遠火で焦がす炎のようで、ほのかに暖かい指先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いユートピア 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:614字
血はもちろん僕のいた取調室の前で途切れているわけだが、この警察署は全部屋が中庭に面する構造になっているため小鉄もこの警察署の中にいることは間違いない。 電気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪が降る ※未完
作者:匿名さん お題:夜の兄 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:397字
隙間風に目が覚めた。机の脇の窓がカタカタと音を立てている。外はすっかり暗くなっていて、部屋の中も目を凝らさねば何も見えない。うるさい窓を止めようと、のそのそ歩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の昼食 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1179字
我輩は猫である。僕は、その言葉が好きだった。緑の溢れる大学の中庭で僕は、この本を読んでいた。「猫かぁ……いいなぁ。猫」小波感溢れる事を呟きながら、僕は空を仰ぐ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
学校裏サイト ※未完
作者:匿名さん お題:子供のサイト 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1088字
最近子供たちの間である噂が広まっているという。短順に言ってしまえば、子供の噂程度にしか騒がれない、大人たちにとってはさして気になることでもない噂の一つに過ぎなか 〈続きを読む〉