お題:灰色の探偵 必須要素: 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:495字
[削除]

灰色の探偵 ※未完
足の筋が痛んだ。伸びもしないスーツで動き回ったからだ。こんな使い方では長くは持たないな、と思いながら膝をさする。わずかに生地が薄くなっていた。
高く飛び上がり右脚を旋回する。そのまま左腕でバランスを取り、屈み、床に沿うようにして相手の脚を払う。灰色はもっぱら足技派だった。細く体力のない自分でも、瞬発力とテクニックで勝率が上がる。安物のスーツが伸びきってしまうのが難点だったが。
先日の右往左往は完全に慢心によるものだった。下っ端の躾の荒さから大したことはないと踏んだのだ。ただそれは人員増強にあたる教育不足だったようで、頭でっかちに政治を進める大組織の末端だった。やめてしまえばいいのにそんなの。
おかげさまで舐めていたよりも大幅に手間を割いて処理することになった。
湿気くさい地下通路をうろうろしていると足に何か当たった。カタンと音を立ててぬめる廊下を滑る。
刀だった。
ところどころ錆つき傷ついている。刀だと認識できたことが不思議なくらいだった。ただわずかに漏れる鈍色と光が刃物の禍々しさを演出している。
美しくはないが、悪くない。売り払えば一銭にはなるだろうと思った。
拾い上げる。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
まっしろな ※未完
作者:☁️みのる☁️ お題:灰色の探偵 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:1019字
近道をするために入った路地に灰色の猫がいた。昼だというのに光もさし込まない路地にふわふわの毛ををした灰色の猫が眠っていたのだ。路地のつまれた荷物の上なのにあまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白いハエ お題:灰色の探偵 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:2282字
むちゃくちゃに頭がいいということは、周りの人にとっては良いことなのかもしれないけれども、本人取っては全く良いことではない。ひとが1の時間をかけてやるものを、コ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:危ないアルパカ 必須要素: 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:702字
銀次は刀を持って逃亡していた。容疑は傷害罪。だが、最終的には殺人罪で起訴されることになる。もし、裁判を受ければ良くて無期懲役、悪ければ死刑になる。その事がわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:きちんとした大学 必須要素: 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:510字
日本の大学生は勉強しない。現代ではよくそう言われているが、ある大学、仮にA大学とするは違った。受けなければならない講義も課題も普通の大学より遙かに多かった。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今日のゲストはクリスマス 必須要素: 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1034字
「鬱だわ・・・」クリスマスさんはそういうと、深いため息をつきました。いったいどうしたというのでしょう?「クリスマスさんがこの時期そんなに沈痛な面持ちではいかんの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:どす黒い英霊 必須要素: 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:938字
母が雑誌を片手にやってきて、「これ見てこれ」という。なんだ?どうした憑りつかれたのか?と若干、不安になって見てみると、この地区最大級の古物屋という記事で、写真が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:あきれた許し 必須要素: 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:579字
(#8) 首筋に青白く煌めく切っ先。 微動だにできぬ緊張感が若い侍にのしかかっていた。 視線を移動させるだけでも殺られる――自分が死線の淵にあることを認識してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:純白のサーブ 必須要素: 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1133字
サーブとか出てきて、うっ、ってなって止まった。サーブって何だろうってなって煙草とかに手が伸びそうになったが、すんでのところでその手も止めた。危ない危ない。サーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:僕とアルパカ 必須要素: 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:763字
アルパカと出会ったのは太陽がとても近いある夏のことだった。僕は川辺で小便をしていた。すると川の水と混ざった小便が急に意思を持ち出して、ひとつの液体の塊になった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:謎の儀式 必須要素: 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1101字
ご公儀の命は絶対。そうやって老若男女問わず、謀反の疑いありとみなされた民草を捕らえ、切って捨て、そうやって一所懸命に努めてきた。とはいえ、このような場合はどう 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の湖 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の湖 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:502字
私の見たかった湖はここにある。あの人はそう言って、私の目を覗き込むと満足そうに微笑んで、この世を去った。おいで、いずみ。今日は絵本を読もうか。果てのない旅に出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の夜 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:857字
夏になると思い出す。特にこんなにも蒸し暑い夜になると尚更。数年前の出来事だというのに、今もなお記憶の中で鮮やかに咲き続けて、忘れることができない。私の部活には有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乾ガラス ※未完
作者:匿名さん お題:早い妄想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:299字
四畳半のこの部屋は、どこかの熱帯雨林の様に湿り気を帯びていた。実際に熱帯雨林に行ったことがあるわけではないが、そう感じた。 こんな日は、酷く諧謔的になる。 カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅抜け毛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
妻が「もう耐えられない」出て行ってしまった。もうすぐ銀婚式で、お祝い用に高級レストランだって予約したのに。 彼女が一体何に「もう耐えられない」と言ったのか、な 〈続きを読む〉