お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:886字
[削除]

しんぽさん

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師(前職:何でも屋)が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。
授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」

生徒は一瞬凍りついた。教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
でも、たぶん「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし
「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか
「なぜか「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
突然般若のような顔になりその爆笑をかき消すかのような大声で「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「まずお前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのをやめてください」と思っていたと思う。
その後、慰めようとしたのだろう、先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

新保さんも笑った
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:847字
自転車で走る都内は、コンクリートで出来たジャングルだ。 人や自動車の間をぶつからない様に、細心の注意を払って縫うように進んでいく。樹齢千年を超える大樹のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1063字
「わたしは何でも屋です。どんな道でも走るって意味ですけど」 そう言って現れたのは、セミロングの髪をした小柄な女性だった。「これを見てください。わたしはこの国のど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なつめ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:425字
最近は、何でも商売にしてしまうのね。まだ、来ない友人をぼんやりと待ちながら、目の前の男を訝しげに眺める。待ち合わせ場所を変えれば良かった。男は、ナンパとも勧誘と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:素晴らしい川 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
登場人物はノンフィクションですが、話はフィクションです。名前は変えてます。~~~~~~~~~~~~~~~それは私が12歳で、恵莉が10歳の時。恵莉「麻実ちゃん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:疲れた汁 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1251字
「あの都知事の影響力も落ちてしまったな。あれだけ風が吹いてたっていうのに」 俺は何気なくそうつぶやいたのだが、食堂で向かいに座っていた中本は「しっ!」と怖い顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の夜風 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:130字
釣り上げられて一年、私は凍結状態を解かれ、寿司に生まれ変わった。なぜ一年も凍結されていたのかは店の者にしか分からないだろう。私は売れなかった。そして捨てられた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉